芦別物語

白樺町7班の冬景色1965

■白樺町7班の冬景色1965年(S40年)頃 by suzu103氏撮影提供

1)恐らく白樺町7班から西側の山の手町側を見た写真。

2)白樺町7班のすずさんの自宅の西側勝手口前と推測。

3)2と同じくすずさんにとって懐かしい懐かしい我が家の夜景。
家の明かりが白い雪に映える。それは厳しい北国の冬ならではの吸い込まれる生命の灯。

4)白樺町のすずさん自宅前の雪道。足で踏み固めた細いしばれる帰り道。
すずさんの弟?がスキーから帰ってくる。

5)白樺町7班と8班の間の細い道。2戸で1戸。
この大きな住宅は子供のころの憧れだった。広いだけじゃない、なんせクラブのローンが近い!
このページ5枚全て撮影提供suzu103氏 子供時代のご本人自らがご自宅付近を撮影。

全5枚すべてAiによる着色済み。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付