芦別物語

頼城小学校

■頼城小学校 1962(S37)年 by makoto

頼城小学校大運動会です。校庭がとてつもなく広く感じる。 生徒数も1000人を超えていたらしい。
左側に、木造トラス組構造の体育館が見えている。
写真提供 makoto氏

■頼城小学校の正門前にて1960(S35)年頃 tama
昔は縦長のプレートだったんだ。小学校1年生の時、担任は鈴木先生。
優しい先生だった。 半ズボンに2重にはいた長靴下。これで、零下20度に耐えていたのだ!
この後、自転車の練習中に砂利道で肩を強打し、鎖骨骨折。
母に連れられて行った二坑分院。 待ってる間の不安だった事。
スチームと薬品の強い臭い。 折れているのに腕をグルグル回して見せ医者にあきれられた。
見事に折れた骨が重なり合い、きれいに完全には治らない、と言われショックだったよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付