芦別物語

山の手職住俯瞰

■山の手職員住宅の俯瞰 1956(S31)頃 by tama

山の手職員住宅、山の手アパートのある山側から撮る。 (撮影1956年頃)
左側6棟の白い建物は職員アパート。その手前に小川があり冠水したことも。 奥の国道に面して床屋さんがあった。左手前、人が歩いている辺りが山の手駅の出来た場所?遠く(写真奥)に見えるのは上芦別。写真正面の山は「上金剛山」その左手は、 ズリ山(ばた山)その下に広がっている住宅は、旧三菱炭鉱の炭住街。 写真中央上に見える煙突は、常磐木材。(青字、じゃがいも氏補足)

撮影提供:tama

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付