芦別物語

頼城神社1959頃

■頼城神社から 1960年(S35年)頃by taka
1)頼城神社から見下ろす。右側に二坑会館、鳥居の下は東町8丁目の住宅。
私は昭和32年に山手町9丁目の一番上(大興寺・神社のすぐ近く)の炭鉱住宅に生まれ、
昭和51年の卒業まで(頼城小学校・頼城中学・芦別高等学校)暮らしていました。
よく近所の子供達と頼城神社や、山手町の裏山で楽しくスキーをしていたのを思い出します。
(taka氏の自己紹介コメント)

2)頼城神社前の広場。左に見えるのは土俵でしょうか。*AIによる着色画像。
このページの資料、撮影提供taka氏、禁無断転載、複写

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付