芦別物語

水明荘・旧

■頼城 旧水明荘  1966年 by yamasan

奥の左は旧水明荘です。
叔父が当時秋田からこの炭鉱に働きにやってきて ここに一時期住んでいました。
私もこの建物には記憶があります。火災で一部残ったのだろうか?
山さん氏のBBSコメント

旧水明莊の記憶もかすかに残っています、
やはり火災で燃えたのですが 「S48年の火災で焼失」とは大きく年代が違います。
まだジーゼルカーが導入される前のことですからS32年前後のことだと思います。
炎を上げて燃える旧水明莊の消防隊は仲町11丁目辺りから三井鉄道軌道上を横断して 消火していました、
(西町地区には消火栓が無かったかもしれません)
仲町11丁目と三井鉄道の間に排水溝が流れていて 消火に向かった赤い消防車が排水溝に転落していました。
電力会社の人と思われる人が電柱に登り燃える寮との電線切断を必死でやっていました。
SL機関車は消火作業のため手前で停車してポポォと汽笛を鳴らして近隣住民に知らせていたのか、
または前へ進むことができず怒っていたのかもしれません、建物は2階建てでした。
マッちゃん(当時の呼名)氏のBBSコメント
このページの写真は撮影提供:山さん氏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付