芦別物語

山の手町住宅2

■山の手町の住宅 丁型平面図 1945年建設、1978年当時


山の手町の丁型住宅は物凄くタイプが多い。 18種類もあるが、多くは階段、水廻りの配置が少しずつ異なるだけだ。 この2つは屋根がかまぼこ多角形型で他の切妻型とは大きく異なる。 tamaの親友が住んでいた家でもある。
図面作成 tama 資料提供岩粉撒き氏   禁無断転載

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付