芦別物語

倶楽部と芸能人

山の手>■wanibuchi晴子と三井芦別倶楽部 1954年頃 by tama

当時、父は厚生課にいた。娯楽文芸の担当もしていたそうな。 そこで当時話題となっていたバイオリニストwanibuchi賢舟と 天才と騒がれていた娘の晴子も含めた一家4人を三井芦別に招待し、一坑会館で演奏会を催した。 上の写真は宿泊していたクラブのローンで、近所の子供たちと一緒に撮影。妹の明子も一緒。 左の写真はやはり倶楽部の玄関前。この翌年に映画に出て大ブレイクとなる。 以上父が大事にしている古いアルバムから。

右:1955年(S30)に公開されて人気を呼んだ映画。(東宝映画DVDジャケットより)
撮影:tama父,提供:tama

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付