芦別物語

頼城駅公園のブランコ

■頼城駅 公園のブランコ 1956年(S31年)7月30日 by MS
1)ブランコの写真は頼城駅前の広場です。手作りでした。
手前の盛り土の上の建物は 駅の一部では?柔道場は線路の向こうです。(bear氏コメント)
奥に見える建物なんですが、頼城駅のすぐ北隣にある小屋(電柱もありますね)と、
またその隣にある盛り土の上の建物、だと思います。(塊炭飴吉氏コメント)
2)上と同時期、南側を写しているのでは?と推測。二坑選炭機の一部が写っている
↑撮影方向推定を示す。
上の説明用画像の東湯は広い道路の脇の赤い屋根 鉄道はブランコの写真の小屋の裏を通っている。
小さい赤い屋根が小屋、青い屋根が駅(bear氏コメント)
MS氏 撮影提供

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付