芦別物語

幸町35号から中の丘1961

■緑泉幸町35号から中の丘1961年(S36)頃  by suzu103

幸町35号から北側の中の丘町を見る。芦別川の断崖の向こうに左側に若草町2区が見え、 右側奥に錦町の街並みも見える。 送電線が走るのは三井芦別鉄道。拡大すると線路に人が見える。

ほぼ同じ位置左側から若草町の西側を見ている。 野点を楽しむお母様方の頭の上、白い屋根は保育園と配給所なのだろう。
左側の山、(スキーのリフトがあった)ずーと住宅街が連なっていた。 夜になると、100万ドルとまではゆかないまでも、10万ドル位の家々の明かりが見事に連なって見えていた。 それはそれは見事なものでした。文学的な才能が無いのでうまく表現ができない・・・。 鉄橋・・・。たしかにあそこを平気で歩いていました。高さが30メートルくらいはありました。 なんと、自転車で二人乗りのアベックもいたのです。まだ、緑泉大橋ができる前の事でした。
(suzu103氏コメント)

上記撮影方向 撮影提供(ネガスキャン) suzu103氏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付