芦別物語

建築猫tamaの独り言

■建築猫tamaの独り言

クリスマス

巷ではクリスマスソングが流れている。 相変わらず山下達郎がトップ、でも私の中ではこの曲、 浜田省吾の「ミッドナイトフライト・ひとりぼっちのクリスマスイブ」なのだ。 新婚間もない頃、伊豆今井浜のホテルに泊まり二人で真っ暗な…

コメントなし

どうして二人は友達になったのだろう2

図面と格闘していると携帯電話が鳴る。 2週間前に葬儀を行った友の名がディスプレイに光る。 一瞬固まるが姉さんの番号も彼の名前に入れておいたのを思い出す。花を届けた事のお礼だったけれど、それをきっかけにまた流れ出した。 深…

コメントなし

どうして二人は友達になったのだろう

私には友人が少ない、ほぼいない。 それでも中学時代からずっと続く友人がいる、ヤマヒョウだ。親友だった。 今では過去形になった。 何度も入退院を繰り返し、やきもきしていた。ここのところ小康状態でしばらく心配せずに済むと油断…

コメントなし

窪田登先生のこと

ネットを見ていて窪田先生の訃報を知った。もう1年も前らしい。 特別に親しいわけでもない、けれど人生の分岐点で会うことのできた印象的な人だった。 1972年、私は早稲田大学の新入生だった。1年生だから専門外の体育やその講義…

コメントなし

思うように作れない

ワードプレスで年表を作成した。 HPビルダーで作成したHTMLを貼り付けて修正すればそれでOK,と軽く考えていた。 全然そうではなかった。レスポンシブデザインになってくれない。表を挿入して、設定を変え表の幅を無しにした。…

コメントなし

高機能wordpressとの闘い

今回で長かったwordpress設定の旅も終了しました。土日の2日間で20件のテーマを試し全てボツ、最後に残ったのが今まで使っていたテーマ、ポートフォリオの企業会社版、使い方は同じででっかいスライドショーがトップについて…

コメントなし

ようやく居場所が

芦別物語の大軍団の前に入る隙間もなくなった建築猫のブログ、トップページは恥ずかしい、何とか見えないところで公開で更新したいと思って探し続けたら見つかりました。 wordpressのカスタム投稿ページを設定して使えばいいん…

コメントなし

眩暈、黄泉の国から

めまいがする。片側の耳が耳鳴りがする。低く頭の中で液体が震えるような音だ。正月休みと明けに2回立っていられなくなった。紅茶を入れて飲もうとしたら世界が回った。そのまま這うように隣の寝室に転げ込む。こうして私の年が明けた。過度のストレスと働きすぎで焼ききれたのだ。大きな病院に予約する、10日以上先だ。待ってられないので信用度の低い近所の耳鼻科に行く。突発性難聴って聞いた事あります?診察した耳鼻科の女医。原因を聞こうともせずに結果だけ見て物を言う。これは難病ですね。治らないかも、ステロイド治療になるかも…

コメントなし

ザ・プリンス箱根、恨み節

12月24日クリスマスイブの日に、母と姉を連れて箱根に行く。2度目のプリンス箱根。村野さんに会いに来たという感じ。元々は今年の私の誕生会をどこでしようかと話していたとき、ふいに箱根に行きたくなった、ならば誕生日が殆ど同じ母を連れて、今までの母の旅行は全部お任せだった姉の慰労を含めて、行こう!と言う事に成った。50日くらい前の早割り特典を使い、4人で富士山ビューと芦ノ湖ビューの一番良い部屋を隣り合って2部屋予約できた。こんなこともう2度とないかもしれない。疲れた体はぴくりとも笑おうとしない。何をモチベ…

コメントなし

夢、洪水

夢、洪水の夢を見る、最近多い。何処かのひなびた旅館にいる、大雨が降り多くの人が避難してくる。1階が水に埋まり上階へ人々は逃げ始める、屋上からは濁った泡のような水が道路から上ってくる、もう車も通れない、おまけに私を追ってくるものが居る、夕闇が迫り光が鈍い橙色に輝く、いそがなげれば逃げ場を失う。奥さまが山道の途中にゴムボートがあったという、私はかつて自分が空を飛べたことを思い出す。夕闇の崖に向かって渦巻く黒い川を下に思いきって飛び出す、ふわっと体が浮いたと思ったら凄いスピードで宙に飛び出した。ぐんぐん加…

コメントなし

ミッドナイトロード

夢、深夜にバスを降りる、仕事帰りのカバンをぶら下げて真っ暗な農道に降り立つ。月明かりしかなくすすきがぼうっと浮かんでみえる。誰も歩いていない、家の明かりもない、仕方なくとぼとぼと重い鞄を持ったまま歩き続ける。ようやく見えてきたマンションの明かり、バルコニーからは客たちと家族の楽しげな会話が夜の道に光のように落ちてくる。ああ何やってるんだろう私は。道の先を見ても我が家は遠い。−ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー真っ暗闇を進む夢はぞくぞくする、若い頃から数多く見ている、困難と孤独、…

コメントなし

ホテルマウントフジ

11月の3連休は富士山へと向かう。奥様が11月3日は雨が降ったことがない、とのたまうのでその日に決めた。ヨーシ信じましょう。2ヶ月も前に予約をいれる、富士山が窓から見える部屋はホテルマウントフジではごくわずかしかない。争奪戦なのだ。キャンセルはできても変更すべき部屋はない。かくしてハラハラしながらこの日を迎えた。結果は先週までの台風と雨に祟られた荒天とはうって変わった晴天、どこまでも透き通る富士の空気に触れられた。先週まで頭に僅かに残っていた白い雪は台風が根こそぎ吹き飛ばしてしまった、と地元の人に伺…

コメントなし

夢)少年の瞳に写る私

じっとこちらを見てる、瞬きもしない強い力だ。暗いテーブルの向こうから少年は目をそらさない。言い訳のように私は口ごもる、諦めたくは無かった途中で投げ出すなんて自分でも予想できなかった。目をそらさずに彼が言う、あなたは最期までやり遂げると思ってました。あの日東京に出てきたときから。そんなに責めないでくれ、そう言いそうになった。少年は憧れの日の私、希望と熱意に溺れていた頃の私、少年はある日決意して田舎から出てきた。狭く暗い自分のからに閉じ籠るのをやめ頼まれた偉大な仕事を成すべく砂ぼこり舞う乾いた道を駅に向…

コメントなし

あれから10年

2008年8月、不動産バブルがはじけ経済はリーマンショックで寸断され、未回収金が山となり、起こした裁判が終わり、失意の中新しい分野を開拓した。あれから10年目の秋が来た。切ない金木犀の香りと共に。2020年に向かって建築業界は気がふれた様に突っ走っている。少しは恩恵が合ったのだろうか。先月も過去最高を更新した。疲れた、飽きた、こんなこと絶対に今まで無かったけど、もう沢山とまで思った。体力が落ち、回復に時間がかかる。夜も更けてさあ終わった帰ろうと思って明日のスケジュール表をWEBで確認する。今日中にや…

コメントなし

見守りカメラ

それは手のひらに乗るほど小さかった。母のみまもり介護用に購入したウェブカメラ。右がいつも私が使ってる小さめの茶碗。左がウェブカメラ、こんなに小さくても遠く離れた場所でスマホ管理できる、PCでは動きが遅いけど。母は6年前に父が亡くなってから一人暮らしを続け認知症が強くなってきた。先日も亡くなった三笠宮崇仁親王の新聞記事が壁に飾ってあったので聞くと島津さんと葬儀に出席したという。あれれ。そこで兄弟で相談し見守り体制を敷くことにした。24時間緊急通報システムの導入、これは市から補助が出てアルソックが飛んで…

コメントなし

旅は魂の道連れ

49日も終わらない内に旅行に行く。良いのだ義父自身がそうしてきてるから何ら問題なし。毎年旅行先で奥様の誕生祝いをしてきた。今年は喪失感で気乗りしない奥様に代わりドンドン企画を進める。シーズン中は1か月前でないと予約は取れないからね。義父の喜びそうな場所、もし生きていたら今年は一緒に行こうと誘ったであろう場所をチョイス。決まったのは妙高高原の赤倉観光ホテル。何でも雲海が見られる場所だそう。でも現地に着いてからバスの運転手に聞いたら6、7月に数日だけ出現するそうな。それでもいい、仕事に終われノルマに尻を…

コメントなし

いざなう声

ここのところずっと慌しかった。義理の父親が亡くなった。私はこの人が好きだった。2年前に先に逝った義母のことも勿論大好きだった。自分の親よりも妻の両親が好きだった。人として素の自分を語りお互いを認め合う、そんな当たり前とも言えることが八王子の妻の実家では出来た。心が休んだ。疲れた体と心を少しずつ開放できた。どう、最近?。その一言で救われた。その義父が亡くなった。義父が入院したての頃見舞いに八王子に泊り込みで行き、義母の位牌の前で手を合わせる。途端には義母が飛び出してきて義父を呼んでいる。「あんた、こっ…

コメントなし

微熱が続く

以前は疲労から微熱が続いていた、今のは昼間は元気で夜寝る前になると体温が上がる、まるで壊れたからだの組織を修復するかのように。今日ジムから帰ってきてフト思った、筋肉組織が壊れるんだっけ、それの修復だと。今までは家でせいぜい週に1回、ダンベル運動を8セットもやらずに疲れてひっくり返る。重量は40キロ程度だ。でもダンベル運動は有酸素の運動ではないので持久力がつかない、ここのところ仕事でもひどく疲れやすく集中力が落ちている、ヤバイまずいよ、我々の仕事は正確さとスピード、間違えたら2度と仕事は来ない、ここの…

コメントなし

老人ホームへシャワーに

この文句が定着しそうなわが家。近くのジムに汗をかきにいくのだが、こんな表現になりそう。ジムといえばセレブの集い、のイメージがあった。トレーニング中の矢沢永吉に近づいてきた小林武が何気なくこんどのAPコンサート一緒にどうですと誘う、そんな光景すらちらつく。期待感がいやが上にも高まる。ところが25年ぶりのジムはそんな淡い期待を吹っ飛ばしてくれた。まさに老人ホーム、年寄りのリハビリ天国。綺麗な女の子の筋肉質の胸から滴る汗、真っ白な歯を見せて駆け寄る爽やかなトレーナー、彼らはどこにもいない。ここは看護士養成…

コメントなし

5月の風は消えたけど

5月も2週間が過ぎてよりゆっくりと過ごせると思ったのは幻か。僅か2日間で今月のスケジュールは埋め尽くされ繁忙の只中に突入。また1年が始まる。仕事漬けの日々、仕事がなく不安と焦燥に焼き尽くされていたあの頃は遠い過去。今は上野公園の美しさと流れの中に身をおいている。所属する学会の会員規定に過剰な営業を戒める文章がある。武士は食わねど高楊枝、である。私は少しでも時間が空くとダイレクトメールを作り、さっさと送る。見知らぬ誰かの琴線に触れるように。今回もそれをやった。お陰で本物の楊枝をくわえ続けている。古い古…

コメントなし

GW10連休 下田へ

GWもまだ5日も残っている。4月に入ってから予定通りに暇になった。生涯消えないのではと思えた疲労感が少しずつ嘘のように消えて行った。眼科で貰った2種類の点眼液をいくら垂らしても止まらなくなってしまった瞼の痙攣も波が引くように収まってきた。5月の光に包まれている。幸福感に包まれて眠っている。こんなこともう経験できないと思っていた。疲れ果てた心と体のまま一生を終えるのだと覚悟していた。でも癒しの時はやって来た。GW初日は久々の伊豆下田へ行く。ホテルは下田プリンス。10年以上前に近くの伊豆急に泊まった時に…

コメントなし

夢)2人いる

夢、事務所にいる、何時もは薄暗い吹き抜けが妙に明るく夕陽が差し込んで光っている。何かあるんだろうか、もう帰るからいいや。そう思いながらキッチンに入ると男がボーッと立っている。頭の薄くなった中年ふとりの丸顔の男だ。何だどうやって入った?玄関の鍵を見るとちゃんと閉まってる。男はなにも言わずにただ立ってるだけ、訳が分からないこっちに来いと言って事務室の方に連れ出す。するとそこにも男が立っている。少し背の高い長細い顔をした中年の男だ。風采が上がらない。何なんだ君達は、すると男は黙ってスケッチブックを差し出し…

コメントなし

水戸の梅

今年の楽しみのひとつが消えた。仕方なかー、倍率が高すぎる、平日だから皆腰が引けるかと思ってたら、省吾ファンはそんなに柔ではない、当たりもしないチケットのために3か月前から有休を取ってスタンばる。その熱意の川が見えるようだ。かくして私は流れ去った。1回の落選でも1年以上待つのだ。次回は一体何時なのだろう?浮いた予算で二人で旅行に行こう。ココロイヤス旅へ。先先週は疲れた体に鞭打って水戸まで行った。丁度梅が見頃、偕楽園は人だかり梅だかり。でも奥様の狙いはそこではない、県立美術館の東山魁偉だ。唐招提寺の障壁…

コメントなし

春よ来い

今年に入ってから毎週末、膨大な芦別物語を編集している。若気の至りで作成したHPビルダーのどこでも配置モードを標準モードに変換しているのだ。勿論自動変換モードなぞ存在せず、1枚、1ページ、1つの記事文章ごとにばらばらにし、再度組み立てるという気の遠くなる作業だ。毎回100ページずつ変換していく。ぶっ通しで4時間前後でいければいい方。これをやっておくと例えばスマホページへの変換もスムーズにいく。今更やる気は無いけれど。画像が小さくなりすぎて緻密さが欠けるから。数年おきにこうした大転換が必要となる。ホーム…

コメントなし

浜田省吾アゲイン

今年はまさかの年2回、過去25年間でメジャーコンサート参加ゼロの我々がついに行ってしもうた。埼玉スーパーアリーナ、ドアツードアで丁度1時間、楽だ。前回の長野泊まり込みとは大違い。猛烈な雨に叩かれる心配も帰る時間を気にすることもない、唯一の心配はでかすぎて米粒の省吾となる恐れのみ。しっかり双眼鏡も眼鏡かけたままで見られるやつを準備。このまま消化不良で良いわけがない。行くぜ省吾、と相成りました。後から申し込んだので4階の絶壁席、しかもステージ直角これが良いのだアリーナのように跳び跳ねる必要もない、頭の後…

コメントなし

今日も遅刻だ

今週3回目の遅刻、普段でも10時前に着くことはない、それが1時間の遅刻!疲れてるときはもう無理しない、電話も殆どないし人も訪ねては来ない。全てがメールで始まりメールで終わる。15年前に東京に進出したときに誰が想像できたろう。…

コメントなし

故郷芦別の詩

現実の色が薄れ、日々の消え去る速度に戸惑う頃、浅いまどろみのなかで魂が北へと旅たつ夢を見る深い渓谷の轟きから離れ草原を蛍のように照らす。僅かな灯火のなか探すのは消えた古い思い出の家。…

コメントなし

青春の村野藤吾

遥かなる昔、まだ我々が青春と呼んだ時代があった。大学の同級生と箱根芦ノ湖に行った。そこには目指すべき建築、村野藤吾のホテルが湖畔に佇んでいた。恐る恐る近寄る、プリンス系でも一際グレードが高い。とても貧乏学生にはホールに入ってお茶を飲むなんて出来ない。湖の波打ち際で戯れるのが関の山だった。その小さな小波を見ながら一つ誓った。建築家になったらここに戻ってくる、必ず。あれから40年という時を経て遠い記憶が甦り今年の秋に箱根に行った。ザプリンス箱根芦ノ湖という名称になっていた。何度もリニューアル繰り返した部…

コメントなし

18ヶ月ぶりの。。。

風邪をひいた。平日の金曜日に休みを取り医者に行く。沢山の薬を手に喜んで帰宅。1年半ぶりくらいのこと。毎日が複数の締め切りに追われ、追われ、心の緊張が取れずにいた。ようやく、ようやく休んでいいよと建築の神様が言った。終末に体を鍛えることもせず、布団の上で干された大根のように伸びる。日々の緊張でこちこちの体が、ようやく3日目くらいで伸びきってくれた。いくら旅行に行っても心は晴れず。ついでに天気も晴れず。今年は散々な結果。8月の末に奥様の誕生日祝いに裏磐梯に行った。天候は不順で画像も暗い。心も重い。雨模様…

コメントなし

浜田省吾行って来た

9月18日、当日は雨、それも開演時間間際はどしゃぶり。長野駅からビッグハットまで、シャトルバスも出てたけど駅の反対側からタクシーで行く。目の前には中年のハマショーファンの二人が待っている、初見らしかったけど仲良く1台の車に同乗して行った。しばらく待ってからようやく来た車に乗る、雨が強くなり窓はシャワーのように流れる雨で見えない。この中で並ぶんかい。ワイパーも歪む程の雨・・という忘れていた歌詞が頭の中で甦る。席は6mある中央通路の最前列。前で踊れそうなくらい空間があった。1曲めから総立ちとは知りません…

コメントなし

浜田省吾

浜田省吾のツアー初当選する。横浜アリーナと長野ビッグハット、2日ずつ合計4件に応募し、長野1日のみ当たり!昨晩WEBで探した宿は長野駅前も軽井沢まで全て満室、9月18日は丁度3連休の真ん中、早い人はきっと当選が決る前に宿の予約取ってるのだろうね。こちとらその辺は素人。翌日仕切り直し、ようやく10日前にオープンしたばかりのホテルのツインを予約。新しすぎて旅行会社の宿泊システムがついて行かなかったのかも・・。直接電話作戦で3本目でゲット。何だか拍子抜け。昨年のホールコンサートは人数も少なくファンクラブで…

コメントなし

夢、恐怖の赤ん坊

自宅に大勢の人が集まっている、自分の一族もいる。母も姉もいる。みな畳の上でごろごろしてくつろいでいる。緊張感ゼロ。中心は白いおくるみに包まれた赤ん坊だ、皆が競って抱きたがる。他の部屋を回るとあまりよく知らない家族が何組も個室やリビングで寝ている。一瞬驚くが皆静かに了解の下、大人も子供も整然と休んでいる。自分の寝室に戻りようやく赤ん坊の顔が見られると喜ぶ。抱き寄せると髪が白くなったしわくちゃのお爺さんの顔だった。何だこりゃ、放り投げる。背中を向けた赤ん坊もどきは動作も実に可愛らしく見える!!—–…

コメントなし

伊勢志摩へ

サミット直前の伊勢志摩に行く。GWは何処へも行かず近場でという選択が多かった昨今。今年は11連休とった。無理やり。だからどこかに行かないと勿体無い。奥様が候補を挙げた、伊勢志摩!今の内に行っておかないとサミット後は高くなるという珍妙なご意見。ま、それもよし。人気のあるホテルを上から調べて電話していく。何故か一部屋も空いていないホテルがある。聞いてみたらサミット関係者で貸切状態。迷った末に、タラサ志摩と鳥羽国際ホテルをチョイス。タラサ志摩はバブル終了期に西洋環境開発と西武で開発途中だったバブルホテル。…

コメントなし

壊れるものたち

家中の物が集中的に壊れていく。どうなってるんだろう、台所で音がする、私の湯呑みが割れる音、20年間無事だったのに。足踏み式のゴミ箱のペダルを踏抜いてしまう。これまた20年物。ガスの五徳が割れる、洗面所の蛍光灯カバーが割れて砕ける、私のプリンターが厭な音を立てて紙を巻き込んだきり動かない、直そうとしたらレバーが折れた。1年も経たずに革靴の底が裂ける、安物じゃないはず、シャツもズボンも一気に数が減る、終いには私自身が眼精疲労でフラフラになる。代えられるものと代わりが無いもの、お構い無しに周囲の時間だけ早…

コメントなし

上野公園は花見には寒かった

どうじゃ、花見の季節はスタバの店の前にさらに移動式のスタバがお出まし。これじゃ屋台の出店と同じだ。

コメントなし

こんななっちゃった

PCとスマホ両方で見られるようなデザインスキンを捜していろいろいじっているうちに原初の形態に戻ってしまった。これでよいのだ。これで。でもね殺風景だ、色も何もかも・・。もうこのCGIはサポートもメンテも無くなった。中国からの集中総攻撃を受けてブログシステム自体の脆弱性が露呈したから。単にターゲットにされただけなんだけど、他にももっと弱いブログは沢山あるはずだけど、何故かこのブログシステムだった。代わりはない。いくら捜してもない。時代は自作のシステムではなく、借り物の便利でかっこよくて情報が垂れ流される…

コメントなし

アクセス分析

仕事と趣味と両方に同じ分析用cgiをつけた。趣味のページが後だけどこれが予想外の動きをした。仕事のページが趣味のページのカウントと分析を始めてしまった!つまりダブルカウントダブル分析、確かに同じサーバー内に2つ借りてるんだけどハード的には分断された別々のコースで借りてる。このあほなプログラムは2つを同じものと判断し、合算。ところが趣味のページの方は何事もなく、一人分析を続ける。参ったね、これだけ大きく複雑なプログラムは中身が全然分からんです。考えた末にフォルダ名もcgi名も同じ、ならば変えてみよう。…

コメントなし

夢、とんとこ?市

夢、人を殺して旅に出ようとする。集会所の中、誰かが液晶のテレビに昔のテレビみたいに大きな木製額縁を付けた。そのことで話し合っていると中学時代のケンカ相手がやってきて嫌みを言う。普段なら怒るようなことではないけれど、急に昔の怒りが湧き起こって、奴を掴んで振り回す。雑巾のように細長くよじれ手の中で小さくなっってしまった。あ、殺してしまったと思い何故かやつが持っていた緑色の台所洗剤ボトルを左手に持ったまま逃走する。警察が追って来る前に逃げなければ。タクシーに飛び込み何処でもいいから出せという。どこかのドラ…

コメントなし

正月休みは終わった

10連休のはずが会社に来ているはずの年賀状が気になり遂に出てきてしまった。折角だから明治神宮で初詣も済ませる。奥様は今年は欠席、昨年不幸が有ったからね。それほど混んでいない、会社関連は午前中だし、午後は個人か観光客。いつも詰まらず、御神体は影も見えず、見えない白布に向かって未来を託す人達。後ろが詰まってるので素早く白い鳳が飛翔するイメージを結ぶ、短時間ながらうまく行く。唯一の休憩所のオープンスペースは人だかり、レストランだけは高く見えるのか毎年ガラガラ、ここで温かいココアを飲むと心が休まる。食事はし…

コメントなし

ホームページビルダー

ホームページビルダーを新規購入した。バージョン20。今までのがバージョン6!ほんとの6、15年ぶりに替えた。今まで何度も変えようとしたが評判を見てその都度思いとどまった、今回はスマホページを自動的に大量変換する必要に迫られて購入した。結果、変換は最近の標準モードで作成したファイルだけがちゃんとスマホページに変換できた、多分1年分くらい。残りは使い物にならへん。新しくなっても動作が恐ろしく重く、今開いたばかりのページを閉じるだけでも10秒またされる。更新や上書き保存などとんでもなくじかんがかかる。仕方…

コメントなし

さらばWiMAX

WiMAXがWiMAX2になった。従来のWiMAXも残るがスピードが10MBになってしもた。niftyは乗り換えを即す。でも替えたい機種がそもそもない。私はUSBスティックタイプが大好きなのだ、これでなけりゃ停電時もPCと一体で動いてくれない。ちっぽけなクレードルも試したけれど電池の持ちが悪すぎ。その上PCから電源を入れられずいちいち、クレードルまで行ってボタンを押してからネット開通。こんな不便で中途半端なものは注文できん、それに第一わたしのノートパソコンはあの3.11大震災の計画停電対策で買ったX…

コメントなし

夢 海辺のリゾート

海辺の白いリゾートマンションを何故か遺産相続した。本当は誰のかも分からない、行ってみると病院のような雰囲気の広いリゾート。隠れるようにしてエレベーターホールから上に上がろうとする。看護婦さんの集団がやってくる、こちとらまるで望まれない客みたいだ。隠れるようにしてエレベーターに乗り込む目的の部屋はホール横の変形した小さな部屋、景色も良くない。古い匂いを嗅ぎながら眺めていると床下から水が溢れてきた。どんどん溢れてくる。あっという間に腰まで浸かる、窓を開けなくちゃ、クレセントをいじるけど内側からうまく開か…

コメントなし

もう秋だ

忙しくて体の回復が追いついていかない。そんな日々が続いている。それでも秋だからと、モネ展、二紀展、元陽展へと足を運ぶ。上野公園にも行ってない。これはいくら何でもナ~と思う。美術に触れてその場所でお茶を飲み窓の外の枯葉の感触を心で感じる。絵を描くこともない、スケッチもしない。頭の中でもやらなくなった。やるのは料理のシュミレーションのみ。何もかもうまく行くはずが私生活の面でずっこける。運命のバランスってやつに足を取られ転びそうだ。やらなければいけないことは山積み、何もしないと今年が終わってしまうよ。時間…

コメントなし

夢)建築が泣いている

5階建ての古い病院のような建築。1階が若い人のブティックのようになっていて細々と営業されている。同潤会アパートみたいだ。一人で室内をぶらぶら歩いているとあなたを探している人がいると言われた。若い外国人で私を知っていると言う。誰だろう、光が薄闇を刺し貫くスキップフロア空間を体が勝手に漂っていく。見つけられない。その場所を抜けると外に出た。驚いた事にこの建物は巨大だった。どこまでもどこまでも続いている。柱が茶色く古くなり肥大した像の足のようになっている。縦に筋が通り、根っこから膨れ上がって未知の植物の根…

コメントなし

裏磐梯は遠かったか?

もう行く事はないと思っていた。福島県の裏磐梯。あの3.11以降、フクシマは近寄りがたい場所になっていた。何度も行った懐かしい高原ホテルのHPを見たらすっかりリニューアルして、あのうらぶれた少数の洋室が全面改装、大半を占めていた和室が消えていた。そうでもしなければ客は戻らないと踏んだのだろう。おおこれはいいかも、奥様がこれなら行くと言い出した。今年は上高地の予定だったけど義母が亡くなってから当分旅行は行かないと言ってたので、これを逃すと当分行けなくなる。決心して出かける。放射線量も大したことはないみた…

コメントなし

新国の行方

新国立競技場について建築猫はどう思っているのか?答え、何も思ってない、感じてない。何故ってコンペに参加していないから。巨大過ぎて参加表明すら出来ないから。日本の多くの競技設計は最近とみに実績重視となっている。類似した建物の設計を過去10年以内にやっていること、云々。これでは初めて参加したい者には永遠に初めがやってこない事になる。少なくとも自力では出来ない。それに加えて東京都が近年打ち出したデザインビルド方式だ。設計者は基本設計だけ、あとは建設会社に設計施工でお任せしなさいという方式。http://k…

コメントなし

フェイスブックの森には戻らない

今日、正式に脱会した、というかアカウント全て削除した。やっぱし群れるのは性に合わないし他人の日常には関心ないし、かといって流れが早すぎてなにもしないでいると飛び込むタイミングすら掴めない。私フェイスブックは合いません、他人のお仕着せのフォーマットで喜ぶのはクリエイターのやることじゃない。せっかく招待してくれた方には申し訳ない。この場で謝ってしまいます。自分で作った、コントロール可能な世界に帰ります。…

コメントなし

悲しい事はいつもある

6月は別々のホテルに4回泊まった。こんなこと初めてだ。最初は芦別のスターライトホテル。芦別のオフ会のあと、朝食のみのシングルルーム。結局ここで評判の夕食は過去に一度も食べた事が無い。狭い部屋、ぶつかりそうな3点セットUB。どこもそうなのだけど・・。このホテルではいつも暑くて眠れない。何故か今回分かった。羽毛布団が分厚すぎるのだ。夏冬兼用か?と思わせる分厚さ。北海道ではどこもそうなのかと思っていたら、次のホテルで答えが出た。翌日支笏湖の第一ホテルに泊まる。湖側のツインルーム一人で泊まる。入り口は駐車場…

コメントなし

引きこもってしまった君に

親戚に引き篭もりの男の子がいる。直接会って話したいのだがそもそも外に出てこない。父親に似て背の高い色白の子だ。といってももう30になる。奥様の友人の子供にも同様な男の子がいる。二人は年も近い。就職氷河期で思うようにならず、心に傷を負った子供達だ。周囲の大人たちはきっと沢山のおせっかいを焼いているだろうからその手の事は言わない。私に出来るのは自分のささやかな体験を話す事だけ。もし男として生まれ、男として生きて、死んで生きたいのなら少しだけ読んで欲しい。私も大学にはすんなり入ったけど出るときは長引いた。…

コメントなし

GWは何処に行く 城ヶ島へ

人並みにGWに観光地に行くようになった。数年前までは暇だったのでGWは仕事して、ちょっと外れた頃に小旅行してた。今じゃこの時期は余った時間なし、自由になる金なしで近場限定だ。それも日帰り。2年前は横須賀、観音崎だったし去年は日立海浜公園と西立川の昭和記念公園だし、今年は海がいいというので城ヶ島!じゃ。関東から近場の海と言えば三浦半島辺りまで伊豆半島だと小旅行になる。千葉なら九十九里か犬吠崎あたりまで。行ける所はどこも行き飽きた。城ヶ島なら結構穴場じゃろう、高台から海を見下ろすだけだから人も大して来な…

コメントなし

決算だ決戦だ

と他人にはどうでもよいこと。事務所は5月末が決算なので、税金を支払う準備をしなければならない。しか~し、3月末が決算期の多い企業、官庁の影響でこちとら4月、5月はげっそりとやせ細る。税金用の蓄えなぞある訳も無い。8%の消費税、ついでに6月の源泉徴収もあるし法人税関連、税理士への支払いと続く。小さすぎる企業にも税金は容赦ない。これを稼ぐ為にどれだけ働いたのだろう?小さな会社では個々の金額に、働いた時の感傷が乗り移っている。それ故に大きくなれないのだが。がつん、どかん、逃げる、かわす、笑って許してという…

コメントなし

父の影

3度同じ夢を見た。親父が実家の台所に似た場所に立ち、じっとしている夢だ。私はテーブルを挟んで親父の反対側に立ち、背後に広がる空間を見てる。親父は毎回同じ立ち位置。私から見てテーブルの左隅に立ってる。テーブルに隠れて父の足元は見えない。多分影のように消えているのだろう。父の背後ではパーティーのように華やいだ雰囲気。最初の頃はピクニックに行く準備かな、と思った。次々と父の横に人が来てテーブルの上の食べ物を持っていく。父は何もせずにただ手先だけもじもじ動かすだけで、じっと立っている。何も言わない。所在なげ…

コメントなし

続・カンレキブルー

還暦が自分にとって一体何を意味するのか、それが人生において終着点であるように思われるのは何故だろう?と考えているうちに1年が通り過ぎた。まるで常磐線の終点は上野駅でそこで自分は一体何をすべきか、この場所が多くの人にとってどのような意味があるのかなどと考えているうちに終点は品川まで延長されていて通り過ぎちゃった。のと同じである。間の抜けた話ではある。還暦はただの通過点ではない。人生ご苦労様の一つのゴールなのだ。シームレスで時は走り続けるけど、人は何処かで青春の熱き時代のゴール、終着点を決めなくてはなら…

コメントなし

続々・スマートフォン

androidのauスマホをmineoのデータ専用simで運用している。2GBの容量契約なので月税込み1000円ちょっとだ。たったこれだけでメールもネットも使える!使える・・本当に?大手キャリアで契約しない場合は、androidについているPCメールを使うことになる。PCメールって良く分からん。WEBメールじゃないのと思うけどそうでもない。とに角 mineo様が無料で付けてくれた@mineo.jpのメールは単独でなら使える。ただ、転送設定にするとひどいことになる。以下試行錯誤の物語。1)PCメールア…

コメントなし

続・スマートフォン

木曜日にスマホ本体の設定が終わり、その3日後にはスマホ専用ページが欲しくなった。趣味のページとはいえ、全部作り替えることも新規に作ることも論外。WEBで調べても簡単ではないよ、と業者のページにすぐに誘導されてしまう。幸い10年前から文字によるリンクは極力避けて、目の悪い人でも楽に押せるように大き目の画像ボタンを作り続けてきた。その数1000個以上。これを利用しない手は無い。もう一度検索の語彙を変えてやると、見つかりましたありました。htmlのmeta表示をたったの1行付け足すだけでスマホ用の表示にな…

コメントなし

スマホ事始

今までスマホなるものを使ったことが無かった。隣で指をしゃかしゃかやってる人を見て、画面が小さいので大変だね~と思っていた。出来損ないのPC、携帯電話のPC部分だけが肥大した発展途上形態だと思っていた。その証拠に何インチ画面にするか未だに回答を得られず迷走を続けている。でも、でも気になる。扱えないのは癪だ。ブログとホームページを各2つずつ管理する私としては知らないなどあり得ない話だ。そこで、検討を始めた。大手キャリアの契約など高すぎて問題外。simカードのみ!これじゃ。端末とセットという手もあるがすぐ…

コメントなし

夢)青春のブルー

若手女子で作る不動産協会のような組織から招待状が届く。行ってみると芝生の上で花が咲いたようにキャリアと若さに溢れた女子のグループが楽しそうに輪を作って談話している。ああこの中に入れるんだろうか、と思う。確か建築の顧問か相談役になって欲しいと言う依頼だった様な。ゆるやかな芝生のスロープを上った上に目指す建物はあった。上り始めて直ぐに横に誰かいるのに気付いた。ネイビーブルーのシャツに濃紺のズボンをはいた若い時の自分だった。お先にという様にずんずん上っていく。後ろから見ると、肩の三角筋が柔らかく盛り上がり…

コメントなし

リフレイン

リフレインが叫んでる。これって今の心境やね。すっきり終わらせたくない未練がましい私。中年になってから事業欲に目覚め、その手の道をそろりそろりと這って来た。まるで用心深い爬虫類のように。近くに先駆者はいなかった。ということは元々向いていなかったのだろう。結局、事業者にはなれなかった。でも少しだけ自負もある。目指す方向に遮二無二突っ走ったと言う自負が。何かになろうとした、その軌跡が唯一の生きてきた証。最近昔の歌ばかりやたらと頭の中でフルコーラスで出てくる、脈絡は無いみたい。壊れたオルゴールみたいだ。気に…

コメントなし

夢の捨て場所

ヴェネツイア、ビエンナーレ、国際コンペ、勝利の余韻の中、空港で迎える婚約者。愚かな夢を見続けた。恥ずかしいほどの。積み木で組み上げた大きな山を歳月と共に、言い訳と共に一つずつ崩し続けた。エンドマークが出た今、残骸の山は余りに大きく見える。古びた手垢の付いた積み木。この夢はどこに捨てれば良いのだろう。今更替わりは見つからないし。家族に迷惑を掛け続け、何度もやめようと思った。でも帰る場所は何処にも無かった。戻り道を断ち、後ろは絶壁と思い続け前だけを見ながら崩れ続ける橋を走り続けた。命賭けて辿り付いた先に…

コメントなし

秋の日の過ごし方

疲れた忙しいと言っていると、1年中そうなのだと思われる。ブログに月に1回きりのフレンチやイタリアンを食べている写真ばかりを載せ続ければ、この人は1年中そういう食生活を送っていると思われる。多分・・。見栄っ張りの私にもそういう傾向はある。でもその手の文章は記録として書いている。写真に残すように文章に残していく。読み返すこともないけれど。ここ半月以上は暇だった。というか通常の忙しさに戻った。忙しくないことは普通はいいことだ。でも自分自身に給料を払う身にはそうでもない。体力的には吉でも精神的には凶と出る。…

コメントなし

壊れた?

夏休み以来の3連休を取る。祝日はずっと休み無しだった。初めて仕事が嫌になった。一生大好きな仕事でいられると思っていたのに。朝、シェーバーの異音に気付く。今までにないスカスカした音だ。壊れた、と思って夕方急いでBIGCAMERAで同じタイプの物を買う。家に戻り壊れたはずの古い方を試しに充電するとちゃんと動いた。今まで充電不足のランプが付くとすぐに気付いたのに・・壊れていたのは自分の感覚だった。仕方なく奥様には今度の自分の誕生日まで取って置くよと言う。まだ3年目だからちと早いしね。初めての顧客からメール…

コメントなし

デング熱が来た

ブンブンブン蜂が飛ぶ。これは上高地に行ったときのハイキング中に熊除けで歌っていた歌。どこが熊除けか分からんけど、これを選んで大声で歌っていた。昨日は昼間から上野公園の上空は騒がしい。何かあると直ぐにヘリが飛ぶ。ブンブンブン。事務所の真上でホバリングしている。直ぐにピンと来た。間違いなくデング熱発生だね、こりゃ。ついに上野公園まで来たか。23区全域の公園、神社は寄り付けん。先週、やっとこさ、時間をこしらえて両大師に参拝してから上野公園に行った。天気も良くいつもなら全てのベンチは埋まっているはずなのに、…

コメントなし

夢)研究所の中

夢)有名ではないが商業的には成功した建築家が自費で建てた研究所。何でもありのデザイン研究所。そこに自費参加している。教室では研究生が到底採算のあいそうもないデザインに没頭し3Dプリンターで石膏型を削りだしている。でも本人も何をやりたいのか良く分かっていないみたいだ。息苦しくなって外のコンビニで何か買おうと出て見る。盆地のように囲まれた狭い地所に工場のような建物が建っているだけ。道の先は細くなり進めない。後ろに戻るだけだ。戻るのはいやだった。建物の中に入り、違う廊下、出口を探す。ここなら別の場所に出ら…

コメントなし

家路

金曜日の帰りの電車、先頭車両の一番目の座席に座り、事故になったら真っ先に死ぬな、と思ったり。身体は疲れているのに頭だけ興奮して休めない。駅に到着して立ち上がろうとしたときに、ふと頭の中に聞こえてきた。仕方なかったんだ、と。そうだ他に仕方なかったんだ。リーマンショックに一気に流され葬られ、3.11に怯え、自分の中に閉じこもってしまった友よ。かつてのエリート達、最難関を突破してきたはずなのに。戦士の心がそんなに容易く折れるなんて許せなかった、戦って負けたのならとも角、さっさと逃げるなんて、そう思ってきた…

コメントなし

上高地

いつも悩む。今年の夏休みは何処へ行こうかと。去年が車山イマイチ高原だったのでより本物の?高原を求めて旅立つことにした。前に行ったのはもう19年も前のこと。旅行の直前までWEB天気予報は雨模様。最悪を覚悟してアマゾンの特急便でレインウェアを二人分購入。行ってみたらホテルの人の予想通り、3日ともほぼ晴。前回は古い和風旅館。今回は最良を求めて五千尺ホテル。見た目は会社の保養所。手前がレストランなどの共用棟。奥が客室棟。きっと創業時の山小屋風外観イメージを変えたくないのだろうと推測。ホテルには見えない。部屋…

コメントなし

波乗りジョニー

ここのところ、中学、高校、大学と同窓会にも出ず、友人と全く会ってない。忙しくて行けないと言ったら別の理由があるのだろうと勘ぐられる。分かってないね、カンレキブルーのじっちゃん達。過去20年間で一番忙しいのだこちとら。アベノミクスの高波に乗って経済のサーフィン中。下手くそな初心者だけど。以前と違うのは体力。しっかり休まないとモタナイ。だから体力温存指数を計算しつつ動く。海を見て波が来るかどうかを見極める。全部乗りこなさなあかんのだ。周囲に同年輩でそんな気を使ってる人はいない。毎日暇だったら頭が真っ白に…

コメントなし

続々壊れた

前回の壊れた編から1.5ヶ月。その間に扇風機も2台続けて壊れた。関東で扇風機が無いと夏は生きていけない。勿論エアコンはつけっ放し!なのだが。レンジフードの見積もりが終わって1ヶ月以上工事は始まらなかった。どこでも職人不足は深刻だ。でもでも、あの時即やると言ったではないか。7月の最後の日に我が家の過熱した台所にレンジフードが戻ってきた。規格が古く小さかったので隣の吊戸ごと交換して新規格に合わせた。ついでにトイレも最新型の節水タイプに変えた。付いてきたウオシュレットの説明書が60ページもある。先月買った…

コメントなし

機械は壊れる

そう、それも一斉に壊れる。この世の修復しきれない因果のように。廻りまわってくる。我が家では12年周期だ。XPがらみのPC3台に続き、洗濯機、洗濯乾燥機、食器洗浄器、固定電話機、レンジフード、トイレのタンクと続く。順番に入れ替えと修理で切り抜ける。今日は、最後の2つの見積もりを依頼した。我が家のレンジフードは特にやっかいだ。何せ古くてぴったりのサイズがもう作っていない。おまけにダクトがひん曲がり欠点を無理やり家具吊り戸で隠している。代替品として1種類あるけど通常の新型の3倍のお値段。それで旧式を買うな…

コメントなし

太古の夢

夢)ゆったりと寝椅子に寝転がって青空を見てる。周囲の草原を渡る風の音。右手には小さな溝。幅は50cm、深さは1m以上ありそう。良く見ると太古からの生物が飛び交う大渓谷のミニチュア版。目に見えない生物が水の中にも生い茂った草の間にもいる。左手には風とは違う音。羽音が聞こえる。目には見えないけれど透明な数羽の小鳥がホバリングしている。薄い影だけが草の上に落ちている。仲間なのだろう。青い空を見上げる、心地よいこの空間にずっとまどろんでいたい。満たされた時。やがて頭の方から声がする。ガラスで出来た透明な駅舎…

コメントなし

遥かXPを離れて

先週はGW連休を利用して事務所にある3台のPCを全てXPからWIN7に変えた。WIN8は仕事で使うには違和感が大きい。いつも頼んでいた日本HPの法人用がこの期に及んで一気に1.5倍に価格を上げてきたので、絶対買ってやるものかこの裏切り者め、と新たにMOUSE PCに頼んだ。待つこと1ヶ月以上、ようやくGWに間に合ってくれた。感謝じゃ。いちいちバックアップデータを取ってOSだけ入れ替えてる時間は無いので、3台のうち2台は新規購入。残り1台は元々アップグレード用WIN7が付いていたのでそれで新規上書きイ…

コメントなし

続・WIMAX

amazonから親切にネジを2本だけ送って貰った。無料だ。これを使って週末に無線LANを設定する。今まで不安定だった接続動作がピタリと決る。そりゃそうだ。LANカードをネジで止めて無かったんだもんね。ほいほいと、WIMAXのクレードルまで設定終了。電波も安定し、USBスティックタイプに比べて3倍のスピードが出る。それでも光よりは遅い。光接続は災害時の停電で止まる。3年前の大震災の悲しい教訓。さてこれでネットに複数の接続機器が同時に繋がる環境が出来た。次は選ぶぞ!と言って、1日中amazonや楽天でス…

コメントなし

WIMAX

ノートPCに無線LANカードをつけようとした。もともと入っていなかった。amazonでカードを注文し、自分でPCの裏蓋を空けてみる。ドキドキ。久しぶりの動悸。いいねこの感じ。開けてみるとちゃんとアンテナ線も入っているし、WEBで見つけた同型機のブログを見ながらすぐに付いた。付いた・・。でも固定できない。ネジが2本ともないのだ。こんな小さなネジは持ってないし。いいや、ままよ、と蓋をする。すぐに本体はカードを認識する、大丈夫か?WIMAXのクレードルの設定を始める。何度やっても登録が終了しない。既にUS…

コメントなし

シベリアか?

33cm、千葉では観測史上最大の雪が降った。おかげで昨晩と今日と2回の雪かきに追われた。もう何処の筋肉が痛くなるか予測不能じゃ。スコップを持ってた親指のグリップが痛い。バルコニーにまでパウダースノーが吹き込んで来て、積もる積もる朝には20cmを超えていた。下に落とすわけにも行かず、一画に積み上げた。じっと見てたら、このまま溶かすには余りにも惜しい。何せ45年ぶりの記録更新じゃ。筋肉はもう動くんじゃないと言ってる。構うもんか、明日は明日の雪が降る??で、作った。tamaの肖像。足が冷えてしまい仕上げが…

コメントなし

悪夢の終わり

毎日夢を見る。いくつも見るけれど、覚えていられるのは一つか二つ。ようやく長かった風邪も治まり、その後遺症で痛めた肺も治った。狂ったような、自分のものでないような夢も終わりを迎え、今は普通の穏やかな夢に浸っている。一時は自分のHPそのものから逃避し、お気に入りも消して何も考えないようにしていた。時々ある。HPを運営していると、資料提供者の奥にある無意識に触れてしまうのだ。それもまた意外な発見であり、楽しみでもあるのだけれど。写真はただのデータではない。それを所有し提供してくれた人の感情が乗せられている…

コメントなし

誰かが頭の中にいる

夢、それも自分のものではない夢を見ている。大概の夢は自分で分析が可能だけれど、日曜の夜に見た夢は最早自分のものとも、自分の体験とも違う。何か滅茶苦茶なのだ。バランスを欠き、極端から極端に移る夢ばかりを3時間ごとに見た。怒りと不調和、経験のない壊れた世界だった。1)議場の中、ほぼ全員が賛成して一丸となっているのに一人だけ侮辱してくる奴がいる。怒ってそいつに前に出ろというと中年のすさんだ顔の男が出て来る。なんとそいつはスカートをはき、ハイヒールを履いたまるでホームレスのようだった。周囲に風が舞い音が聞こ…

コメントなし

風邪引いた

正月休みはすぐ消えた。体を休めるどころか疲労がたまってしもうた。慌しい年末が終わりさああ新年!1日、今年は私の担当のおせち。焼き豚とお煮しめ。その後近所の諏訪神社に初詣、意外と人手は少ない。ここでは多くを望まない。イメージも結ばない。帰りにもう開いているヨーカドーで本や雑貨を見る。2日、母の実家へ、米寿のお祝いにご近所のクレストホテルでお祝いディナー。1ヶ月前から予約していた。何時ものシェフは本当に来ているんだろうか?という味。お粗末。3日、奥様の実家八王子へ、いつもよりずっと早く1時半には到着。こ…

コメントなし

年末の鴨川

年末の箱根プリンスは取れなかった・・さすがに2日前に駆け込みじゃね。代わりに空いていたのが鴨川グランド。友人に話すとああ京都の鴨川ね、とのたまう。あの、千葉の鴨川です・・。雨模様の天気の心配もなんのその。今年度の締めと同時に突っ込むぞ。なんせ私のカンレキ祝いと誕生日祝い、おまけに創業20周年とおめでた3連発だ。何を差し置いても行くのだ。で行ってきました。雨天到着時のくら~い部屋の雰囲気。我々にしては珍しく和室、それもコーナー部屋。部屋は6畳一部屋が不要になるくらいに広かった。くら~い海を見て喜ぶ私。…

コメントなし

夢)故郷への道の終焉

工事中の道路。右側には切り立った崖。川が流れている。これから工事を進めて道を伸ばそうとしているのだろうか。道路のへりに腰をかけて、二人で川を覗き込んでいる。足を宙でぶらぶらさせながら子供のように。隣に座っているのは故郷のロックハウスのご主人だ。実は仕事関連で繋がりがあったみたい。測量のこととか話題にしている。将来のことを二人で無邪気に話している。と、突然大きな音と共に、大型の掘削機が逆走を始めた。せっかく作りかけた道路がざっくりと割れ、土砂が崖下の川へと流れ落ちていく。とっさに川下に滑り降りた私は巻…

コメントなし

旅に出たい 紅葉 富士山 湖だ

今週も何とか予定終了。何時ものように8時過ぎに事務所を出る。外の上野公園は銀杏が色づき光の中で空気が震えている。ああ外に出たい。目の前の景色を手にしたい。移ろう季節はいつも窓の外だけ。ディスプレイの内側にいるような気分だ。そう年末は忙しいのだ。自動販売機に行くついでに両大師殿にひとっ走り。薄茶色に染まった大桜、見返り車を見ながら大急ぎで本殿で手を合わせる。今年も終わってしまうね。どうも有難う。上野公園の噴水まで道路を渡ればすぐなのに、ぐっとこらえて事務所に戻る。気がつけばブラインドの外は森の上に沈み…

コメントなし

ずる休み

昨日決めた。3連休ずる休みだ。風邪でもない、台風でもない、もっとも今晩から大雨の予報だけど。何ていい気分だろう。仕事も忘れ、PCからも離れ、頭を完全にアナログに戻すことにした。手始めに朝から壊れた食器洗浄器の修理にとりかかる。4日前に壊れネットで調べて自分で治すことにし部品を注文した。大阪から昨日部品は届いていた。ネットのブログによると簡単そうだった。それが自己修理の理由だった。蓋を開けて後悔した。このまま放り出して奥様に笑われて、TOTOの修理センターに来て貰った方がずっと楽そうだった。心の中で半…

コメントなし

上野公園のKERA

ようやく仕事のペースが落ち着いてきた。ほっとしていつもの散歩コース。両大師から科学博物館のでっかいクジラの模型の前を通り噴水池にたどり着く。ふきあがる水の束に心が躍り、緑の藻に浮かぶ水泡に目を奪われる。ああ秋が来た。スタバに目をやるといつものように外まで行列。地元の私が一度も入れないなんて・・。スタバの横の広場で何やら人だかり。いつもの大道芸。何気なく覗き、いつでも帰れる心の準備。ところが・・。KERAという名の長茶髪の男の語り口に人生を感じた。そんなにむき出しで話すのかい?普段はプロのTDLダンサ…

コメントなし

天空の楽園

天空の楽園って何?ジブリかい?気持ちよさそうな高原に浮かぶホテルのパンフに書かれたキャッチコピーを見て、その気になった。関東は酷暑の兆しが見え始めた7月。なぬ会員制?そんなこと構わん、何とかなる、で探したら右が会員棟、左が一般ホテル作りはほぼ同じ。お風呂も一緒という安直な作り。早速予約。風邪に押されて予定は2日ほど延びたけれど仕事の合間をぬってドンピシャリで予約。8月の初めに早めの夏休みを取る。車山高原の頂上から見て左側にあるスカイパークホテル部屋からの眺め室内、標準的ツイン、まあまあやね。食事も雰…

コメントなし

忙しいのにも訳がある

先月、今月の初めと体が壊れるかと思うくらい忙しかった。帰りの常磐線、真っ暗闇を突っ走る電車の窓に映る自分の影は背中が曲がり、傷ついた獣のように見えるくらいだった。さすがに危機感を覚えた。対策は?急には助っ人もいないし外に出そうにも、頼みのところは私以上に忙しい。電話しても受話器からかすれた疲れた声が返ってくるだけ。これじゃ谷間に向かって一人叫んだ方が気が利いてる。自分の返ってくる声の方が元気だ。ところがぎっちょん。ここへ来てピタリと止まった。電話が壊れたのかと思うくらいに静かになった。外では乾いた風…

コメントなし

メーラー変更

この1ヶ月はメーラー(メールソフト)の変更に費やした。ほんと無駄な時間の連続だった。WIN XPでのoutlookexpressからの変換。1)シルフィードなる国産フリーソフト・outlookexpressからの乗換え変換はデータはスムーズ。・アドレスは一部のみ変換、残りは出来なかった。・署名も×。・右クリックでsendtoでは手動で設定するが西ヨーロッパ言語になってしまった!・新規作成ではテキストのみという馴れない設定。 HTMLは使えず、垢抜けないレイアウトでメール本文が出来上がる。・コピー貼り…

コメントなし

新年度だ

5月が年度末だった。そして今6月。お茶の一杯も飲まないうちに、はいよと始まる日々。考える時間が欲しかった。だってカンレキだぜ。何をモチベーションに生きていくんだい。ここ2年で劇的に変わってしまった。心と体のリズムが。暇さえあれば上野公園へせっせと通う。新しくなった噴水池を見ながらドックオブベイを心の中で鳴らしてみる。いやいや、貨物船なぞ通るわけも無い。どこかにモチベーションのかけらが落ちてる訳でもない。一所懸命、とは自分の為の言葉かと不良おじさんはつぶやく。一歩ずつ自分に納得させてきた。まだ働くんだ…

コメントなし

ともだち

もうカンレキだねお互い。そんな話しをする為に会いに行く。流山にある病院。親父の最後の場所。通いなれた道をYに会う為に日曜の朝の風に吹かれる。5月のGW中に妙な気分になった。寂寥感。皆いなくなってしまう。そんな気分。最初、駒込にあるHさんのマンションを訪ねる。もう何年も会っていない。携帯は何時からか着信拒否。年賀状の住所を頼りに六義園の裏にある、小さな高層マンション。めざす部屋にHさんはもう住んでいなかった。狭くて暗い中廊下に面した子供のマークのついたチャイムを押し続ける。年老いたお母さんと二人暮しの…

コメントなし

芦別物語の閉鎖

芦別物語を閉鎖した。サドンデス。不愉快なことがあると緊急処置を取らざるを得ない。本来間違いは即損失となり、埋め合わせは瞬時に的確に行わなければならない。そんな都会の超絶ルールとは違うんだろうね。ま一生懸命に免じてこれ以上は追求しないこととする。間違った行為も許すこととする。優しい顔の社会的な私はそう言う。ただし私の中の強力な獣が眠らせてくれない。夜が明ける前に体が咆哮する。動物だこりゃ。ふらふらになって事務所に向かう。でもそんな状況が許される場合ではない。じっくり眠らなければ。かくして強制執行。自分…

コメントなし

2013年GWは爺様を捜す旅

昨年のGWは親父の生まれた場所、逗子海岸だった。その帰り道に横須賀を通ったら何かを忘れている気になった。ここで降りたこと無いよね。確か坂道から海が見えるんだよね。そんな幻想がよぎる。1年後にここに来た。観音崎を優先したので着いた時には暗くなりかけてた。横須賀、軍港というイメージでお祖父さんの通った道が見えるかと思った。横須賀中央を降りても何にも見えへん。なだらかな坂も続く海も。見えるのは急速に発展した駅前とルート16沿いのマンション群。そろいも揃って、南側の山側を向いてる。後ろは海だぜ。向きが逆。埋…

コメントなし

練成中学校1990

またまた昔の8ミリビデオをyoutubeに投稿してみた。今は無き母校、千代田区立練成中学校の同窓会ビデオ1990年版だ。DVDに落としてあったものをPCに取り込む。良く見ると得意のVOBさんでなくてVROだ。どうも後で編集できるように変な形式で保存してあったみたい。さあ大変、まずはいつものAVI君に変換するソフトを探し出す。freemake video converterなるソフトを発見。いつものように余計なツールバーもDLLしないようにしてセット。即変換に移る。待つこと40分。さあこれで待望のYO…

コメントなし

芦別物語の写真加工

戴いた貴重な古い白黒写真、さあどうすべえと思う。そのままHPに掲載しても良いが、よほどじっくり見ないと遠近感、材質感、立体感が伝わらない場合が多い。特にサイズが限定されている画面では、何だか分からず雰囲気だけ味わっておしまいという事にもなりかねない。それじゃあんまりだ、勿体無い。そうだ色塗っちゃえ!と思って始めたこの8ヶ月。大分ましになってきたのでここにレシピを公開。1)まず用意するソフトはPictBearなるフリーソフト。もう開発終了済み、サポート、コメントゼロ。でも直感的操作に優れシンプル。go…

コメントなし

もう3月だ

早3月!何でや、いくら忙しくてもブログくらいたまには書けるだろうに。と思っても後の祭り。アートのマツリ。スキンを変えた。いい感じだ。表示欄の可変型は好きじゃないけど妙に開放感ある。ホント多忙でした。今も変わらないけど。いい気分で生きてる。$FILE1…

コメントなし

夢の中で

もうすぐ父の三回忌だ。父には姉がいた。その父の姉も丁度1年後に亡くなった。だから2月は父の3回忌と小母の1周忌が同じ週に同じ寺の住職で執り行われることになった。それまでが山だ。スピードと体力、今まで経験したことの無い仕事量をこなしている。前にもあったけど毎回記録更新中だ。以前は忙しいですか?とよく聞かれた。もう聞く人もいなくなった。答えは私の顔に書いてあるから。とても楽しみでもある。自分がこのせっかくの機会をどれだけ生かしているのかどこまで頑張るのだろうかと。でも私以外は皆疲労している。本当は雪解け…

コメントなし

2013年の正月日記

12月29日土曜日、夜8時まで普通に仕事、前日に2人だけで納会を済ませてあるから終わっても自分にご苦労様と言うだけ。12月30日日曜日、年末恒例の大掃除、今年は大幅手抜き、風呂と洗面所の床を磨いて終わり、夜は28日生まれの母も入れての合同誕生会。親父が生きてた頃は12日に誕生会をやって、それで3人分合同にしてた。これでまさにその日に出来るようになった。近所のCホテルで3人ばらばらで勝手にコース頼む。ホテルからお祝いのケーキがついて思わずにんまり。奥様のお手柄。31日月曜日、おおみそか、ヨーカドーへ買…

コメントなし

風邪に流されて

2週間前に近所のIKEAに行った。近くに出来たので喜んで行ったのだけど、駅から直ぐのはずが迂回して道路側に出ないとアプローチ出来ない構造。冷たい雨の中大迂回。ネットで捜しても良いものが無かったTV台がIKEAで見つかったから。巨大倉庫のような店内、100m四方に一人しかいないぞ。商品はセルフでこれまた宇宙船の格納庫のような場所でカートに積む。天井高さは20mか。大峡谷、TDSLの世界、そしてもの凄く埃っぽい。数日後発症。発熱。届いた商品を奥様の監視の中一瞬の隙をついて自分で組み立ててみる。ネジが合わ…

コメントなし

疲れ果てて

週末が来た。昨日は祭日だったのに普段の2倍のスピードで仕事をこなす。おかげでストレス性のフケも真っ白な粉雪のように肩に振り積もっていたのが、今日になったらピタリと収まる。私の体は本当分かりやすい。不安や心配事があるとこれでもかと体が意思表示する。ウルトラマンの胸の赤ランプと同じ。そこから逃げたら絶対ダメ。立ち向かうと消えてくれる。きっと死ぬまで倒れることは許されないんだろうな、とも思う。木曜日に居間のエアコンが故障して止まった。今日、メーカーの技術の人が来て見てくれた。あっ下に油が漏れてますね。配管…

コメントなし

ずる休み

今日はずる休みだ。勤めていた頃はよくやったけれど、独立してからは通勤馬のように?毎日休日も殆どとらずに働いた。20年も経ってくると土日はしっかり休むようになり、盆や正月も休むようになった。これも電話転送サービスとインターネットのお蔭。自宅の机の前に座っているだけで仕事の注文を取れるし資料はメール添付で送ってもらえる。事務所のPCに入っているデータも外部ストレージで自動同期されて何時でも自宅で開くことが出来る。いやはや便利便利、何もしなくていい?それは嘘。いくら便利になっても仕事は自動的にやってこない…

コメントなし

年末は続くよ法事が

昨日は第1弾。奥様のお祖母さんの33回忌。次は来週に控えた母方の叔父の3回忌。父方の叔父の3回忌もある。来年2月には我が父の3回忌。父方の叔母の1周忌と来る。全てが東京西部で行われる。わたしゃ千葉県東部だ。いずれも70kmから90kmの彼方。全部が休日のお昼前に集中する。疲れるね~。いや親戚の顔を見るのはいいけど故人を偲ぶがテーマだと暗いよね。全く性に合わない。昨日も自分で撮ってきたビデオを見てたら一人ずっこけてたのが他ならぬ私。しかも私だけが故人を知らない。他は全員が縁者。変なとこに来ちゃったな、…

コメントなし

行って来ましたスクーターズ!

久々の渋谷、ハチ公前のスクランブルを渡り、一路パルコへ。憧れのスペイン坂に着き、FMTOKYOを捜す。あ~りました。オープンスタジオ。いつも夕方聞いてるDJ堀内さんとMIOちゃんが歩道で立ち話。いいね、いいね、WWW.はその目の前。地下に降りると狭い映画館を改装し無理やり立見席400人のステージが出現。狭い。多い。息が詰まりそう。で僅か5席の座れる席を巡り争奪。其の内に始まったライブ。彼女たちの30年ぶりのライブ。奥様のお友達の名はビューティー。当初3~4曲は乗りもイマイチ、音響効果もバランス悪く乗…

コメントなし

ロボットがやって来る

と言っても、あのロボットではない。HPにスパム攻撃を仕掛けるソフトのロボットだ。仕事のHPが大量のアクセスに見舞われている。2週間くらい前から増え続け、最初はおおアクセスが増えてる。どんな人が見てるんだろう。楽しみ。くらいに思ってたがここ数日は常軌を逸している。午前9時ですでに100を超えている。夜見ると、400近い。以前は30程度じゃ。こうなるとスパム攻撃じゃ。で、で相手は何処?痕跡が残っていない。ページが開いていないのに確実にカウンターだけ上がり続ける。怪しげな2つのホスト名をアクセス禁止にした…

コメントなし

夏よさらば

早く終わってくれ、お願い。という毎日。今日も無情に32度Cをマーク。寝苦しくて、軽井沢で目覚める夢を見る。寝てる間のエアコンが効きすぎてるだけだったりして。本栖湖2012夏夏のエンディングテーマも聞こえてこない。マイルゼ、まいるよ。ほんと。早く頭をクールにして本を読みたいんだ。以上熱帯夜から中継でした。…

コメントなし

ろくでもない1日

少しでも仕事が暇になると落ち着かなくなる。まさかと思うけどこのまま永遠に続くのではと、人から見たら信じられない心配までする。よくある事で海の満ち引きみたいなものなのに人生に対する自信さえぐらつく。何時もの幸運のキューピッド役の友人が早く訪ねてくれないかと噂する。そしていい事がないと心が荒れ始め、波が押し寄せマイナスのパワーになる。今日は1日そんな日だった。どれもこれも1年に一度も起きないような事が全部起きた。朝、駅のエキュートでお昼の弁当を買おうと並んでいたら後ろにいた親父が前の私を無視してさっさと…

コメントなし

ああ夏休み

奥様とのお約束通り、富士五湖の最奥湖、本栖湖へ。バスも電車も河口湖までしかない。その先の片道30kmはホテルからのバスのみ。これが快適。殆ど貸しきり状態。樹海青木が原の入り口付近にある、元のホテル名が火山礫を固めた門柱の銘板に残ったまま。バブル崩壊後に中央区が購入。さすがバブル建築、外観には本物の石と焼きレンガをたっぷり使用。部屋は驚きの殺風景。間が抜けてて印象すらない。ところどころにバブルの片鱗だけ残っている。窓は小さすぎて外観重視しすぎ、リゾートなのに演出ゼロ何考えてんだか。料理は冨士屋ホテルの…

コメントなし

夏ばてた

今朝、出かけるために靴下をはこうとした。どうしても履きたくない。そのまま放り出し、奥様に今日は休みだ宣言。熱を測ると結構ある。体内にマグマを抱え、それが出て行かないような気分。再度寝る準備をしてバタン。そのまま2時間。昼ごろ電話で起こされ、仕事の話をする。3時間くらいすったもんだし、終了後再度バタン。気付くともう夕方の6時。昼間だけで殆ど1日分の睡眠をとる。それでもまだ足りない。昨日の午後暇になったので、10年分の汚れですっかり色が変わった事務所の塩ビシート床を強力クリーナーで落とした。外に頼むと何…

コメントなし

ザ・スクーターズのライヴだ

究極のオバサンバンドザ・スクーターズ 復活ライヴがついに決定!10月10日、6時半開演渋谷WWW  http://www-shibuya.jpスペイン坂だよ。行くぜ行くぜ行くぜ。ごめん、こちらは小泉版tokyo disco night でした。…

コメントなし

行かねば

先月一人で北海道に行ってきたものだからうちの奥様からの風当たりが強い。何処か連れてけ!とな。このくそ暑いのにいつもの高原は放射線高く行けないし、やっぱ富士山かいな。奥様は富士山さえあればうれしそうにしてる。携帯アドレスにも富士山の名を入れてる。まるで猫に何とかじゃ。富士五湖で一番秘境っぽいのは本栖湖、でもホテルなぞあるわけもない。と思ったらそれらしいのがありました。お盆を避けて、さっさと予約完了。まさか本栖湖で泳ぐなんて言わないよね。…

コメントなし

ジャーニーハイ

北海道から帰ってきて1週間が経った。行く1週間前からハイになり良く眠れなかった。旅行当日は3時間も眠れないまま、成田空港へ。おっとやってくれたねjetstar。1時間遅れで、札幌からの乗り継ぎバスにも乗り遅れ都合2時間遅れて、ドアツードアで9時間後に目的地にご到着。何とか夜の12時まではハイになり持続する。翌日も芦別にとどまり、観光したけど、ホテルに早々に帰りバタンキュー。最後の日は支笏湖に行く余裕も見せ、北海道満喫の旅、で終わるはずが、やってくれたねjetstar。わずか15分程度の遅れだったけど…

コメントなし

東京ディスコナイト

幻の名曲、Tokyo Disco Night(single version) スクーターズや。 キョンキョンも歌っていた。1981年でしょうか?バブルの足音が聞こえ始めてる。わたしゃ社会人としての第2の青春真っ盛り。この10年後やね、奥様と知り合って結婚したのは。…

コメントなし

かなしいうわさ

最高だぜい、オバサンバンド。スクーターズ「かなしいうわさ」何で、何で今になって再デビューするか?奥様のお友達がメンバーの一人。年は聞かないで1982年に20代でデビュー、あれから30年後・・。アルバムタイトル「女は何度も勝負する」7月11日CD発売だぜい!! …

コメントなし

もうすぐ旅行だ

あっという間に1ヶ月が過ぎる。仕事ばかりして、仕事に埋もれていたいと思っていた。何も考えずに、ひたすら海中に棲み日々の忙しさの中に埋もれて時々海面に息を吸いに出てくる。そんな生活。以前から医者のように仕事がしたいと思っていた。待合室にはいつも患者が一杯。次々と呼ばれて入ってくる。単価は高くないけど、信頼と総合収入に支えられる。それを設計事務所でやろうと思っていた。思った事は実現する。誰もやったことの無い事が現実化していく。生きている興奮が忙しさの渦の中に麻薬のように溶けていく。血液にじかに取り込まれ…

コメントなし

ただ今、故障中

五月は忙しかった。空前絶後、月間新記録更新。土日も無く働き、それもフルスピードで駆け抜けた。我ながら良く体を壊さなかったにゃ~と感心していたら10日も経ってから来ました来ました。腰が痛くて立ち上がるのも大変!になった。殆どバックレストに体を預けずにつんのめるような姿勢でPCに長時間向かい、そのままえいやっと90度回転し、ドラフティングテーブルでスケッチを続ける。この繰り返し、ですっかり腰を痛めたらしい。最近痛みが来るのが遅くなったねと、奥様と笑いながら話していたら遅いどころではない。10日遅れだ。呆…

コメントなし

決算月

5月は決算月だった。ようやく締める。1年間よく頑張ったね、と自宅でささやかに祝杯を上げる。毎日がストレスの真下に居る。その中で集中しかつリラックスし仕上げていく。1年前の3.11以降電話が1ヶ月の間鳴る事がなかった。社会全体が死に絶えたような不気味な静けさの中で必死に回生を図った。あれから1年。良くやったね、我ながら。業績は回復し、信じていたカーブに乗った。銀行もちゃんとくっついてくれてるし、心も平安に満ちている。有難うみんな。支えてくれた皆に深い感謝を捧げます。5月の季節を楽しむ事は出来なかったけ…

コメントなし

GWは開けた

柄にも無くGW2+5連休をとってしもうた。お蔭で頭の中は金色、一昨日の逗子海岸、三浦海岸の三浦半島一巡りが祟っている。午前中は何とか頭を振りながら、図面と書類を整理していく。もう前のことが思い出せないよ。脳の中にたまった白いカルキ、害は無いけど、ざらざらじゃ。逗子があんなに高級リゾートとは知らなんだ。狭い通りを海岸目指してわんさか夏色団体が通る。アメリカ人が集団で浜で遊んでる。大きなお尻をビキニに包み、若いのにプヨプヨの異国の娘がすれ違う。まだ5月初めなのにな~、沖には100を越えるウィンドサーフィ…

コメントなし

youtube ってやつは

三井芦別の動画をyoutubeにアップしたら以下のようなコメントが表示された。「あなたの動画には、次のような著作権で保護されているコンテンツが含まれている可能性があります: ユーザーから異議のあった申し立て”Spring Sonata”, 楽曲 管理者:cccccc 」こんなのが全32動画中3件も表示された。管理者:cccccc は全て英語表記、ヨーロッパ系である。放っておくと楽曲管理者の広告が動画の横に表示されるらしい。アップと同時に表示されるのでどうやら埋め込まれたBGMのファイル名にだけ反応す…

コメントなし

芦別へ芦別へ

一人旅だ。少し早い夏休みになるか?7月15日(日曜)から17日(火曜)まで芦別に行きます。丸2日や。じっくり芦別を堪能してきます。JETSTAR便を使います。本当に飛ぶかどうかはわからへん。カードで支払った後だけど・・。一泊だと帰りに時間ばかり気になるので2泊。というより安い便を捜したらそうなっただけの話し。最安往復1万円程度で行けるのがすごいね。保険や座席のオプションつけても3千円割り増し程度。休前日は少し上がるけど、2倍前後。羽田よりも成田空港に近い我が家は特に有利じゃ。星の降る里芦別へ気軽に行…

コメントなし

夏になれば

芦別に行って来ようと思います。来年も行くことになるかも知れないのに・・何故か頼城の自分の生まれた場所に佇む自分の姿が見えました。そこはただの草むら、両親とも東京の人間で、我々兄弟だけが軌道を外れた離れ星で生まれた様にずっと思ってた。ところが親父の書いた家系図を自分で書き直していると、妙なことにお祖父さんの生まれた場所が出ていない。勿論親父はこの事は一度も喋ってない。母も全く知らなかった。googleで調べるとありましたありました。http://homepage1.nifty.com/kitabata…

コメントなし

あにばーさり~

今日は記念日だ。アニバーサリーはどこかの専売特許ではない。我らが21周年。結婚記念日じゃ。普段滅多に行く事の無い目白の結婚式場へと足を運ぶ。勿論手にはしっかりと記念日割引券が。個室を予約し母も入れて3人で昼の椿山荘へ。出てくる、出てくる。あにばーさり~、だ。うれし~。当時とても広く感じた式場の上の撮影広場がとても小さく見えた。何故じゃ?成長したの。&FILE3

コメントなし

空を飛ぶ鳥たちは

飛びながら落ちてくるのだろうか。そんな感じで、今日も訃報が届く。結婚してから20年間殆ど聞かなかったのに。この1年チョットで4人の親族を失う。ブルーだ。限りなくブルーだ。空を飛ぶ白い鳥が一羽ずつ落ちる。そのたびに空の青さが広がる。心の空虚さのように。明日も東京西部に行ってきます。消えていく一族の影を目に焼付けに。皆同じ墓所。先週ようやく親父の一周忌が終わり、一段落かと思ってたのに、また同じ墓前に行かねば・・・。…

コメントなし

毎日がyoutube

youtubeに登録したら、毎日のようにgoogleアカウントから連絡メールが届く。そのたびにyoutubeをちょっとのぞいて見る。朝になり夜になり、日々少ない睡眠時間を削りながらyoutubeで見たことの無い昔のビデオを疲れ切った脳に送り込む。吉田拓郎のつま恋コンサートを見てると長かった青春時代が少しずつ形を取り始める。ああ長かったんだ、あの時代は。そう思いながら今日もyoutube三昧。あんまり昔を見すぎて、もう自分が死んでいるんじゃないかと思う。まさかね・・・。…

コメントなし

youtubeデビュー

芦別駅前1992年6月

コメントなし

今年最初の

初詣は成田山新勝寺。3年ぶりくらいか。いつもは5日に行くので早めに行くのは不安だったけれど今年は5日とさほど混雑は変わらず。やはり3ヶ日が混雑が激しいみたい。3日に行った知人の話では進むのも大変だったみたい。成田山の本殿。中は300畳の畳敷き。運良く入れ替え時に来たので、最前列に座って、不動明王の真前で瞑想できた。さすがに屈指の霊場。目を閉じた途端に瞼の裏に銀色のスクリーン。金色のはっぴを着た龍が見えて驚いた。はっぴには誠の一文字が。きっと今年の個人的なキーワードになるでしょう。手前にある大野屋旅館…

コメントなし

今年最後の

そして最初の旅行になった、安房鴨川。3.11以来、狂いっぱなしの予定。春の東北旅行は吹っ飛び、5月の代わりの旅行も予定だけとなり夏は動く気になれず、その後の業績も思ったほど回復せず今年はもうこのまま終わるのかと思ったけれど、最後の最後にプレゼントされた旅行で行くことが出来た。鴨川グランドタワー12階の部屋。バブル期のリゾートマンションの典型。2LDKの長期滞在型の部屋。狙い定めた2日とも雲もない見事な晴天、少し寒かったけれど。部屋からの眺め。千葉の海。朝の海、波と戯れる少女。グランドタワーとグランド…

コメントなし

鳥舎物語

行ってきました、亀有に。帰宅途中の駅ですが今までこの駅で降りた記憶がない。芦別物語からリンクを貼って結構時間がたつのに一度も行った事がない。そこでかねてよりおいしそうなブログを読むだけじゃなくて味わって来ようと決めました。事務所の納会もかねて設計事務所の友人といざ「鳥舎」へ!お店も味があるけどマスターも独特の味がある。焼き鳥は期待通り。私はレバーが大好き。質と鮮度で決るので良し悪しが分かりやすい。締めにはオムソバ。野菜たっぷりのヤキソバをとろとろの卵がふんわり包む。ピーマンがダメな私は友人にそこだけ…

コメントなし

今週も終わったくん?

80kmの彼方に我が家の墓はある。北傾斜の巨大墓地。〇たま霊園。何故か親戚一同もこの場所に集まってしまった。しまったというのは、元々は存在していないバブル期造成墓地だから。東京23区の真ん中にあった墓を寺が売り飛ばしこの辺鄙な場所に移してくれた。爆風みたいに飛ばされた墓。東京人の魂もついでにどこかへ吹っ飛んだ。ここで2ヶ月を挟み一周忌が繰り返される。叔父と父と。ほぼ同じメンバーが集う。顔はにこやかでも、きっと2回目の親父の時には誰も心が苦いはず。この辺鄙な山の上墓地では。坊さんが同じなら会食まで全く…

コメントなし

ファーストトライ

ここのところ夜更かしになった。といっても午前1時程度だけれど。奥様に言わせると夜更かしには入らないらしい。寝る前にyoutubeで見た曲を聞く。最近はほぼ毎日フラワーカンパニーの深夜高速。斉藤和義から辿り付いた。http://www.youtube.com/watch?v=F1GMlhvw170&feature=relatedブルーススプリングティーンのライブ曲、ザリバーにライブの雰囲気が似てる。これを聞くと眠れなくなる。軽い興奮状態。おじさんがそんな事ありえないと思うけれど、歌ってるグループもそんなに若くない。青臭いと思わなくも無い。けれどこれだけ全身全霊をこめて歌われると引き込まれざる得ない。自分の遣り残した事、置いてきた事を痛烈に思い起こさせるからかな。youtubeの曲のコメント欄を読む。解釈は自由だろうけど、私はファーストトライの曲だと思う。自分で作った言葉だけれど、人生にはその人の全存在証明をかけた出来事がある。何年も何十年も掛かること。信じ続けて走り続けてようやく手に入る事。ファーストラブのように心高鳴る経験。その過程を歌った曲だと感じた。若い時には得られない事、20代で得られる人は稀。孤独のリンゴをかじり続けて年を経てようやく手が届く事。それなしには人生の意味はゼロだとまで感じさせてしまうこと。この人生の奥深いところはようやくファーストトライを達成してもその次も次も求めてしまうこと。だから楽しい。心の全てをかけて走る生き方は間違いじゃない。そしてそれだけでは目標には到達できない。同年代でまだ旅の途中です、という顔をした友を見ると殴りたくなる。走ることを諦めた連中がそういう顔をする。嘘をつけ、君のスタート地点はもう戻れない遠い過去だと言いたくなる。今日も聞くだろう、この曲を。そして眠りが浅くなる。次のトライを捜して心が彷徨うから。

コメントなし

4年前のあの時に

先日最初に勤めたT設計事務所のH先輩の安否が急に気になり息子さんのHPを探し出して連絡をとった。結果、4年前の9月25日にご本人の葬式が営まれていた。それも残された4人の子供たちだけで。親しい人を探し出して連絡を取るどころでは無かったのだろう。唖然、体の力が抜けていくよ。私には恩人であり、社会に出たばかりのひよっこの私を暖かく包み、会社帰りには毎日のように一緒に遊び飲んでくれた。当時は毎日が楽しくてしょうがなかった。駅に向かう自分の足が弾んでいるのが自分でも分かった。当時4年も留年してやっとプータロ…

コメントなし

髭が濃い

髭は濃いほうだ。若い頃から人に言われてああそうかな、と思っていた。自覚はあまり無かった。髭が似合うわけでもないし、どちらか言うとベビーフェイス?のせいか気にもしなかった。それが50代になって益々濃くなってくると、手触りが気になり始めた。シェーバーはずっとドイツのB社製。国産品は切れないと思い込んでいた。実際何台か試したがB社の足元にも及ばないと感じていた。回転式は外刃が厚く深剃りに向かないし、往復式ではB社の切れ味と滑らかさが一番と思い込んできた。ところが水洗いという機能が付加されてから状況が変わっ…

コメントなし

夢:岩戸の家

大きな田舎の民家が見えてきた。裏は雑木林が密生し守られている。表からみると木造の民家だが入り口が無い。いやあるにはあるのだけれど、大岩が積み重なった防御壁を超えた天井近くの隙間が入り口らしい。とに角中に入らなければ、岩をよじ登り途中ロッククライミングのようになり体が反転する。これほど危険を冒してまで入る価値があるのだろうか?疑問に思いながらも天井近くの唯一の隙間から集まった人々が囲炉裏の周りで談笑しているのが見える。もう少しだ、岩に掛かった指がはずれそうになる。眼下の岩肌がリアルに誘っているように見…

コメントなし

3.11で失ったもの

先週の3連休、さてどこか近場へ行くかいな、と腰を上げかけた。いつもの20km圏内、近場の自然公園、水辺か森林公園。ネットで何気なく事前チェック、のつもりが、あれれ大変じゃ。行くところが無いよ!柏の葉公園は0.6~1.0マイクロシーベルト。除染手付かず。21世紀が丘公園、0.5マイクロシーベルト、芝生刈り上げ除染中、来年春まで丸裸?稲毛の浜海浜公園、液状化で舗道公園共に壊滅的、ようやく修理が終わり一部復旧したものの庭園は大半が閉鎖中、大好きだったレストランも営業形態が変更、安いイタリアンになってしもう…

コメントなし

freoあきらめる

freoは文字入力が不安定になる。文字の大きさを指定しても、勝手に初期設定に戻ったりと、入力位置からして上下に半角くらいずれる。当方の設定ミスかしらん?ま、時間がかかりすぎたので諦めて元に戻す。なんのこっちゃ?このままでは飽きが来る、同じデザインはつまらない、けれどそこは自分仕様、哀しいかなサービス版のブログのようにワンタッチでデザイン変更してくれない。まず以前に入れたスキンを判別しプログラムから抜いた後に再度別のスキンを入れる。やり方間違えると記事も消える。もしくは動作がおかしくなる。ゆっくりやり…

コメントなし

freoは自由になれるか?

タイトル見てもなんのこっちゃ?と思われる方も多いのでは。このブログ自体webribertyさんのフリーCGIで構成されてます。つまり自分仕様のブログ。自分でカスタマイズし広告はゼロ、でもうまく作れない。未だにカウンターも設置できない。トライしたけど、なんのこっちゃ?と分からないことだらけ。今更CGIを勉強する気もないし、子供のようにいつもガチャガチャいじくって、うまくいかなければ放り出す、の繰り返し。直感的に使えないソフトはダメというのが持論。と言う訳で次世代自由ブログはfreoを使用する予定。やっ…

コメントなし

9月の詩

8月が終わった。父の死後、時間は別のモジュールを持った。2.11あれからもう6ヶ月が経つ。3.11まで順調だった仕事の受注は、一気に冷え込んだ。皆、自然災害の巨大な恐怖に鷲づかみにされて、自分の生活を活性化する事を忘れてしまったかのようだ。穴の中に閉じこもり、小さく震えてるみたいだった。私の小さな事務所も売り上げ前年比で4,5月が40%、6月が60%、7,8月で80%というまるで、はとバスみたいな典型的な回復基調。このまま回復しないのではと、6月には胃が壊れそうにもなった。それでも、それでも、時間は…

コメントなし

湘南引き潮

これっていつも思うけれど名曲やね。どうしてヒットしなかったのでしょう?今日も35度、熱帯地方東京の夏よ終わってくれ、お願い!加山雄三「湘南引き潮」

コメントなし

南3条

今日は5回も同じビデオを見た。これは今までちゃんと見た事が無かった。平日の深夜一人部屋にこもりcraving exploreで保存しておいた音楽ビデオを休日にゆっくり見ることにしてる。まさか繰り返し目が離せなくなるとは思いもしなかった。中島みゆき、「南3条」札幌市中央区南3条のことらしい・・。http://www.youtube.com/watch?v=i_H4ID-EP8Mアルバムが聞きたくなってamazonで注文した。札幌の風景が見えてくるだろうか。…

コメントなし

冬 常磐線 富士山

常磐線でもくっきしと富士山が眼前に浮き上がるスポットがある。上野方面、松戸駅を過ぎて江戸川を渡る橋の直前、千代田線との交差するトンネルを抜けて直ぐに進行方向左側に、三角形の美しい姿がふわりと浮き上がる事がある。川向こう、ビル数棟分の大きさ、距離からするともっと小さく見えそうなものだけれど意外と大きく、東京都富士山という雰囲気で聳えている。空気がきれいで、澄み渡った冬の日が見える確立が高い。今の時期はまず見られない。富士山大好き人間の奥様も未だ見たこと無い、とぼやく。これが見えたらきっと今日も美しい日…

コメントなし

親父の帰還

夢)親父の帰還事務所にいる。玄関のところで親父の声が聞こえた。いま帰ったよ。低い声だ。玄関の辺りを見ても、照明が付いていなくて暗い。ぼんやりと親父のシルエットが見える。夜勤帰りかな?とぼんやり考える。そのうち事務員の女が来て屋上に来てくれと言う。ついて行くと屋上の一画が大きな水溜りになっている。下に水漏れがして大変なんです。と女は言う。親父と私はさほど関心もなく聞いている。その後、親父は部屋に戻り、隣の部屋で一人着替え始めた。もういかなくちゃ。夕食がどうこう言っている。着替えているらしいのだが照明が…

コメントなし

メールチェッカー

みなさんはメールチェッカー何を使ってますか?私はいろいろと試したけれど、メインのソフトに影響があったりで、なかなか決定版が出なかった。ここ数年はEz-メールチェッカーというのを使っている。シンプルで軽いので、他のソフトと干渉しない。仕事上のメインチェックはこれにお任せである。しかし最近困った事になった。自宅のPCにも同じソフトを導入し、OUTLOOKで一度見たメールはメールサーバー側にコピーを残す設定にしたら、あれれ、ソフト側の既読メールは表示しない、にチェックを入れても毎回既読メールが全部表示され…

コメントなし

大震災9

フクシマで胃痛が止まらない。先週1週間胃の痛みが止まらなかった。確か深夜のフクシマ原発のライブカメラを見てから。もうもうと噴きあがる白煙、何じゃこれ。マスコミの発表は皆無。心配は募り、ついにダウン寸前。仕方なく周囲に押されて近所のJ医科大学へ胃の診察を頼む。胃カメラも12年ぶりに飲み、結果何事もなし。線上の表層胃炎の痕跡のみ。これですっかりうれしくなった単純猫の私。今朝方フクシマの汚染水の夢を見た。地表に並ぶ深いプールがふたつ。一方は高濃度汚染水、他方は皆が飲む水道飲料水、どちらも透明で区別が付かな…

コメントなし

大震災8

放射能は今日も降り続いている。寿命を確実に縮めてくれるよ。国が発表している全国の放射能測定値は今では全く役に立たない値であることが分かってきた。関東でも部分的に放射能値が高いHOTSPOTが指摘されている。//takedanet.com/2011/05/post_5c55.html千葉県柏市、流山市、松戸市、三郷市、葛飾区金町、亀有付近だ。全部常磐線沿線だ。そう私が住んでいる場所じゃ。毎晩、毎週末を過ごす慰安の場所が・・。千葉県市原市の地上7mの測定値とは地表の値で約10倍も異なる。早い時期から柏市…

コメントなし

大震災7

仮住まいの輪が広がっている。有名なのはなんといっても赤坂プリンスだ。丹下健三が最も好きだったと言われる建築だ。若かった私も大好きな建築の一つだ。見ていて何よりも力をもらえる。その最後のご奉公じゃね。今は安心してプライバシーが守られる住まいだ。段ボールで区画して、体育館の避難者のプライバシーを守ろうという動きもある。当初は有効だが、いつまでもそれに頼るわけにはいかない。本格的な住まいが必要だ。それも出来るだけ長期の。以下が建築家が協力するサイトです。http://www.karizumai.jp/一部…

コメントなし

大震災6

夢を見る。一昨日の夢は、福島に向かおうとしてメンバーを集め、物資を積み、ようやく出発かと思われたときにガソリンが足りない。片道分だけだ。帰れない、それでも行くかと腹をくくろうとしていた時に目が醒めた。余りの胃痛のために。明け方近くの4時に起きて胃薬を飲む。しばらくは痛みで眠れなかった。昨日の夢では、誰かがもう終わった、最悪の危機は終わったのだと皆に告げていた。そう、何時までもいつまでも、心配ばかりしていられない。いつかどこかで区切りをつけて前に踏み出さねばならない。その時が来ている。原発は何時果てる…

コメントなし

大震災5

そろそろ東京23区も計画停電に組み込まれる。もう少し暖かくなってからだろうけど。仕事中に停電は堪らない。バッテリー駆動のPCとインターネットが必要だ。ネットで調べていつもの日本HPの製品を選ぶ。少し古めのモデル。XPじゃなけりゃいやなのだ。頭の中もXP?だから。電源不要のネットはWIMAXかな?これまたいつものniftyから検討中。面倒くさいけれど、今やっておかねば後で苦労する。ノートPCは人のを選んであげて、しばらく私が使わせてもらった時期が昔あったけれど、モバイルインターネットの通信速度が遅すぎ…

コメントなし

大震災4

あっと言う間に来てしまった。放射性ヨウ素による水道水の汚染が。今は乳幼児が飲めないレベルだが大人が摂取できなくなるレベルがすぐそこだ。ここまで来るのかい。という気持ち。今頃ペットボトルのミネラル水を求めても手遅れ。既に店舗では販売規制に入った。ネット社会ではあっという間に情報が伝わる。恐ろしいほどだ。これからは水だけではなくあらゆる飲料が売り切れるのだろう。千葉の自宅の水道も汚染されてるのだろうな。今朝も数回大きな余震があった。夜は3時間も停電だ。気分重い、重すぎる。仕事になりゃしない。でもやるのだ…

コメントなし

大震災3

もういい加減うんざりしてきた。テレビやラヂオ、ネットから流れる「頑張ろう」の掛け声。傷つき足の骨が折れた人に向かって、さあ立ち上がれ、歩くんだと叫び続けるようなものだ。その人に必要なものは充分な休息と安心、治癒の為の滋養。掛け声は傷が治ってから本人の沸き起こる意志を待てばよい。少しは控えんかい。大声を出してばかりでは聞いてる方も疲れるばかり。もっと静かでも確かな大人の対応があってしかるべきだ。関東では梅が咲き始めている。その花を見ると心の奥に確かな温もりを感じる。声には出さなくても自然の復活の法則が…

コメントなし

今日春分の日は

今日という日は特別な日だ。我々の結婚20周年記念、陶磁器婚なのだ。はでにやろうぜ、と張り切っていたけど、これじゃね。親父の法要も終わってないし。自粛か。それ以前に、電力節電で百貨店のレストランが夜営業していない。仕方なしに近所の馴染みのホテルでささやかに食事会。一人暮らしですっかり寂しくなった母も呼んで一緒に。白く泡立つワインの向うに未来は見えるのだろうか。安心して眠れる日は何時来るのだろうか。…

コメントなし

大震災2

頑張れ東京消防庁のハイパーレスキュー隊。原子炉を冷やすのだ。希望の光。今日もあまり眠れずに朝を迎える。椅子に座ると、自分の体が勝手に揺れを感じ始める。震える空気の中でラヂオから流れてくるこの歌に思わず聞き入る。「山下達郎 希望という名の光」http://www.youtube.com/watch?v=DmUGMHCjukc…

コメントなし

大震災

3月11日、父の命日からぴったり1ヵ月後にそれは起こった。あまりに苛烈を極め、詳細を書くことも出来ない。今一番心配なのは原発による2次災害だ。放射能汚染を恐れて東京を離れる人たちを駅で見かける。逃げるのは自由だ。でも何とかなるはず、という希望を捨ててはならない。決して。もうダメだからと皆が諦めたら、その通りになる。諦めなければ、最悪でも最小の被害で済む。この事は経験上いやというほど知っている。必ず何とかなる、そうしなければならない。昨日は奥さんと二人で近所の両大師に行き、原発の真上に滝が出現し、轟々…

コメントなし

今日も雪だ

今年3回目の雪が降る。道も屋根も白く覆われている。また誰かが亡くなったのではと怖くなる。思い当たる節がある。そうでない事を祈りながら、眠りに沈みたい気持ちを押さえ込んでみる。…

コメントなし

雪の日にサヨナラ

昨晩、父の葬儀の帰り道、関東は今シーズン初の大雪となった。降る事はあっても積もることのない、関東の雪がついに積もった。親父さん、随分と印象的なお別れにしてくれたね。1921年12月12日に生まれ、2011年2月11日に死去。享年89歳。建国記念日に亡くなり、バレンタインデーに葬儀。どちらも大雪。昨日父とのお別れの4日間が終わり自宅に戻った途端にものすごい胃痛に襲われ身動きできなくなる。やっとこさ大雪の中、タイヤが滑りそうなタクシーに乗り救急病院へ行く。そこは父が最初に入院した病院だ。またしてもやって…

コメントなし

親父の旅の終わり

朝の5時に不安を乗せた電話の音が鳴る。6時病院に駆けつける。繭の抜け殻のようになった父の姿。もう魂はない。天井を見渡し捜す。隅のところに僅かに痕跡。さっきまでいたんだね。7時には契約していた葬儀社が迎えに来る。早いものだ。一緒に車に乗せてもらう。外は雪、雪、雪。北海道の匂いだ。連休の初日、私に一番ダメージの少ない日を選んでくれたみたい。人は干潮とともに去る。親父の亡くなったのは丁度その時間みたいだ。さよなら。死はそんなに遠いものではないよ。…

コメントなし

あ、全然

今年になって何もHP更新していない。何しろ初詣の予定からして電話で狂い新年初日から役所調査と相成った。明治神宮に着いたのはもう夜。閉門されてるかしらん、と思いつつもまだ1時間残っていた。ゆっくりとお汁粉を食べるでもなく、慌しく外に出ようとすると、夕闇の中、これから入ろうとする若者たちが入り口で阻止されている。そしてもう2月だ。日曜日だけが休日。仕事が豊富なのはうれしいのだが、ここらで休息したい。明日は久々に休むのだ。土曜日に休む、事業者は普通考えない・・はずだ。でも一日くらいは休むぞ。ニャー、犬のよ…

コメントなし

崩れる世代

子供の頃建築を目指した。丹下健三の建築を見たから。そのとき全身を走り抜けた雷は手足を震わせ、夕日の影の中に熱い未来の自分を見た。あれはまだ11歳の頃。少年は何も疑わずに夢を追う事に決めた。大学の建築学科に入り、無謀だと言われながらも建築事務所に入り、いくつもの経験を積み、予め決めていた40歳を前に独立した。あれから20年が過ぎようとしている。気がついたら周りに建築をやってる人間がいなくなった。たった一人で波打ち寄せる孤島に浮かんでいた。まるで島そのものだ。硬い岩で出来た不屈の島だ。そして恐ろしいほど…

コメントなし

親父の夢の旅は続く

親父が入院している。今の病院は9月26日に入院だからもう2ヶ月だ。その前にも別の病院で2ヶ月。3ヶ月毎に転院しなければならないので、年末年始は忙しくなる。病名が無い、病気ではなく老衰のみという珍しいパターン。多分親父の系統は体が丈夫なのだろう。寝てばかりいる。やせ細った体。顔は別人のように変わった。頭だけはぼけても元気だ。入院したての頃は、虐げられた犬のように全ての人に噛み付いていた。今ではすっかり居心地よくなりのどを鳴らしておねだりしている。きっと人の中に居る事が温かく気持ちよいものだと今頃気付い…

コメントなし

大人の旅、西伊豆へ

夜中に到着した最初の宿から見た朝の多々戸浜。小さなテラス庭がついてる。朝起きたら、突然目の前が砂浜!これをやって見たかった。多々戸浜から見上げる宿泊した宿、この反対側、西側には入田浜がある翌日の宿は西伊豆の銀水、東伊豆の銀水より立地は抜群によい。ここは当然ながら沈む夕日が売り。雲ひとつ無い抜群の天候の中、沈む夕陽を見ながらのワインがつく。でもわたしゃそれどころではな~い。ここで発熱し38.5度、布団の中で夕陽を見上げる。でも負けずに旅行を強行する。銀水の石ころのプライベートビーチ、建物のはるか下にあ…

コメントなし

う~

この2週間は物凄い事になった。2週間前、旅行先のは露天風呂ではしゃぎすぎて、60段の階段を登り山頂に裸で登った。星を見ながらう~、願い事一つ。一番になること、いつもそればかり。降りるときも60段、体は冷え切り、う~、もういや。翌日、美しい海岸線を見ながら、風邪に沈んだ。38度5分、やられた。う~。風邪などこの2年間引いた事もなかったのに。残りの日程を根性で完走し、奥様を喜ばせ、帰ってから倒れた。それで1週間が過ぎた。…

コメントなし

久々の

関東はお天気。ここのところじめじめ、台風だったけれどようやく秋らしいお天気だ。こんな時に旅行に行く人はいいな~といつもなら思うが今回は行くのは私だ!ニャー。日頃働きすぎなので、ゆったりと温泉に浸かってきまする。晴れた日に旅行に行くと、その後の会社の運勢も良いのだ。これ今までの教訓。ニャー。…

コメントなし

夢:私の腕を掴むのは誰

実家の昔の自分の部屋にいる。もう誰もいない、この部屋は自由に使おう。そう思って、とりあえずベッドに横になろうと窓のカーテンを閉めた。体を回転させてベッドに向かおうとすると、誰かが私の左手ひじの辺りをぐっと掴んだ。誰だ、誰何するが何も見えない、透明の手だけがリアルな実体を伴っている。意外に強い力だ。右手で掴む腕の周囲を払うが何も手に触れない。透明な幽霊と格闘している。———————————————-この腕は入院中の父だ。昨日見舞いに行った時に…

コメントなし

ntoskrnl.exeが壊れてPCが起動しない

祝日に連続出勤して仕事を片付け、やれやれと朝PCを起動しようとしたら、あな恐ろしやPCが起動しません。SYSTEM32の下にあるntoskrnl.exeが壊れているというメッセージが出る。いろいろネットで調べると、メモ帳で開いて中味を修理すればよいとある。でも開いて中味を見てもどこもおかしくない。壊れてないのかなと思うが、あとで知るのだがこのntoskrnl.exeファイルやたらと大きいのだ。2MB以上ある。メモ帳で見られたのはほんの一部だけだった。1)早速メーカーであるHPのサービスに電話して教え…

コメントなし

夢:石炭の山に捕らわれて

目の前にトラックから吐き出された石炭がゴロゴロと岩のように落ちてくる。見ると、周囲は石炭の山だ。10m以上積まれた黒い山の谷間にいる。逃げ道が無い。天井がついている。巨大石炭庫だ。相棒が一人いる。まだ小さな男の子だ。二人で手分けして逃げ道を探すが見つからない。端を削っていた男の子が声を上げる。小さな裂け目が出来た、と。そこから僅かに外の廊下のような部分が上に見える。白い熊が横切った。ぞっとするが続いておばあさんの顔が見える。私の傘を返しておくれ。そう言ってる。なんじゃこのばあさん、と思い周囲を見ると…

コメントなし

いつの日か

恒例の夏よさらば、を毎日祈願している。暑すぎて、体が驚きすぎてる。知らない、体験したことの無い暑さだ。早く行ってしまえ、とYouTubeを見る。今年の夏はひたすら矢沢永吉だ。こんなに名曲を持ってる人とは知らなかった。くめども尽きないのだ、HaHa。お薦めは・・・夏の終わりひき潮棕櫚の影に最後に、いつの日か、そしてチャイナタウン・・・。今日も気分は最高じゃ。…

コメントなし

アカデミー!

ようやっと学会の会員になりました。といっても別の会員に推薦してもらうだけ。会員証が届くまで時間があるので、無いままでさっさと図書館を利用させてもらった。金曜日の昼間なのにガ~ラガラ、係員2名、利用客2名、検索用PCは使い放題、検索しては所定の書架に行き本の内容を確認。これを10回以上繰り返す。気分はもう常連の会員。昔々、その昔、学生だった頃アカデミーの塊のようなこの場所においそれと足を運ぼうなどとは想像も出来なかった。恐れ多い場所だったのだ、当時の図書館は。今じゃネット全盛、中味の無いネットが巾を利…

コメントなし

早く治るベアー

先日、お見舞いに行ってきた。そしてベッドのテーブルにぬいぐるみを一つ置いてきた。早く治るベアーと名づけられたこのぬいぐるみ。祈りと希望をたっぷりつめておいてきた。その後、他の患者さんたちの間で話題になり、小さなファンクラブもどきが出来たと聞いた。小さいけれど、思いはたっぷり、必ず良くなるベアー。…

コメントなし

油谷のこと

芦別市のHさんから電話が来る。「蟻さんが亡くなったって、知ってた。」そう言われて、蟻さんとはメールでしかやり取りしたことがなかった事に気付いた。電話で声さえ聞いていなかった。ジンギスカンを半ダースも戴いておいてお返しもしていない自分に気付く。芦別にどっぷりと浸かりながら、芦別とは距離を置いていた。親しくなりすぎる事を拒否し、自分のサイトの奥に居座ろうとする人がいると追い出した。足は海の中なのに頭は雲の上、そんな感じで今までやってきた。ここは現実ではない。実際に故郷芦別の縁で人に会うと、イメージが自分…

コメントなし

テレビドラマ

そういえば、亀有の焼き鳥やさんを芦別のリンクに放り込んでしもうた。私だけが知っている??彼の故郷を。今度亀有で途中下車して、あの写真のおいしそうな焼き鳥が食べてみたい。彼のブログにTVドラマ「マザー」のことが書いてあった。今唯一の連続して見ているドラマじゃ。ああ、あの小さい子の言葉にうるうるする中年男は私だけでなかったらしい・・安心。…

コメントなし

今週末は一人だ

もう帰ろう。奥様は今週末は八王子の実家に帰る。両親の体調が優れないのだ。今晩何を食べようか・・。もうジンギスカンも食べ飽きたし。友人のやってるレストランは遠く感じて、しばらく行ってないし。一人で外食もなんだかな~~。やっぱいつものT島屋で買い物しますか。…

コメントなし

花粉症が消えた

最近しばらく投稿していない。理由?暇無し、である。無意識下にいる山賊たちがとってくれる仕事により大忙しである。自分ひとりではどうしようもない事でも心の奥の住人に依頼しておけば多くの事がかなう。世の中では花粉アレルギーがピークのはず。私はすっかり忘れていた。近所の人の大きなマスクを見て、あれ?そういえばいつもの私はどうしたのだろう?と思った。そう、すっかり自分がアレルギーだったことも忘れ果てたのだ。息をするのも苦しいくらい、肺の空気が不足し、脳への血液も足りない。陸に上がった金魚状態になってたはず。ど…

コメントなし

不動産バブルは

確か丁度2年前に爆発し、昨年余波で破綻する企業が続出。もう終わったと思っていた不動産バブル崩壊。今朝の新聞でanabukiの破綻を知る。2年前のあの時に他社が一斉に手を引き、凍結し一転売りに転じた時に、数少なく買いに走った企業だ。設計施工おまけに販売までする一貫企業なのでコンタクトはとらなかった。優良企業と自ら謳っていた。他社がすっかり整理されて中堅企業の多くが消滅し、生まれ変わりさあこれからだ、と言ってる矢先に、やっぱり逆向きに走ってしまった。ほんの一部の中堅ではマンションの新規開発を再開している…

コメントなし

休みなさいと誰かが言った

久々の連休、たまには2日続けて休むのもいい。先週は日曜日も仕事だったのだ。と思って、初日の21日は料理も簡単におでんと決める。いつものスーパーでの買い物から戻り、夕方までの時間を読みかけで残りわずかの「深海のイール」を読んで過ごす。気分はいいはずなのが、この作家は雰囲気が暗い、科学用語やたら多くて難解、なのに大向うを張り派手なのだ。きっと映画化を最初から目論んでいる。とに角大好きな主人公ヨハンセンがファイナーレを待たずにあっさり爆死、その後も愛すべき科学者が同じチーム内の軍に大量虐殺。その軍隊の空母…

コメントなし

墓参りにて

奥様の祖母の墓参りに行ってきた。祖母は約30年前に亡くなっている。だから私は会った事が無い。2枚の写真で見ただけだ。でも奥様は祖母が大好きだった。だから私も命日には一緒に墓参りに行く。午前中、現場の定例会議。会議終了後は墓前掃除で汚れてもいい格好なのでそのまま西武線に乗り込み祖母の墓参りを目指す。低い太陽が優しく迎えてくれる。がっしりした御影石の墓前、手を合わせ、夕日を避けるように目をつむる。ビジョンがスタートする。オレンジ色の夕日の残像が、まぶたの裏を移動し、2つに分かれた。そのまま音が聞こえてく…

コメントなし

同窓会

昨日、中学校の同窓会に出た。先月は高校のそれだった。千代田区立練成中学校、東京都立九段高等学校。どちらも今は無い。消えた卒業校だ。小学校は2つも無くなった。卒業校で今もあるのは大学くらいか?同窓会はやはり高校より中学の方がリラックス出来る。大人になっていないほどいいのかな?小学校は全く出た事が無いけれど・・。最近、甲斐バンドの「ブルーレター」をずっと聞いている。http://www.youtube.com/watch?v=bUZR5Ht7sn4&feature=related昨日の同窓会の会場でも頭の中で流れ続けていた。時代は余りにも厳しいけれど、心は慰安を求めて彷徨っているようだ。40年以上も前に心ときめかせた人に会い、話をし、別れ、忘れようとする。少しくらい昔に浸っていてもいいんじゃない?そう思うけれど、明日はもう戦いの日々・・。でもまあいいや、心流れるままに温かいぬくもりに浸らせておく。眠れない夜、たまにはいい。結婚している身としてはもうロマンスはない。未来には無い・・。けれど過去の幻には戻れる。中年を過ぎて、事業欲と名誉欲、金銭欲に支配されている。名誉だけは多少満たせた。多くを犠牲にして得たものだ。あとは志半ば、時代に阻まれ、それを認める自分が嫌で判断を先送りし続ける。そして心は別の波に押し流され続ける。ブルーレター涙の粒で綴ったような・・・、何とセンチな夜なのだろう。きっと秋の終わりのせいだ。そういうことにしといてくれ。

コメントなし

小指の先が!

あまり気分のよいことではないので、詳しく書かない。3週間前の日曜日、いつものように料理中。今日はハヤシライスだ。とばかりに玉ねぎを切る。1個目軽いかるい。2個目、ふと考え事をした。心が離れた。その直後、悲鳴を上げた。奥様が飛んできた。おろおろする。急いで絆創膏を貼ろうとするが血で滑りうまくいかない。心を集中して自分の右手一本で包帯をくるくる撒きつけていく。奥様には救急車を指示。早く来てよね。根元を固く縛る。これで少し落ち着く。短パンだったので着替えようと奮闘し始めると、奥様から怒られた。救急車が下に…

コメントなし

光る河

夢を見た。原っぱに寝そべっている。うとうとしている内に目が醒める。ここが河の近くだったことを思い出す。首だけ起こして遠くを見ると、かすかに川面が見えている。随分遠くだな、そう思っているうちにまた眠った。次に目覚めた時には、何と川が近くになっていた。こんな事があるのか?と思いつつもまた眠った。子供達の声で目覚める。3度目。何と川原で寝ていた。周りでは家族連れが楽しそうに遊び、遠い反対側の川岸にも人が集まっている。こりゃ起きなきゃ。体を起こし川に向かって歩く。水際で体を浮かせる。体が軽くなり3m位浮き上…

コメントなし

8mmビデオデッキ

昨日8mmビデオデッキの動作をチェックしてみた。人から頼まれた8mmビデオテープを再生する必要が生じたから。でも電源スイッチも他のスイッチも全く動かない。テープを入れるとかろうじて巻き取ろうとするのだけれど完結しない。蓋を外して何度もチェックするがダメ。4年位前にヤフーのオークションで購入。それ以前に撮り貯めたテープをダビングする為だった。もう今ではヤフーでも殆ど完全に動くデッキは出ていない。8mmビデオを撮った当時のビデオカメラは15年前に2台とも壊れたまま。あとはもうダビングサービスに頼むしかな…

コメントなし

ストレスで胃が痛い

先日、現場定例会議に出席する為、千葉県の現場へと向かった。その前から胃がチリチリと痛み出した。上野駅から電車に乗った頃には最高潮。平日昼間の車内は空いており楽々座れた。けれど私の胃は痙攣を起こし、脂汗がたらたらと流れる。ミニタオルが手放せない。電車は走る、現場は近づく。胃痙攣はひどくなる。必死に暗示を掛けて体をリラックスさせ、自分はこんなものにはびくともしない大きな存在である事を思い出させる。数パーセントしか効果なし。こりゃ救急車か?とも思った。やっとこさ電車が目的地に着いた時にはもう体を折ってしか…

コメントなし

上野のレトロな床屋さん

最近良く行く床屋さん。思いっきり昭和でレトロな雰囲気。それだけでも一度は入る価値がある。ご近所なので気分転換も兼ねて上野の山をおっちらこと降りていく。その名は齋藤理容館。上野郵便局並びにある。建物年齢は軽く50歳超、木造2階建て。店の中はこんな感じ。半世紀以上前に制作されたイスが皮艶も良く現役で並ぶ。でもこれだけなら、何度も通わない。この店の最大の売りはご主人の技術にある。髪が薄くなった我ら中年。一番気になるのは髪が乱れた時の格好悪さだ。惨めな濡れた犬のような髪にだけはなりたくない。若い時のように乱…

コメントなし

8月になれば

毎年8月が来る頃にはいつも夏の終わりの歌を捜す。暑い季節が嫌いだから。さっさと終わって欲しい。それで夏にサヨナラの歌を毎日口ずさむ。今年は日経新聞の私の履歴書で連載されていた影響で加山雄三に決まり。光進丸で検索してたらものすごく気に入った曲に出会えた。それが「湘南ひき潮」http://video.aol.co.uk/video-detail/-/1477753400もう毎日聞いて(見て?)ます!…

コメントなし

暑すぎる

今日の天気はなんじゃらほい。外を歩くと即、猫のドラヤキが出来上がってしまう。アスファルトはまるで真夏の海の砂。照り返し、あぶり出し、芯から蒸しあがる。ほい、中身はあんこ、じゃなくて・・・。…

コメントなし

kashiwa祭り

今日から2日間地元かしわ市のお祭り。ところが今晩は隅田川の花火大会でもあるらしい。今このとき、上野公園にいる私はどちらに行けばよい??このビルの屋上に上れば、隅田川側の棟屋越しに半分ずつ花火が見える。7~8年前まではビール片手に見てたけど、今じゃ新しく建ったマンション群のせいでかなり見えにくくなった。すると、かしわ市の方か?夕方から始まるホテル前ジャズフェスは私の定位置があった。何せ自宅から近い。ここも低予算らしく、毎年同じ演奏メンバー、高齢化、見る人だけ増えて今では定位置確保は難しい。ならばケイホ…

コメントなし

ああ手賀沼の花火大会

今年の花火大会はそれは楽しみにしていた。何故って、手賀沼周辺の花火大会を真正面で見ることの出来る場所。傾斜地に建つマンション。そこは私の今年の監理現場だから。悪くても誰かご招待してくれる、そう期待して止まなかった。でも、ああ、でも今年に限って中止である。過去20年間で始めての中止。どうした、柏の雄達よ!お世話になったサンキョーfrontieer、トリを飾るはずが・・・。あのナイアガラが・・、ガラガラと崩れ、親父ギャグか。来年は私はその場所にいないのだ。花火が絶景のあの屋上プレイロットにはもう立てない…

コメントなし

コーポラティブセミナー

久々にコーポラティブ関連のセミナーに行ってきた。場所は神田にあるとしまち研。40名近く集まり盛況。何故ここで足踏みしているのだろう、それすらも良く分からなくなっている。どれ位の長い月日があれから経っているのか、あの時に何をして何を目指していたのか、良く思い出せないでいた。それが理事長の杉山さんの人懐っこい笑顔を見たら、氷が徐々に解けていくように思い出し始めた。あの夏の暑い日々。汗で濡れたシャツを着たまま歩き廻り多くのことをした事。とにかくきっかけが欲しくて、しゃにむに進もうとした事。でもその時は誰も…

コメントなし

ふじさ~ん♪

と言う訳で富士山を見に行って来ました。曇りの梅雨空を抱きかかえたまま、山中湖入り。そこから送迎バスで山の上へ。う~むやっぱし曇ってる・・。古い古いホテル。その名もマウントフジ。山中湖唯一の正統派ホテル。最近改装したばかりのようだけど、サナトリウムのような外観。排水管が縦に血管のように走る。むむむ。当然富士は見えず、雲の中。仕方なく心の中で得意のバズーカを取り出し、富士に向けて特大のエネルギーを発射。到着してから待つ事しばし。私は眠くなりお昼寝。奥様は庭に出てひたすら富士のお姿が見えるのを待つ。やがて…

コメントなし

やさしくなれない

疲労困憊、働きすぎ。新記録樹立の忙しさ。忙しい事は大変よいことじゃ。でもちと疲れてる。夏が近い、風が告げても心躍らない。寝違えた首が痛く、ひどく怒気をはらんでいる。行く手の道端に寝そべるラプラドルにも怒り、舗道を塞ぐ配送トラックの荷物にうんざりし、タクシーが横断歩道上にあろうものならドアを叩いて移動させる。ああどれも「行く手さえぎる」がキーワードだ。自分以外のものはコントロール出来ないのは分かっている。それでも自分の前を空けておきたい。誰にも邪魔はさせないってか?自分勝手で幼稚な私が前面に出ている。…

コメントなし

管理建築士

土曜日の今日も仕事だ。ハイペースで続けている。少し疲労している。一気に増加したので堪らずに応援を頼んだ。それでも今月は日曜日以外は休みがとれない。今までとは少し違うパターンだけど、成果品がどんどん積み上がって行くのは我ながら見ていても楽しい。先週、管理建築士の試験講習を受けてきた。丸一日の缶詰状態。6時間に及ぶ講習の後に、99%が合格する意味の無い試験が行われた。60分の持ち時間で最初の10分で終えてしまった。残りはひたすら眠った。硬い椅子の上で猫のように。今までは管理建築士は資格制ではなかった。一…

コメントなし

不良債権回収終了!

争いごとが終了した。これで3度目だ。普通の人なら一生に一度も無いのだろう。しかし会社としては争わなければならない時がある。ましてや、相手が勝手に建設を中止しておいて、設計監理報酬の残金を払わないのであれば。終わったのだけれどすっきりしない。徒労、という言葉が体全体にのしかかる。勝つには勝ったけれど、かろうじて、という感じ。作戦もまずかった。量と力だけで一気に押せるはずが、逆に責められた。なんで?反省の日々。憎しみと怒りのパワーを駆り立てなければ裁判には勝てない。でもそれは自己を傷つけ、日々を引き裂き…

コメントなし

お昼が・・・

昨日は夜の10時過ぎまで残業。休日なのになあと思いつつも、帰宅してからも深夜まで仕事。朦朧としたまま朝出かけようとする。奥様の昼のサンドウィッチがあるわよ、との言葉に机の上の袋を掴みカバンに放り込む。ちょっと硬いな、と思いつつも。玄関を出て、光の中を眩しげにマンションの階段下までおりる、と奥様の声が上方から響き渡る。忘れ物!って言ってる。あわてて受け取りに戻る。昼のサンドウィッチだ!えっ、じゃあこのカバンに入ってるのは開けて見たら、包みに入ったコーヒー茶碗。硬いはずじゃ。目が醒めた。慌てものの私め。…

コメントなし

風と湖と猫

先週末と今週初め、とある湖(実際は大きな沼)の畔に一日中いた。マンションの改修工事といってしまえば実も蓋もないが・・。平地の3倍の風が常に吹いている。雨が強い日には風と共に下から雨粒が吹き上がってくるらしい。現場にいて次々と来る業者を案内し工事の説明をする。2日間で11人を案内した。結構楽しいものだ。新築ならば事務所にいて、図面を渡して終わり。でも改修工事では事細かに解説して上げなければならない。風に吹かれ、光にまとわり付かれ、猫の視線に遊ばれ、自分が何処にいるのか分からなくなる。黒く大きな豹のよう…

コメントなし

土地情報は夢の架け橋?

一昨日、昨日と連続して土地情報持込を行った。これは有力な土地に対して、未だ元気なディベロッパーに買わないかと持ちかける事。こちらへの見返りは設計契約というパターン。某破綻寸前のディベロッパー所有物件だ。既に監理ポストに入っている。価格は1/3。驚く無かれたったの、である。捨て値でも良い、少しでも債権回収したいという債権者の思惑。小金、中金持ちでも買える値段。それも都心の一等地。2割3割引きセールではない。なんという時代だろう。ちなみに私の努力は徒労に終わりそう。さっさと本業に戻りましょう。一昨日もの…

コメントなし

今月は

何とか2日目の休みが取れそうだ。ほぼ理想的に今年は突っ走っている。殆ど休みが無いのだから・・。普通の3倍のスピード。新記録続出。いい事なのかどうかもう分からなくなった。設計業界も不動産業、建設業も壊滅的打撃だ。その殆どの要因は総合不動産業にある。もう死屍累々だからあえて死者の悪口もないのだが、倒れる前に一言謝ってからにしろ、と言いたい。従来の業態を続けようとすると、時間の裂け目に落ちる。異次元へと移るしかない。そう、マネージメントという次元へ。考え方を変えると、やり方は無限だ。でも頭を使わないと何一…

コメントなし

松尾のジンギスカン

ついに戴きました!松尾のジンギスカン。蟻さん有難うございます。食べてみて分かった事。多分初めて食べた。この繊細さはほかとは違う。筋を丁寧に取り除いた肉の小片。鍋にのっそりと寝そべる長く大きな肉片ではない。上品かつ柔らかい。袋を開けると、ぷんと匂うたまねぎの香り。これはないぜ、他では。ひたすら食べました。野菜といためて。やっぱもやしが一番みたい。キャベツも入れてみたけどイマイチ。量が多くて1袋で二人分ある。柔らかめのヤキソバを入れて、ジンギスカンやきそばも3回食べた。私にとって懐かしい味、ではなくて新…

コメントなし

影との旅

夢)影との旅夜行列車に乗っている。今晩中に目的地にたどり着こうと無理して飛び乗った。無理だと私が言うのに、もう一人の男は大丈夫と言ってきかない。少し背が低くがっしりしている。私よりもはるかに楽天的だ。行き当たりばったりで何でも決めてしまい、即座に行動を起こす。全く対照的な二人だ。汽車は月が照らす中を突っ走る。中国の古い都のような風景。木はあまりなく、ごつごつした岩肌が古い建物と合っている。どこへ向かうかも聞き忘れた。途中のこの辺りという駅で降りる。もし深夜までに目的地にたどり着けないと、赤い顔の悪鬼…

コメントなし

ジンギスカンやきそば

ここのところ奥様が出かけていない休日の夕食にジンギスカンが続いている。ある方に教えられて、一人なのにしっかりと小ぶりの鉄鍋を出した。これを小型コンロにのせ、たっぷり予熱した上で油を引いて肉をほうり込む。ジュワッツ!その瞬間半径2mで油が飛び散り一瞬でメガネが白く曇った。むっ、これしきのこと、野菜を続いて投入。肉を返す、野菜をまぜる。ビールを注ぐ。焼けたら小皿にとる。食べる。また肉を鉄鍋に足す。野菜をたす。ビールを飲む。と大忙しのまま、気付くと残り少ないフィナーレが近ずく。やれやれよく一人で一袋食べる…

コメントなし

今日という日は

暇だった。1日。今年に入って初めて暇だった。回復しきれないほど疲労していたから丁度いい、とも言える。でも走り続けてきたから、休むのは勿体無い気もする。走っていたい。考える暇も無いほど走っていたい。去年まではそんな事が可能とは思わなかった。今年に入って、本当に余計な心配をする暇も無いくらい忙しくしていた。思っている通りになる事とならない事がある。少しだけ休めた南の宿の写真の続きです。宿の女性はお姫様ベッドって言ってた。なんじゃそれ??あこがれの戸建て感覚。この階段を下りると、ちいさな磯と浜が・・・。西…

コメントなし

お仕事出張

行ってきました。お仕事で。気温23度、半そでOK、体温の調節がうまく出来ませんでした。当然お仕事ですからやはり仕事ですからたった1日で心はすっかり自然のリズムを取り戻しました。あくまでお仕事ですから。のんびりとは・・いきました。殆ど一人旅でしたが、行く先々で大変親切にされてうれし~。美しい自然に、顔は普段のドーベルマン系からレトリーバー系に変わってたのでしょう。誰もいなかったカンナビーチと今回のスポンサー様にも大感謝。…

コメントなし

今日もジンギスカン

今晩も一人だ。奥様が実家に帰ってしもうた。母上の健康状態がすぐれない為だ。かくて今夜も一人で夕食。富良野のジンギスカン。最近では地元K市でも売ってる店が減りつつある。一時はデパート地下も含めて3箇所はあったのに。野菜を何にするかが悩む。一袋全部をフライパンにあけて一気に炒める。前回ちと固めで歯ごたえありすぎだったので今回は柔らかそうな奴を選ぶ。前回は火を通しすぎたかな?実は北海道では食べた記憶が無い。関東に来てから盛んに食すようになった。鯨肉も学生時代は大食いした。近所の魚屋さんで売っていた。生食用…

コメントなし

第2創業期

今日もまた、dia建設の倒産。建設と名がついても立派なディベロッパー。かつては土地の入札で熾烈な戦いを演じ、やっとこさこちとらの雇い主が買ってくれた物件の競争相手でもある。一時は危なくなったが無事再生し、今でも上場企業のはずだったが・・。年末さらなる波が来るのだろう。もう死屍累々どころか、後ろにも前にも・・。まあ、言わない事にしよう。と思いつつも不動産業界とは関わりの長い私め。内情は手に取るように分かる。そして手に手を取って倒れつつある建設設計業界。もう15年もやってれば、過去にしがみつく理由も無い…

コメントなし

年賀状のプリンター

事務所では3台のプリンターを使い分ける。A2、A3,A4と3種類ある。A3のHPは4年目を迎えて寿命が迫っている。A4のエプソンは今年の酷使が祟って、僅か2年でインク詰まりを起こした。A2は巨大、すでに8年も使用。まだまだ現役。ところが年賀状がまともに印刷できる機種が無い!故障中のA4プリンタに引退願うこととなった。捜してみるとインク代と変わらない値段でプリンターが売っていた。いつものamazonで注文。もうすぐ来る。でも年賀状のデザインは全く未定。牛すらうまく描けない。しばらく手のトレーニングしな…

コメントなし

今週は

ちと重く感じている。身内にいろいろあったし、その情報と反応が人によって大きく異なり振り回される人も出た。私はずっと不動明王のように変わらなかったけれど。業界も暗いまま年末に突入する。流れ出る血を少しずつ食い止めてる。でもまだ不完全なままだ。今日はmorimotoの倒産。「あの・・・が」という形容詞が付く会社だ。倒産の気配は無く、攻めの姿勢は崩れていなかったのに。私は自分からはコンタクトを取らなかった会社だ。今晩は奥様も不在。先週、富良野のジンギスカンを食したばかりなので今週末は何を食べようかと迷う。…

コメントなし

マルウェア

実はこの1週間というもの、恐るべきマルウェア(冬の毛糸ではない)と格闘していた。何せ日本語の感染例が見当たらず、対処も良く分からなかった。何せ、姿が見えない、名前だけウィルスチェックが探してくるけれどどこにも見えてこないのだ。rootkitタイプで動くウィルスはそうらしい。そして自分を攻撃するであろうアンチウィルスソフトへのアクセスを全て禁止する。恐るべきプログラム。だから日本語版サイトだけは逃れた。困り果てた私は掲示板を発見。質問するまでがものすごく専門的なプロセスを経て、やっと到達。そして3回目…

コメントなし

伴走者

その業界は近くにいた。いつもいつも近くにいた。古くからの友人のように走り始めた時から心配するように付き添っていた。意識はしなかった。全然違う分野だから接点は弱い、と思っていた。時々連絡を取り合い、時々アドバイスし、報酬も貰った。微々たる物なので売り上げとしての認識も無かった。むしろこちらがサービスしてあげている。彼らには出来ない事だから、と思っていた。15年がそうして過ぎていた。時は未曾有の経済不況、大恐慌の様相を呈しはじめた。今年は一国の不動産不況、限定版バブル崩壊で終わると思っていたのに、地球を…

コメントなし

コンペ夢の中

オバマが勝利した。きっと何年もたってから、歴史として振り替えるのだろう。歴史上の大きな変革はその只中ではさほど感じないものだが、今回はひしひしと感じる。コンペの夢を見る。もっとああしていればと後悔ばかり。審査中で思ったほど私の案に票が集まらない、ボンボリに灯がともらない・・・。灯よともれ、と心で念じる。…

コメントなし

結果は・・

設計案コンペは、349件の参加申込みがあり、その内、301点の作品提出がありました。内7点が1次審査通過、と書いてあった。残念無念、入ってなかった。力抜きすぎ、というご批判もありました。はい、その通り。次は頑張るぞ!以上…

コメントなし

佐藤美紀雄先生のこと

もう3年になる。佐藤美紀雄先生の訃報を聞いてから。かつて私の事務所に来られた時には玄関のドアを開け、風のように1番奥の席に座る。しっかりしたあごから繰り出される言葉たち。一つ一つを聞いて心に留めようとした。分譲マンションはもうダメだから、他の方向に行きなさい。そう言われて、紹介もして下さった。あの時で首都圏全体で1万戸の在庫がある、と聞いた。不動産バブル崩壊後の今は一体何万戸だろうか、と思う。最大手の大京が700億円の赤字になった。それに次ぐディベロッパーも聞いている。普通なら倒産しているところだ。…

コメントなし

世にも恐ろしい夢

世にも恐ろしい夢を見た。研究室のようなところにいる。中央にガラス張りの設備ルーム。どちらの部屋の中央にも何やら小山が出来てる。外からのアナウンスが聞こえてくる。部屋の中の堆積物は早く捨てるように、という事らしい。部屋の中を良く見る。すると、小山は実は人間の死体の山だった。近づくと片手でひょいと持てる。手足は硬直していない。なんでだ?日本人はいないようだ。両方の部屋の排水溝を塞ぐように折り重なっている。生物感が無い人形のように感じる。外人の女が多く、全裸だ。ポイポイ投げ捨てていくと、下からカエル人間や…

コメントなし

終わったトタンに

終わったトタンに屋根の上・・・、じゃなくて、途端に風邪引いた。奥様が風邪を引いていたのであぶないと思っていたけど、菌は棲みついていたのだ。夜中に寒さを感じ、一気に熱源と化した・・。今日はヘロヘロ、あと1日遅れていたら、出せなかった?いや持ちこたえていたはず。人は不思議だ。締め切りを早めに設定し、自分を欺くと、ちゃんと仮の締め切りぎりぎりに仕上げてくる。3日前でも同じ事。いつもの自分だったら、本締め切り前夜に徹夜が当たり前だった。良かった・・。これも年の功か?…

コメントなし

ひとまず終了

コンペ(競技設計)はひとまず終了。競技っていい雰囲気の呼び方。好きです。適度な緊張と眠れない夜の連続。アイデアが出なければ歩き廻る?血の巡りこそが肝要。コンペ中は脳が活性化し新聞の漢字パズルもいつもの半分以下の時間で全部解いてしまえる。寝不足で宙を彷徨う感じが続いて、やがてぽっかり出る、という感じ。とに角、本日提出。天気はいいし、午後は上野公園を散歩してみようかな・・。…

コメントなし

コンペだ!

この世知辛いご時世にコンペだ。設計競技だ。だから走る、走る。日々の雑音を忘れ没頭しようにも忘れようとすればするほど向こうからまとわりついてくる。じゃれるな、雑念共よ。頭に血が昇り、誰もかけていないのに独りプレッシャーにあえぐ。いつものボリュームチェックならせいぜい2日で出来るのにもう1ヶ月たったのに、法規の全てを置いてきぼりにした事に気付く。あれ、公共建築物って超法規じゃないのかい?駐車場法も緑化も指導要綱もいらないのでは??コンペの要綱=指導要綱では?と勝手に思っていたのが大間違い。あえぐ、普通の…

コメントなし

昔の杵柄

メタボを脱した。半年前から脱メタボ宣言をして、食事制限一切無しでノンウエイトトレーニングのみで(要するにテレビ寝運動)何とか脱出した。ウェストはマイナス7cm。今度は体調が良くなると次は筋肉がうずく。3ヶ月前からウェイトトレーニングを再開した。1年ぶり。といっても前年もわずか1ヶ月でやめている。今年は続く。何せノルマなし。やる気なし、いつやめてもいい、という安直法。するすると続き、気付いたら週に1回ポッキリなのに、20年前のベスト筋力にほぼ戻っていた。これにはおにょろいた。ウェイトプレートを間違えて…

コメントなし

濁流の跡

夢)暗い雲が空全体を覆っている。濁流は去ったようだ。増水した小川に普段なら水を被らない雑草が水草のようにそよぎ、それを透明な水が柔らかく包み込んでいく。生まれ故郷で良く見た光景だ、と思い出す。道は未だ泥をかぶり薄く水を被ったままだ。しばらく進むと沼があり、脇の堤から、崩壊を防ぐ網で覆われている透き間から巨大な蛇がするすると躍り出る。直径30cmはありそうな大蛇が2匹、沼にすべり出てしばらく悠々と水面を泳ぎ、灰色のまだら模様を見せ付ける。誰かが言っていた伝説の大蛇らしい。急いでデジカメを捜すがバッグが…

コメントなし

黒い蛇が

今、首都圏では黒い大蛇がのたくっている。局地的不動産バブル大爆発と建設業の崩壊だ。今年の初めは周囲の建築関連の友人でもそれを知らない人がいた。どんなに深刻な事態か、そして前回のバブル崩壊とは全く違うのかを説明してきた。今はもう説明の必要すらない。巨大な黒く太い蛇が土地を呑み込みそれに関与する人々を奈落に貶めている。この蛇は醜い。そして誰も退治出来ない。それは人々の欲望が生み出した黒い影だからだ。不動産業はここ2,3年で醜い欲望をむき出しにしてきた。バブルの教訓があったはずなのに、自分たちで土地価格を…

コメントなし

復活!そしていつか

久々に戻る事にした。ここが無けりゃやっぱり困る。幾らなんでも仕事のページで無茶は出来ぬ。ここなら、ぐいぐい、だ。元々、建築猫たまの独り言、これがメイン、その一部に「失われた故郷芦別」があった。やがて一部が全部になり、主人の私は居場所が無くなって引っ越した。引越し先は利益が絡む仕事上の場所。何も書けぬ。溜まるフラストレーション。1年をもって戻ってきた。故郷芦別は更新ネタが無い。いつか来る事。でも続ける。継続は力。少しずつ集める。古い小さな写真達を切り張りして大きなモザイク画を描く。等身大の街を再現し歩…

コメントなし

建設費が下がった!

かねてより予告していたように建設費が下がり始めた。鉄骨、鉄筋はもとより他の材料費、人件費も同時に下がり始めた。今や急騰する以前の価格に急落中らしい。これでディベロッパーへの融資が再開されれば大量の不良在庫を抱えていないディベロッパーは再起できる。来年の春頃には一斉に花が開くだろう。なんておみくじ占いみたいだ・・。…

コメントなし

あんまりだ

それはあんまりだ。2人は子供の時からの親友同士。背丈も小学校の先生のお気に入りだったのも一緒。家が近所でいつも一緒の女友達だった。少し大人になり二人で撮った葉山マリーナでの写真。長いドレスを風になびかせ、二人デッキで潮風に吹かれていた。濃紺のドレスと少し赤い髪の女と、モスグリーンのドレスで漆黒の長い髪の女。まるで女性誌のモデルみたいに写っていた。二人は近所じゃ評判の美人だった。正確はまるっきり逆で、太陽を真正面から受け止める気の強い女と月の陰に隠れて、負の重力で男を引き付ける女。時が経ち少し赤い髪の…

コメントなし

終わった!

終わったぞ、といっても1回目の確認申請訂正が。それも構造以外の図面じゃ。ここまで何と2ヶ月、60日!!従来なら3回も下ろしている時間だ。それでようやく確認受付の一歩手前。つまり約半分というところ。ふ~、まあいいか、ここまで胃腸を痛めながら心すり減らしながら来たもんね。見えてきた、見えてきた。結局審査する方も提出する方も改正前と同じ人間同士?っていう訳だよね。和気藹々とほぼ終了。1部に未完事項ありだけれどこれは後日。しかし、我が構造が全部計算やり直しになった!全部だ。全部。暫定的適応プログラムで計算し…

コメントなし

たどり着けない

何かすごくだるい。もう1ヶ月も続いている。暑さのせいなら我が家の奥様も一緒。でもあちらは元気だ。どうしたんだべ。ブログもHPも見るのもいやだ。いらいらする。同じ所に閉じこもって仕事するのが恐ろしく苦痛だ。少しくらい休んでも、気分が少しも楽にならない。昨晩変な夢を見た。良く知っていて何度も来た事がある場所。その駅に降りたった。夕方。人々が家路に向かっている。記憶どおりにこちらと思われる方向に進む。途中まで帰宅集団と一緒。そのうち彼らとも分かれ、一人道を進み始めた時、過去の記憶が役に立っていないことに気…

コメントなし

続癒しの旅

裏磐梯猫魔ホテル客室。57㎡と広いが奥のベッドルームが暗い。窓から大きな桧原湖が見えている。UBは1618と広く、洗面室も広い。温泉露天風呂もある。こちらは裏磐梯高原ホテル、過去2度泊まるが今回は泊まっていない。プライベートレイクを敷地内に持つ日本でも珍しいホテル。眺望雰囲気とも最高。客室イマイチ。食事も良いので私のおすすめは客室設備の良い猫魔ホテルに泊まり、すぐ道路を隔てたご近所の高原ホテルで食事する事。大好きな裏磐梯高原ホテルから見るプライベートレイク弥六沼。以前より藻が繁殖し濁っていた。ここも…

コメントなし

癒しの旅へ

と言うわけで急遽夏休みをとることにした。明日出発、こんな急に予約取れるわけない、はずだけど取れてしまった。大好きな裏磐梯へ行ってきます。冷たい水に心流してきます~~。

コメントなし

一時の休息

とに角とりあえずは我々にとっては一つのエポックだった。建築基準法は改正された。そのとんでもない実態に向かって突っ込んでいった。姿もディテールも見えていないのに、もう決ったことだからと構造事務所を説得し、霧の中を設備を決めていった。何処へ出せばいいのか、何処が鬼門か、天国への門か、何もかも自分の勘と運命を共にする。いこう、行こう見えない明日へ。確認申請は出された。後戻りはない。そして未だ日本で結論は誰も出していない。行こういこう、あの山の向こうへ。死ぬわけじゃなし。過去14年間、独立してからいくつもの…

コメントなし

今日は

隅田川の花火大会。でも何故か静かだ。いつもならぶんぶん飛んでるヘリも頭の上から消えている。自宅のK市でもお祭り。ねぶたも出るけどあきちゃったな~。Kホテル前のジャズも同じメンバーだし。なにせ出演者も10年間変わってない。今まで仕事。もう帰ります。明日は休むぞ。忙しい事は良い事だ。これが1年中でもさほど構わない。って中毒かしらん。いつでも前に進んでいると実感していたい。それだけだ。この生きてる旅の目的は前に進む事。立ち止まりたくない。いつでも自分は最高のファイトをしてるって周りに知らせたい。いつか、ぴ…

コメントなし

さよならを重ねはじめて

友人が亡くなった。中学時代の同級生だ。当時はくりくりした大きな目と人懐っこい笑顔。なぜか良く陽だまりの犬同士のようにほこほこと話し合った。それから長い月日が流れた。独立して事務所を開いた時に、営業上銀行関係の友人を捜す必要ができた。調べたら彼がいた。やあひさしぶり。でも心は乗り出した航海の手助けを求める気持ちで一杯。仕事の話をしようとしたら、人懐っこい笑顔で返され、やめた。それからは食いしん坊の彼に付き合って時々食べ歩く仲になった。良く食べた。子供の頃のような小顔ではなくひたすら二人ともメタボに近づ…

コメントなし

構造設計者がいない!

6月20日に改正建築基準法が施行される。確認申請の方法と構造計算そのものが大きく変わる。しかも国土交通省は未だ運用指針を発表していない。きちんとした具体的な運用指針細則が発表されるのは7月末。さらにそれに行政組織が具体的に対応を始め、構造プログラムの改変が進むのは8月末だろうと予測されている。建築の法体系は基準法を筆頭に施行令、施行規則、省令、指針、さらには都道府県が定める条例にまで及ぶ。ぜ~んぶ、建築関連の法令である。おまけに建築士法まで変わる。全てはあの構造偽装事件が発端となっている。偽装の流れ…

コメントなし

ホームレスの杜

先日上野公園を散歩してみた。平日の昼下がり。両大師から新装なって地下室が出来た科学博物館の前を通り・・、ん、博物館前の大銀杏の丸い植え込みに大勢の男たち。手配師を待つ労働者の群れ?いやいや元ホームレス?目に力が無い。とに角公園のベンチの方までずらっと座ってる。公園のカラスの大群よりも数が多い。これは、もしやもしや、と思いホームレスの杜に向かった。青いテントが並ぶ昼尚暗い森。のはずがあっけらか~んと明るく光をはね返すステンレスの彫刻が並ぶ。おお、いなくなった。一掃された。この一帯は学芸大の生徒が通る通…

コメントなし

再度ビッグウエイブ

再び巨大波の夢。前回とは無関係そう。予告があり海岸線全てが立ち入り禁止になる。それまではのんびり宴会を楽しむ団体ばかりだった。一斉に坂道を登り、工事中の建物を超えて避難する。どこまで行けばいいのか、予測しようが無い。大波が来る。それは丘を越えて、山の途中にある湖にまで達すると言う。湖ではボート遊びをしながら、ここまでは来ないとたかをくくっていた観光客も慌てて逃げ出す。この波は人々を幸せにするのだろうか。得体の知れない不安も強い。楽しくも無いがさほど怖くも無い。この夢が何を言いたいのか分からない。現実…

コメントなし

ビッグウエイブ

ある現実が起きる前に見る特定の夢、というものがある。私の場合には、大きなチャンスが成就する時、大きな仕事を得て忙しくなる時、決って見る夢が「BIG WAVE」だ。今回はイギリスのフィヨルド風の断崖絶壁の海岸沿いにいる。地上は一面芝で覆われ、眼下の逆巻く海ははるか下方で見えない。海とは逆方向には遠くのどかな田園と住宅が点在してる。のんびりと芝生の上でキャンプか何かの準備をしている。すると、急に胸騒ぎが、ふと海側を見ると、見えるはずのない水面が5階建てのビルのように盛り上がり、水の絶壁を作っていた。くる…

コメントなし

横浜へ

横浜へ行く機会が増えた。市役所の建築関連は横浜公園の裏手にある。当然、横浜球場を通り、公園を抜けて、中華街の入り口を右に見て歩く事になる。最近も通った折に、球場前にわんしゃか女子高生の大群がいた。湖畔で舞う白鳥の中を突き抜ける気分でうはうはと通り抜ける。前からやってきた5人組の女の子が、突然私の方に手を挙げた。「よっちー!!」と私に向かって大声で呼ぶ。むむっつ、何で知ってるんだ。わたしゃ家では奥様からいつもそう呼ばれている。まさかね、でもね、悪くないね、と心の中でつぶやきつつ、彼女らが私の背後の友人…

コメントなし

またも土曜日

FMから流れる「埠頭を渡る風」を聞いてたら無性に海に行きたくなった。やっぱ、ユーミンはいいわ、とほくそえむ。風が見える、って表現はすごいよね。来週辺り海へ、行きたい。う~行きたい。九十九里、銚子もいいな~。あの荒海は得がたい。でもちと遠い・・。体が何だか疲れてる、背中が1枚の板のようだ。おかしい??と思ったらもう2週間休みをとっていなかった。実施設計が始まり、確認申請を久々に出した。そうする為に日曜日も働いていたんだ・・。自分で忘れている。体力が落ちたんじゃなくて、記憶力が。。こちらの方がやばい。建…

コメントなし

桜滝

恐ろしげな雷が鳴る中をご近所散歩。今年最後になるであろう桜、「御車返し」を見に行くために。いつもの両大師はひっそり。竜がのたくりそうな空の下で、御車返しは力を振り絞って咲き誇っていた。あ~、まだ元気だ。むふふ。この解説までやるともう単なる・・じゃ。こちらは同行の奥様が写した輪王殿の枝垂れ桜。今年はちとお疲れの様子。でも桜の滝が流れるようだ。…

コメントなし

砂の彫刻

文化会館前の広場に作られた砂の彫刻。以前、夜にこの前を通った時は固いガードの元、中が全然見えなかった。作成中だったのだろう。今は24時間警備体制。氷の彫刻とは随分と待遇が違う。歌劇タンホイザーの為の彫刻らしい。19日まで。その後は壊されてしまう。文字通り砂上の楼閣。こちらは裏側。最初駅側から近づいたのでこちらが表かと思った。ついでに途中で見た上野マツザカヤの広告カー。…

コメントなし

砂の彫刻その後

文化会館前の砂の彫刻は跡形も無く消えた。そこに一時期あったのだという、かけらさえ残さず。警備が厳重すぎて、人々は恐る恐る見るだけ。今日上野の西洋美術館の庭を散歩していて思った。広い庭に警備員が一人いるだけで、彫刻を見る目は半分曇る。彼らの黒い影が心の中のカラスの羽となって残るのだ。ロダンのカレーの市民。解説は→http://salut.at.webry.info/200607/article_33.htmlご存知ロダンの考える人。頭が気になってしょうがない。これって髪じゃないよね。帽子でもない???…

コメントなし

土曜日

土曜日は何時も一人で仕事。先週は上野公園発のめぐりん、という小型バスに乗っていつもの伊藤先生のところに行った。今までは早足で歩いて15分。めぐりんのお蔭で5分になった。それも殆ど歩かないですむ。これから病院にいくぞ、という病気の場合には便利この上ない。でもこれも何時まで続くのかは不明。先生も医師として結構お年だからだ。今のうちにたっぷりお世話になっておこう。友人、親戚のところに行くのは楽しい。日ごろ、切った張ったの金銭がらみの世界に生きている身としては心安らぐ僅かな場所のひとつだ。今日は練成中学の友…

コメントなし

長い旅

長い長い旅だ。不動産のバブルアップ競争に巻き込まれてこちとらも仕事を決めるのが恐ろしく困難になってきた。それでも長い戦いの果てに、信じていた所から吉報が届く。築いてきた輪が大きくうなりながら回り始める。よくなり始めればとことん良くなる。そんなもんだぜよ、人生は。そう言えば、奥様には話したけれど一昨日夢を見た。東京の下町にいるのに何故か人が来ない山の上にいる。そこに小さな集落がある。皆底抜けに明るいけれどそれほど豊かではない。そこの村長さんをやっている私。ある日突然村から温泉が湧き出る。山の斜面から、…

コメントなし

古い物は

どんどん捨てる。これ我が家の家訓。それでいながら「失われた故郷三井芦別」なぞやってる・・・。親父などは必要なものまで捨ててしまい、時にはお袋の大事な人からの預かり物まで捨ててしまい何日も口を聞いてもらえなかった、そうな。私の自宅の個人部屋は5畳くらいの細長い部屋。奥様の個室(私が捨て猫部屋と名づけた)のお隣。マンションの北側、ちなみに晴れると筑波山まで良く見える。そこに子供時代からの品物が納められている。といってもさすがに小中学校時代のものはアルバムくらいしか無い。メディアは変わり続け、正月にやっと…

コメントなし

地下室、原始の海

夢)地下室の原始の海2戸で一棟のマンションに引っ越す。手前がリビング、奥に2室の寝室がある。この間仕切りを動かして寝室の大きさを調節出来るようになっている。すると不思議な空間が出現した。半分地下室になっている。階段を下りていく。1畳位のたたきがあり、その向こうには何処と繋がっているのか原始時代の海が出現した。僅か12畳くらいの空間なのに下の方では無限に繋がっているようだ。濃紺の海の水が打ち寄せている。手前は浅くて足を踏み入れても安全そうだがその奥は真っ暗で底なしに見える。海は驚くほど透明で遙か深みま…

コメントなし

謹賀新年

2007年おめでとうございます。こちらソフトバージョンの賀状デザイン。こちらはハードバージョンです本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントなし

今年が終わってしまう

ようやく年賀状のデザインが決った。もう20年以上、干支をデフォルメしてデザイン続けている。そろそろ何行苦行になってきた?初めの頃はプリントゴッコが出来た頃、大量印刷がうれしくて、あのバチッと電球を光らせて原稿を作っていた。今は完全手描き、線画を画用紙にコピーで焼付け透明水彩で色づけ、それをスキャンして文字を入れて完成。画像データはサイズにこだわらずに済むので助かる。今年は調子に乗って2パターン作ってしもうた。あ~これでやっと正月が迎えられる。今年は激しい年だった。新記録樹立の企画件数。もう誰にも追い…

コメントなし

さらば上場会社

しっかりと書いておかなければならない事。仕事上の事は出来れば取引相手が絡むのであまり書かない主義。でも、中にはきっちり書いておかねば今後の生き方そのものに関わる場合もある。で、書いておきます。①昨年6月28日、ディベロッパーD社社長が覚せい剤で逮捕。上場企業としては前代未聞、と騒がれる。②12月8日、業績不振に陥ったD社はLファイナンスとの提携を決定。③今年1月23日、Lファイナンスから派遣予定の新社長Mが証券取引法違反で逮捕。世間を騒がせたL社社長の側近である。④5月8日、二部上場のディベロッパー…

コメントなし

壊れたレンジフードの直し方

我が家のレンジフードが壊れた。以前からスイッチ部分が油でネトネトして動きがスムーズではなくなっていた。そして遂に運命のXデーが来た。マンションに最初から設置されていたものだから既に23年間使用続けてきた。しか~し、ユニットバスや洗面台は交換、というのはよく聞く。でも厨房のキッチンセットやレンジフードを代えた。という話はそれほど聞かない。コンクリートのマンションは数十年持つ、はずだ・・・。ところが付帯する設備は断じてもたない。それでいいのか??でも壊れちゃったものは仕様が無い。見上げるだけでも心が油ま…

コメントなし

酉の市

酉の市に行ってきた。二の酉。我々は何故か、一の酉に行く事が少ない。上野公園にいると便利だ。下町のイベントは至近にある。今日は初めて台東区のミニバス、めぐりん北回りで元祖大鳥神社へ向かう。神社入り口。去年より人手は少ない。上の方から御祓いしてくれる。こちら賽銭箱の手前。左側の熊手を売るアーケードの上に神社の2階部分がかぶさる。巨大熊手の値段はどうやって決るのじゃろうと興味津々で見るが、いつも分からない。お客次第なのだろうか?表面はきらびやかだが、裏はやりっぱなしで見るに耐えない。美術的価値はない。敢え…

コメントなし

箱根ホテル

箱根へ行ってきた。芦ノ湖の近くで良いホテルを探したが古くからあり、丁度湖の南北中間に位置する小田急山のホテル、ご存知、村野藤吾設計の箱根プリンスホテル、かの古式ゆかしい富士屋ホテルのアネックス館として出来た箱根ホテルの3つしかない。当然洋式ホテルだから源泉かけ流しは、望むべくも無い・・。写真と雰囲気で決めた。箱根ホテルだ。入り口はバス停の反対側、ちょっと見美術館のようでもある。登山バスを下りる時に、気をとられた私め、片手に旅行バッグ、もう一方に周遊チケットを持ったままバスステップを踏み外した!体のバ…

コメントなし

仮囲いアレルギー

ある日、熟睡しているところを奥様に蹴飛ばされた。もんのすごく、いびきがうるさかった、と言う。ほんまかいな・・とほほ、いつも自覚症状がばっちり、のはずが全然無い!これはなんじゃ、と風邪の薬を飲む。翌日も深夜に布団をひっぱたかれる。だめか・・。次は花粉アレルギーだ。春先は毎年ある。が、秋はアレルギーになったことはない。仕方なく、近所のアレルギー科の医者に行く。たっぷり待たされて、いっぱい薬を持たされて、すっかり気分は沈んで家に帰る。翌日、どうだどうだ、と奥様に見栄をきる。全然効果なし!ふんぎゃ。エアクリ…

コメントなし

ルーテル市川教会

急に暇になった。で教会を見に行った。ちょうど50年前に建てられたらしい。設計者はヴォーリズ。今では「一粒社ヴォーリズ建築事務所」のほうが通りが良い?最初にHPで写真を見た。その時は大したことは無い、と思っていた。国府台の駅を下りて山と川を目指して歩く。この設定自体が、東京のすぐお隣であるはずの市川では??なのだ。川沿いに行くとすぐに見つかる。信じられないくらい静かだ。市川市に対して持っていたイメージと全然相反する。それは建っていた。静かに。山と川をつなぐ視覚的中間点に。近づくとさすがに年輪を感じさせ…

コメントなし

壊れた

良くある事だがPCが壊れた。電源ONでも液晶画面が真っ白。PC本体はHDが何やら動いている。う~~む。物を持つ事は悩みを持つ事だ。PCの台数分だけ心配と悩みを背負う。今回はsharp mebius1999年製。win98である。よく持ったというべきか、まだまだと言うべきか。幸い、さすがに仕事用は引退して、今やウィルスに対して安全なwin98の特性を活用してインターネット専用機だった。仮にウィルスにやられても実害は殆どない。勿論ホームページもこれで作成していた。それも仕事のHPは別のPCで作る。趣味の…

コメントなし

SketchUp

GoogleのSketchUpというソフトを練習始めた。3Dは昔からの夢だった。スケッチで描くように自由に感覚的に使え、軽くレスポンスの良いものを長い長い間探していた。2DCADにはJWCADというのがある。重宝している。がいかんせん2次元の話でオマケで付いている2.5Dはお世辞にもスケッチ感覚とは程遠いものだった。日本語版は8時間の使用制限付き。英語版は制限ほぼ無しのフリー版。無論両方で試している。日本語版で手っ取り早くヘルプとチュートリアルを試し、実際に描くのは英語版の方。保存も英語版を使用。日…

コメントなし

ひさびさの

お~、もうすぐ10月だ。このブログ実名で書いている。一部からは分からない様になってるけれど。それが逆に重い。全てがリアルで仕事関連ならすぐに建設関連の営業が興味を持ってやってくる。プライベートでもご近所さえこのブログ知ってるらしい。重い・・、書けなくなる。という訳で開き直って、書きましょか。ここ連続で現地調査ってやつに行ってきた。日ごろ事務所で座って鉛筆の芯を舐めてばかりの仕事。健康にいい訳が無い。唯一の運動は通勤電車で立っている事くらい。だから積極的に体を動かす事にした。昨日行ってきたのは台東区、…

コメントなし

休み癖

普段、連休は取らない。土曜日は休まない方針。それが今年は夏休みをとってみた。特に行くところ、やる事が合った訳でない。お客さん全員が休みで、手持ぶさただったから。えい、休んじまえ。ひたすら眠る癖がついた。子供のように。奥さんがあきれて見てる。12時間夜眠る。昼も2時間眠る。これは体が要求してるからだと勝手に判断。惰眠をむさぼる。豚の様に。無数の夢の森を彷徨う。敬老の日も2連休してみた。疲れているから、と言い訳。そしたら火曜の今日、あせった。脳が働かない。体ごと睡眠に誘導されていく。これじゃ、単なる犬猫…

コメントなし

それぞれの秋

最近、転機を迎えた人に会う事が多い。かつてのクライアントだったMさん、「いや~やっと、やっと良くなりました。」そう言って、振り向きざま朝陽にきらめく顔を上げた。久々に見た力と輝きを取り戻した経営者の顔だった。長びく病気に体調を崩され、会社もこの失われた時代に輝きを奪われていた。そうですか、光を取り戻したんですね、心の中でエールを送る。友人のY氏、事務所に遊びに来た。ビールとつまみを持って。大きな決意をしたようだった。話しながら、つまみのナッツを強くかじった時に一緒に口の中の皮膚も切ってしまった。かな…

コメントなし

ケイタイ

ケイタイ電話を変えた。ツーカーからAUに乗り換え、である。これはもう、いやいや。今変えておかなければ後になってからでは費用が発生しそう、という強迫観念からである。AUの口車にのった、というべきか・・。もともとはTUKAではなかった。今のボーダフォンを長年愛用していた。1995年に最初のノキアのでっかいケイタイを買った。電池がわずか数分しかもたず、いつもかばんに巨大な換えの電池を持ち歩き何とか20分の通話時間を確保していた。通話料1分120円、でも嬉しかったのを憶えている。現場では大活躍し、当時リゾー…

コメントなし

まだ引いてる

もう1週間たつのに風邪は治らない。昨日近所の医者に行った。ほんとは上野の伊藤先生が1番だけど今回は辿り着けそうになかったので諦めた。強い発熱意外の症状は全部出てる。朦朧とした中で、酔拳みたいに拳を繰り出す。これ位で丁度いい。ほんと、力を抜いていく、それでうまくいく。力みは現実を遠ざけるだけ。ふ~らふ~らで、アポと打ち合わせをこなしていく。全てうまくいく。多くの流れが1本に魔法のようにまとまっていく。いいのだ、これで。人生は流れ。人々との綾。織りこめられた模様の中に絡み取られた私がいる??…

コメントなし

夏の風邪

風邪を引いた。エアコンつけっ放しで無防備に寝ていたのが災いした。体中の力がすっと抜けていく。血を抜き取られた後のように、魂ごと抜き去られていく。これが意外といい気分なのだ。仕事のノルマを一気に2倍以上に設定した。そうしたら全然精神的にも休めなくなった。高高度を超音速でがむしゃらに飛んでいるような気分の日々が続いた。燃料が切れかけていた。高速で飛ぶ事に快感を覚えていた。中毒のように仕事をこなした。でも未だノルマは半分。例年なら一休みしてるのに、今年は自分を休ませていない。そしたら壊れた。いや壊れそうに…

コメントなし

大規模改修工事は踊る

自宅マンションの大規模改修工事がやっと決った。ここに来るまでは七転八倒、阿鼻叫喚、の世界(ちと大げさ?)足掛け2年。何故か当然か大規模改修委員となった。確かに私は建築設計のプロだけれど、新築工事のプロ、であり改修工事の方は生涯2回経験しただけ、マンション改修は1回それも10数年前のみ。他のメンバーは皆年齢もそれなり、きっと役職もそれなりのこわもてが揃った。かくして大規模改修工事は数人の委員会メンバーと数人の理事の方々、と共に検討会がスタートした。まずは業者選定。とその前に業者推薦、がある。当然の事な…

コメントなし

夢・過去からの暗殺者

薄暗い地下道、駅の地下通路みたいだ。出口に向かっている。すると反対側から大柄な男が現れた。トレンチコートに帽子を目深にかぶっている。顔が見えない。でもそいつが私を殺しに来た男だと分かった。全身から殺気が立ち上っている。男の武器は2つ。一つはすぐに撃てる小さな33口径。もう一つは重くて致命的な武器、45口径の銃だ。すれ違いざま、男の体に組み付き通路の湿った床に倒す。懐に手を差し入れて、45口径の方の武器を奪う。離れる。向かい合う。奪った重い銃を構える。奴を撃つ。しかし撃鉄は重くさびた音しかしない。弾が…

コメントなし

ドッペルゲンガーは紙飛行機を折るか

目の前に二つの案がある。一つは私が作ったもの。高性能ジェット戦闘機のような設計図だ。高機能、高効率、最新の構造力学、優しい人間工学誇らしく今にも飛び上がりそうだ。もう一つは客が持ってきた別案。弱弱しく、イメージも弱く、構造も成立せず、法規も理解していない。無知ゆえの自由さに溢れていた。まるで紙でしか成立しえない建物。紙飛行機のデザインだった。それを見ていて不思議な感覚に捕らわれた。若い頃の自分のスケッチを見ていた。恐れを知らず、現実も知らず、構造も法規にも頓着せず、ひたすら原始的な感情だけで作ってい…

コメントなし

海が見たい

松任谷由美の「ルート16」に影響されたわけでもあるまいが無性に海が見たくなった。それも荒々しい外海じゃ。で今回のチョイスは大洗海岸!大笑いではない。以前にも茨城の海は何度か出かけていたが毎度、毎度の失望の海・・。全然リゾートを意識してないその姿勢はもう立派としか言いようが無い。でも諦めるには我々の立地が許さない。そう、恐ろしく茨城の太平洋に行くのに都合がよい場所に住んでいるのだ・・。殆ど前日に思いつき、資料なし、計画なしでフレッシュひたち号に乗り込む。何と50分で水戸駅に到着。その後バスに乗り一路海…

コメントなし

疲労?

やばい。疲労してる。内臓がついていかない。今日、取引先の部長が倒れた事を聞いた。長いお付き合いのある人だ。幸い生命には別条ないらしいが。私とさほど歳が違わない。周囲に起こる事は何時自分に起こっても不思議ではない。我が家の巨大猫も心配してくれている。もう帰ろう、もう帰ってしまおう・・。そんな詩があったよね。よしだたくろう。もう寝ます。これでいこう、今日という日は。…

コメントなし

おたま

山手線の内側にもちゃんと自然はある。上野公園のお寺でおたまじゃくしの大群を見つけた。一瞬分からなかった。黒くて小さいものがうじゃうじゃ・・。コップ一杯分で10匹か?4m2程の池全部で、ん万匹??どこから発生したのじゃろう。皆同じ種類、同じ大きさ。まるで養殖だ。故郷の3本松の沼の巨大なおたまじゃくしを思い出した。かえるの卵はおどろおどろしくて、奇怪だった。沼の臭いは生物と植物の死骸で、すごかったな~。この大量のおたまはどうするんだろう?どうやって生きていく?夏の縁日で売られるのか知らん?それにしても、…

コメントなし

多くのこと

とても多くのことをやっている。これはもう大会社方式だ、と思う事もある。ワンルームマンションからファミリータイプまで、分譲、賃貸、おまけに建て替え相談ってのもある。土地の所有形態も、等価交換から借地、所有、そして人の土地情報に企画をのせて多方面にアクセスする。客も法人から個人まで。多岐多様。そういえば外構デザインも受けていたっけ。ボランティアで自分の住むマンションの大規模修繕のアドバイザーもやってる。ほんとはこれが一番疲れる?1週間がめまぐるしく過ぎていく。でもいろいろなおいしい食事をした後のように満…

コメントなし

久々の柏

東京に事務所を移してから、とんと自宅のある柏とは疎遠になった。ただ帰って眠るだけ。休日はマミーマートで買い物して料理。その繰り返しをする場所になってしもうた。これではいかん、ここで長年培った地盤があるではないか、と一念発起。実は前日の夢で、旧友達に囲まれ、私は決して一人ではないよ、と教えて貰った夢を見ていた。そこで、昨日は久々、地元不動産業界の長老、T氏にお会いする。辛口の好きな氏にはおせんべい持参で。たまたま土地の話があった。早速車で案内していただく。空は数日振りの好天で澄み渡り、青が目に痛いほど…

コメントなし

さよならトールボーイ

春は別れの季節、とは言うものの我々にとって建物の竣工=別れ、だ。また訪問して住んでいる人と話す。なんて事はない。分譲マンションだから。出来上がれば引渡し。即お別れだ。1年5ヶ月、長いロードだった。最近現場に通う事を「ロード」に例えたくなった。一つの旅に出るような気分だ。そして突然終わる。エントランスの「ゲート」。ゲートも3つ目。そもそもマンションにいきなり玄関、はいけない。と考える。かつての屋敷は門がありアプローチがあり、玄関だった。都会ではいきなり玄関が前面に突出する。そこで精神的クッションと周囲…

コメントなし

耐震偽造って何?

ついに来たらしい。耐震偽装グループの一斉逮捕。忘れかけた頃にどっと来た。しかし、告発者イーホームズまでも偽装グループに入れられてる。おかしいんではないかい??確かに検査機関にも責任はある。当然だ。しかし彼らは勇気ある告発者でもある。姉歯がらみでは偽装物件全体の40%に関わっているが残りの検査機関はどうしたの?何ゆえ1社だけが偽装グループの仲間扱いなのだろうか。疑問に思う人は多いはず。この際、関係した民間も官の機関も全て洗いざらい公開捜査したら、と思いたくなる。不公平はいけない。スケープゴートを出して…

コメントなし

両大師にて

いつものコース、両大師へふらっとお散歩。名物の八重桜も今年はバタバタしていて見られなかった。ほんと、残念じゃ。将軍見返りの桜なのにな~~。すっかり新しい緑に包まれ始めたお寺の境内。いつもの色とりどりののぼりも緑の中に自然に溶け込んでいる。ここは木漏れ日が特に美しい。小さな植木コーナーがある。住職が大切に育てている鉢だ。その一つの水がめに小さなクモが完璧に同心円を描いていた。あ~この構造を見て建築に応用しようとした歴史があったっけ・・。下はそのアップです。…

コメントなし

風の吹く場所

前回のブログで「ドウシヨウモナイ危機」と書いたらそのせいでもあるまいが、この2日間で6人以上の方から電話をいただいた。皆、年に1~2度しか電話で話さない方達である。まさか、まさかね・・。ブログは見てないよね。「危機」の意味は日常の運、不運、といういわゆる「ついてないな~」という範疇の意味です。もしご心配かけたのでしたら、すみません。実はその数日後、用事で目黒に行った帰り、桜で咲き誇る目黒川を背に、坂を上る途中、小さな神社を見つけました。開業してからというもの、妙に信心深くなった私、雨にぬれた黒く光る…

コメントなし

氷の下

ついにやってしもうた。絶対のスピードと正確無比を誇る、私の計画案が狂ってしまった。通常の3倍のスピードでやったのが悪かったのか。元々通常でも、人の3倍のスピードなのだ。限界を超えていたのだろう。見事にスピード出しすぎのオーバーラン。施主に迷惑をかけてしまった。ここのところ、小さな災いが間断なく突き刺さる。まるで氷山の下にいて、上から成長し落ちてくる氷の柱を毎日かわしているような気分だ。ほとんど休み無く氷の柱は襲ってくる。たいした事じゃないさ。最初はそう思ってもいた。今や現実の災難は降る事をやめようと…

コメントなし

仮囲いがとれた

先週仮囲いがとれました。こうやって見ると、やはり大きい。水晶の原石(下に石がくっついてるやつ)をイメージしたけどどうでしょか?もうすぐ竣工です。正面左側から見る

コメントなし

新URL

URLを変えようと思います。現在のものはniftyのおまけでくっついてくるやつ。homepage2***なんたらと付きます。これは誰が見ても企業用ではない。ん、ならば独自ドメインを探しました。1番取りたかったのは、u-space、だけど、な何とこれはお知り合いの私の大先輩の会社が使っていた。昔はその会社HP無かったはず・・、確か当時の私の名刺にはその名称にそっくりのURLを印刷してた。むむ、獲られたか?しょうがない、似たようなものを捜すが結構使われてる。で、見つけたのがスペースオー!これって「空間王…

コメントなし

キッチンスコール

昨日は結婚記念日だった。春分の日、分かりやすい。奥様の友人で同じ年の秋分の日に結婚した夫婦がいる。だから両方が憶えている。毎年、この日は近所のレストランで二人でディナーする。そごうのロンド、知味斎、ザクレストホテル柏、高島屋のレストランは日常的すぎるのでこの日は行かない。さてさて今年はキッチンスコールだ。今月は2回目。1回目は練成中学校のメンバーと集まった。遠いと思っていたけど、一度来てしまうと不思議、遠くには感じない。グリル系の洋食屋が大好きだ。作ってる親父さんの顔がいつも見え、たっぷり仕込みに時…

コメントなし

また耐震偽装?

札幌で二級建築士が耐震設計偽装をした、とのニュースだ。でもこれって、それ以前に資格偽装??二級建築士に許されるのはRC建築なら300m2、3階建て程度迄。やっていたのは殆どそれ以上の規模では?姉歯がらみで結び付けたいのだろうけれど、次元が低すぎる。ニセ医者の無資格診療と同じ扱いじゃ。他の資格の「さむらい=士」業なら、1部の人間がしでかした事。で済むかも知れない。けれど建築設計は住宅専門の建築士を除いて普段顔が見えてない。一般の人との接点が少ない。普段会ってれば、あの医者、あの弁護士、あの会計士、なら…

コメントなし

オープンだ

只今建築監理中のマンションが今日プレオープンを迎える。美しい日だ。空気が透明感を増し、心の内側にまですんなり染み込んでくる。きっとモデルルームも気持ちよくオープンしたのだろう。ここのところ、連続して一棟売りという一棟丸ごと法人に売ってしまうパターンだった。これではパンフレットもモデルルームも無い。作る方としては実に寂しいのだ。春が来る。櫻が舞う頃には全て売れてますように。新中野の坂を下りると、白亜のタワーがそびえる。光の中に・・・。…

コメントなし

耐震強度偽造の構図

しばらく黙っていた。あまりにも次から次へと出てくるものだから。世間では未だに犯人捜し、などと言ってる。業界それも建築設計業界には答えがとっくに見えているはず。日々現実の業務で施主、施工業者、我々監理設計者、その他コンサルと深く関わっている者には自明のこと。この業界はそんなに複雑ではない。前にも書いたけれど、建設はその文字の如く、単純明快。積み上げる事。ピラミッド構造をとる事。そして金の流れが、ピラミッドの頂点から裾野に向かって流れる事。金の流れイコール力の流れであること。偽装をした設計者は意匠、構造…

コメントなし

動画

最近、動画をホームページ上にアップする事に夢中。昔8mmビデオで映した今は無き故郷の映像だ。もう、めんどくさい事に時間を奪われるのはこりごり。だから時期が来るまでじっと待ってた。もうインターネットは動画の季節?だろうか。今は未だ静止画レポートのような形式でHPは作られてる。でもやがて全てが動画に移行するのは確かだ、多分・・。なんせ1秒間に30フレームじゃ。2分間なら3600枚分の写真だ。情報量が圧倒的だもの。そりゃうれしいわい。とに角、始めてしまった。まず、8mmビデオを再生する機械を購入する事から…

コメントなし

続・年末年始

全てを終えたときに奴はやってきた。大晦日、年越しソバを食べ終わり、体をいつものソファにどてっと横たえたときだった。悪寒、身震い、犬のように震えた。ま・さ・か。1日元旦年が明けた。震える体で、おせちを並べ、雑煮を温め、どうにかかっこだけ作る。乾杯。ちっともそれ風じゃない。熱を測りビックリ。風邪の領域じゃなかった・・・。翌日から廻るべきところ、順番に電話して断っていく。無理に呼べば、えらいこってすよ、おまさん。と言って脅していく。近所の総合病院が明日から店開きと聞き、電話の感じが良かったので行く事にした…

コメントなし

年末年始

趣味の故郷BBSは「1/5 サーバーハードウェア障害のため復旧作業中です。」と表示されてる。今年初の書き込みが出来ると期待したが明日まで持ち越しらしい。残念!ムンムン物凄い年末年始になってしもうた。30日、今日を最後の日として年賀状を印刷せねば、と思い、いつもより3日も遅い印刷にとりかかる。午前中は水彩絵の具を出してペタペタ色塗り。さて始めて見たら、カラーインクが切れた。買い置きが・・・ない!仕方なく、近所のヨドバシカメラに買いに行く。上野の駅前はアメヨコへの人手でごった返し。戻ってきたら夕方の5時…

コメントなし

吉村順三

上野の森をつっきり、芸大へとお散歩。目指すは芸大の美術館。外観はいつも見てるが、入るのはなんと今日がはじめて。ゆったりとカーブを描く、スチール厚板手摺の螺旋階段が美しい。内部も丁度いいスケール感。大きすぎて空間に展示物が食われてしまう場合が多々あるけど、ここは丁度いい。と思ったら、中央天井をわざわざ吊って、展示図面スペースの上だけ低く抑えてあった。いい心がけだ。中は若い人と、それなりに経験を積んだであろう渋い建築家風の人が半々。いいもんだな、同じ方向を向く人と一緒の空間に入るのは。やっぱし軽井沢の山…

コメントなし

構造設計偽造に怒る!

怒る!なんちゅうこっちゃ。構造設計者が計算書偽造じゃ。マスコミはいろいろ書いてる。確かに構造設計の審査の流れはその通りだ。しかし金の流れは正しくない。通常の設計依頼では、発注者→意匠設計事務所→構造設計となるが、今回のケースでは、発注者(ディベロッパーもしくは建設会社)から中間の意匠設計事務所をすっ飛ばして、構造設計者に直接、間接の依頼があったはず。そうでなければ構造設計者がわざわざ自分の首を絞める「経済設計」なんぞするわけが無い。する理由さえ無い。意匠事務所は通常であれば、自分のお抱えのチームとし…

コメントなし

最近の日記

デザインだけ変えてみた。ブログは一瞬で出来るからすごい。でも問題も多い。すぐに横つながりになってしまうこと。それは望まない。だから最近書けることが極端に減ってきた。良いも悪いも、公私も、望むと望まないとに関わらず。。。で、最近ノート日記が復活。夜一人でこっそり書いてる。深夜眠れずに、自分の部屋にこもり、ジンジャーエールが空になるまで書き続ける。完全アナログ密閉状態になってしもうた。亡くなった人は還らない。2度とは会えない。分かっていても、電車の中、街の雑踏の中に影を捜している自分を見る。悲しい事でこ…

コメントなし

佐藤美紀雄先生

電話が鳴っている。黒くて重い大昔のやつだ。薄暗い部屋で、大きな電話が大きな音を立てている。横幅より天井高さの方が大きい部屋。灰色の古い事務用デスクと大きな扉が開いたままの金庫。壁一面の資料は茶色い封筒に入って整然と分類されてる。でも白い袋もあるところを見ると、茶色は先生の両切りピースから流れた煙が作り出した模様だろうか。事務所の主がもういない事は分かっている。ただ、誰か残務整理に来ているかもしれない、と思っただけだ。ベルの音はどこにかけても同じはずなのに、妙に重い。指先から重くなり、熱に変わり、やが…

コメントなし

進まない

机の上、積まれた資料。計画案件の資料、チェックを待つ承認図。サッシュの製作図詳細図。作りかけの模型が大きな机を占拠する。いつもの安楽ソファも送られた資料図面たちが座ってる。もう2週間休みなしじゃ。芦別に行った、それが休暇でなくてなんじゃ、と奥様は言う。でもね~、体の方はね~・・・休みが欲しい!今日も少し鉛っぽい空を見ながら、エアコンをつけて仕事、仕事。宙ぶらりんの案件達。どう進めて良いのか分からずに、情報集めの途中。皆、待っててくれ。全てを急いではいけないのだ。急いでいい類のものでない事は私が1番知…

コメントなし

暑い!

暑い!と書いてみる。ここのところ現地調査がいくつか連続してる。しっかり見ておかなきゃ設計は出来ない。昨日はすごかった、暑さが。アスファルトの照り返し、国道沿いの騒音、人気の絶えた街はとてもそこが世田谷とは思えなかった。じりじりじり。焦げていく。赤い登山帽をかぶり、まるで太陽風のような熱風の中を歩き廻る。こりゃ、地上ではなく別の惑星調査隊みたいじゃ。生態反応が極めて少ない。まだ夏休みなのに、子供の姿は勿論全く見えぬ。ポケモンラリーでは山手線を走り回る子供たちも自分の家のまらりでは、暑すぎて遊ばないみた…

コメントなし

じ、地震だ

ついに来たか、の震度5。今日は事務所に来ていたのだ。6時前に帰って、地元のお祭りを見る予定だった。Tデパートでは新型ねぶたを用意して、祭りに備えていたはず。さらに夜が更けるとKホテル前ではジャズフェスト。これを見ながら、聞きながらビール、というのがここ数年の定番。なにせどちらの建物とも歩いて5分なのだ、我が家まで。ゆっくりと酔っ払えるはず・・・だった。・・・JR全線が止まっている。足立区では鉄塔が倒れたとか、一体何時帰れるのだろう。NTTの電話も繋がりにくくなってる。私も、2番目にした事が、建築中の…

コメントなし

や、やられた

この3日間は完全にダウン。めったに熱を出さない私が動けなくなった。でもやらねばならぬ事は日々待ってくれない。毎日6時には帰るという、健全省エネで何とか乗り切った。困ったときには、近所の(歩くと15分以上だけど)伊藤医院。私のおじでもある。早い安いうまい(失礼)の3拍子がそろう現在では珍しい医者。いつもの薬を処方して貰い帰り際にはおば様からおみやげまでいただき熱も忘れてウホウホ帰る。やたら長い両大師橋のスロープをふ~ふ~言いながら渡ると真下にはいつもの常磐線がお迎え列車のように待っている。うっつ、この…

コメントなし

忘れたいこと

もんのすごいスピードで企画案を作る。朝、オフィスについたら2件依頼が来てた。おんや、このところご無沙汰。企画の空白期間には、たっぷりと哀しみの鯛焼きアンコが詰まってる。こいつは消えることの無い、失意の記録だ。ぐっさりやられ、2,3日心と体が戻らなかった。どこにいて、何をしてるのか、フラフラだった。何時までも、そんな事やっとれん。切り替える。打ってつけの仕事が目の前にあった。かぶりつき、怒った犬のように、仕事の骨を振り回す。ぐいんぐいん。最速の6時間で企画案全てを終える。ちょっとふらつく。どうだ、私に…

コメントなし

あぶない建築

相談を受けた。建設会社の作成したマンションの設計案が不安なのだという。拝見したら、12階建て、SRC造、1:6の塔状建物、かつその本体に1:12のEVと階段のシャフトが取り付いている。これだけだったら驚くことではない。が、そのシャフトの平面は2.7×6.7mなのだ!それで高さ35mまで立ち上げる!!ありえない。ねじれゆがみ転倒じゃ。そこまで行かなくても揺れてどうしようもない。当然シャフトはS造だろうけれど。手元に30cmの物差しをお持ちなら手にとってほしい。そう、その程度の断面しかない。仮に出来ると…

コメントなし

ルイス・カーン

朝日新聞で見た。ルイスカーンの映画「My Architect]息子による父親探しらしい。日本でも7月に公開らしい。年をとったらこういう建築がしたい。と、若い頃生意気に思っていた。でももうその時期が来てしまった。待ってくれないよ、運命のスケジュールは。http://www.myarchitectfilm.com/…

コメントなし

戦争が始まる

そんな夢を見た。力を抜き、争いを避け、穏やかに生きたい、と思っていた。だが、人生修養の足りないわたくしめ、思い通りに神様はしてくれない。荒野にいる、それは変わらないのに、生きるバトルをしなければぼたもちは落ちてこない。鋼鉄の鎧を着て、鉄帽子をかぶり、巨大な戦闘機を車庫から引っ張り出す。それで準備完了。久々にひりひりした感触を味わう。皆生きていく為に、社会という名の戦場に出て行く。自分にとって一番信頼できると思われる武器を取り心を鬼にして、顔には愛想笑いを浮かべて大都会に繰り出していく。ここがやっぱり…

コメントなし

丹下健三

丹下さんが亡くなった。きっとすごい反響があるんだろうな。お葬式は東京カテドラルらしい。行きたいけどきっと混む。カテドラルは大学生のときに初めて建築スケッチに行った場所。写真とは異なり、曲線の作る陰影は、当時学生だった未熟な私には手に負えなかった。光る金属体、おまけに3次元曲線では・・・。結局真っ黒になったスケッチを学校に提出したっけ。丹下さんは私が建築家になりたい!なろう!と強く決心したきっかけを作ってくれた人。当時小学校6年生、時代は東京オリンピック。北海道の田舎から出てきた少年には、天地がひっく…

コメントなし

江ノ島へ

仕事の調査も兼ねて、片瀬江ノ島へ、行って来た。東京から1時間ちょっと、さすがに平日、藤沢を過ぎると、もう電車はがらがら。ヘンテコリンナ駅の屋根を見ながら、目的地を目指す。なにしろ時間がない。マリンランドと海族館を通り過ぎて、現地到着。あらよっと、10分位で写真と調査を終えると、やったね、目の前は海だ!勇んでかけつける。やあ久しぶり・・・。と海にあいさつ、と、と、これって海??炭のような泥砂、風が臭う、平べったい情けない波、ああ、こりゃ海じゃない?九十九里のような荒々しさは無理としても、三浦海岸程度の…

コメントなし

ポークシチューという考え方

かつて狂牛病が最高潮だった頃、我が家では大好物のビーフシチューを諦めた。で、代わりを考案する羽目になった。その時に浮上してきたのがポークシチューというアイテム。元々は、ポークのトマトソース煮という名前で料理本にのってた。それをシチューと同じ味付けでアレンジ。以下まいります。材料:豚肩ロースかたまりか厚めの切り身500g、メークイン2、にんじん1、エリンギ等のきのこ1パック、たまねぎ2、マギーブイヨン等3個、赤ワイン150cc、ホールトマト1缶、にんにくしょうが各1、水600cc1:ま~ず、たまねぎを…

コメントなし

ディズニーシーの怪

結婚当初、決めていた事があった。それは私の誕生日12月30日にはディズニーランドでお祝いをする、というものだ。最初の1年目は守られた。寒かったけれど幸せな1日だった。2年目、風邪で私がダウンした。3年目今度は奥さんがダウン、仕方なく近所のスーパーで牛肉を買ってきて、スキヤキパーティーにした。そうして、次第に情熱は失せ、ディズニーは遠くなっていった・・・。昨年、10年目を少し超えた年、復活させようと言う事になった。そうだ、我が家はディズニーランドにより近くなっていた!今回はディズニーシーだ!まだ一度も…

コメントなし

カレーを作ろう

週末の料理はtamaの当番。 ここのところ和食続きだったので、久々にカレーを作ろう、とあいなった。 結婚したばかりの頃のように、カレー粉から本格的にはもう作らない。 味が不安定だし、市販品の方がおいしかったりして・・・。 まずはスーパーで材料を仕込む。たまねぎ2コ、にんじん1本、メークイン1個、肉は今回は豚ロース+ひき肉、そして赤ワイン。 ひき肉は早く調理でき、濃厚なダシになるから適宜入れる。家に帰ると、息つく暇もなく、台所で準備に入る。 手を洗い、包丁をセラミックの包丁研ぎで20回くらい研ぐ。毎週…

コメントなし

豚バラ

冬の間良く作るのがこの「豚バラ大根」、と我が家ではよんでいる料理。正確には多分、豚バラ肉と大根の煮付け料理かな?体はあったまるし、肉のたんぱく質と大根の食感がたまらず毎週でも作ってしまう一品。値段も安いぞ。材料はまず、豚のばら肉500g。ばらといっても脂が多すぎてはだめ。しっかり吟味して、特に断面をよく観察して脂分40%以下を選ぶ。大根は大きめのもの1本丸ごと。わたしゃ太いのが好み。ちなみに甘いのは葉のついた方です・・。あとは、しょうが、出来れば国産品。なぜって中国は防腐剤と農薬がね。好みでしめじ、…

コメントなし

40年の時を経て

僕らは再会した。 インターネットという利器のおかげで。 芦別で最後に住んだ山の手町、そこで2人は親友だった。 大学までは賀状のやりとり、やがてそれも途絶えた。 僕は東京で、彼は札幌で、そうとばかり思っていた。 多分一生会えないだろう、そう思ってもいた。 でも僕らは再会できた。 いつも通る駅を、彼も毎日通っていた。 会うのは簡単だった。 40年間を埋めることも、昔に戻る事も出来ないけれど 僕らは話続けた、時間が許す限り。 二人は同じ町内だった、でもその距離は子供にはとても大きく、 雪で凍って、すべる道…

コメントなし

断食だ

生涯二度目の断食をした。といっても48時間何も食べないだけ。 飲み物は甘いもの以外殆どOK、というイージーなもの。 理由、でぶってきたから・・、繰り返される日常に飽きたから、 体が要求してたから、これがぴったし。 前回は5年前、これは苦しい時期だった。争いごとを自ら起こし、 それも2つ同時に、日々戦いと後悔の日々。 心ささくれ、自ら体をいため、勝利したけどボロボロになった。 きっと負けた相手はもっとひどかったろうな・・・、と後から悔やむ。 で、そのときは初体験、断食終わって、おじや食す。 あまりのお…

コメントなし

新年が明けた

1月4日から仕事始めになった。 のっけからフルスピードだ。飛ばす飛ばす。 なんとかやっつけ、今日は明治神宮へ初詣。おみくじに御札。 なんか明治神宮のおみくじはおもろ~ない。抽象的すぎて吉かどうかも全く判別できず。 4年前までは毎年、成田山新勝寺へ行ってた。 ここは寺内の畳席まで無料で誰でも入れる。 ここで坊さんが唸ってる20分くらいの間、静かに瞑想できた。 至福の時間だったが、東京に移ってからは東京の神様。 さすがに未だ人手は多く、後ろの人を気にしながら 最前列でお賽銭。手を合わせ、手早くイメージを…

コメントなし