芦別物語

山の手町18班A1992

山の手18班A 1992.06  by tama 解体直前の山の手の住宅

写真1)花と雑草に埋もれ、木の塗料からもれる臭いに満ちている。 それは遠い日の懐かしい香り。1993年に解体

写真2)山の手駅から歩いてすぐ、理容押切(1964当時は橋本理容室)に向かう途中にある。 16~18班は桂沢からの小川に向かって地形が下がる。 もう廃屋だが、想い出はこの建物と共にある。
撮影方向 撮影提供:tama

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付