芦別物語

頼城小学校授業風景1956年

頼城小学校 教室風景 1956年(S31)12月頃 by aiuchi 氏

1)1956年昭和31年頃の頼城小学校の授業風景。
教壇にいるのは宮本正二先生。日差しが柔らかく降り注いでいる。 椅子に引っ掛けたランドセル、右端にはストーブ。 我々も似た雰囲気で授業を受けていたのだろうか。

2)同じころの授業風景。
習字の時間。古い木の机と新しいスチールの机が混在してる。「あかしろ」とひらがなを書く生徒たち。書いたばかりの紙は床の上に。墨の匂い迄伝わりそうな写真です。

3)1956年(S31)12月の頼城小学校職員室風景。
左側の壁に吊るされた飛行機。ゴムで飛ばすやつ。 前列左から3人目が宮本先生、後列左端が飯沢先生。
頼城小 宮本正二先生撮影、AIUCHI氏 提供

3枚とも新規にAI人工知能によるカラーリングを行っています。
AIも進化しています。以前の室内は茶色一色でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付