芦別物語

緑泉結核療養所②

■結核療養所② 1952年(S27)2月 by ashibetsu

工事着工昭和26年4月26日、竣工昭和27年2月2日 施工 林組  昭和37年3月31日
健保組合結核療養所閉鎖 僅か10年余りでその役目を終える。
「結核療養所。確かにありました。平屋建てだったと思う。もちろん木造。 半分上は白壁、下は茶色の板壁。緑泉緑町の北側の方、 グリーンの芝生の庭がありました。 栄養士のおっさんが(太っていた)毎日、自転車で緑泉の配給所でしょうか、 買い出しに行っていました。すぐそばは、林鉄の線路でしたよね。 」
以上suzu103さんのコメント
撮影提供 佐藤松太郎氏 芦別市星の降る里百年記念館所蔵 (掲載許諾済)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付