芦別物語

1937~芦別の歴史年表

■三井芦別の歴史年表 *青字リンクby tama

西暦 鉱山と交通 学校等建物
1937 三井鉱山、西芦別一帯を買収。  
1938  三井鉱山「芦別鉱業所」を開設  
1939  第一坑(炭山川)開坑 三井芦別鉱業所事務所,集会所(後に産業報国会館、西芦保育園)開設
1940

芦別森林鉄道咲別線開通
三井鉱山専用鉄道開通(下芦別(芦別)~西芦別(三井芦別))

西芦別小学校開校1期校舎
1941

町制施行「芦別町」人口15258人
7月/西芦別停車場ができる
一坑選炭機完成

西芦別小学校体育館
1942

三井鉱山専用鉄道が旅客営業開始

西芦別小学校2期校舎
大曲AP1,2,6号棟、西芦別郵便局
1943

芦別森林組合ができる

大曲AP3,4,5,7,8号棟 ,西芦理髪館
1944

第二坑(頼城)開坑
炭山川橋工事着手

一坑三井芦別病院完成
一坑旧坑夫の像完成
1945

三井鉱山専用鉄道(三井芦別~頼城)延長 緑泉駅新設。人口29028人

終戦
三井芦別労働組合建物完成
西芦別巡査部長派出所、役場西芦別出張所
1946

8/15三井黄金坑開坑三井専用線芦別駅廃止、国鉄芦別駅に旅客列車が乗入れ

桂月荘完成
1947

三井芦別坑若返り工事 油谷芦別炭鉱開坑、芦別駅舎新築

一碧荘、対岳荘完成
川岸小学校、黄金、西芦別中、頼城中学開校
1948

向陽荘、頼城理髪店、二坑従業員社宅235棟、 役場頼城出張所、桂月荘増築 6/15芦別鉱業学校開校(3年制)
頼城小学校初代校舎完成
1949

三井鉄道が専用鉄道から地方鉄道に。 西芦別駅が三井芦別駅に
9/15中の丘駅完成
黄金坑索道。積込ポケット

三井芦別労働組合本部、
鉱業所二坑分院
三井芦別保育園開園
1950

2/22三笠宮殿下来芦
9/10芦別開町50周年
電報電話局ができる 二坑選炭機完成

二坑会館完成10月 頼城保育園開園
1951

 

対岳荘全焼
1952

緑泉結核療養所開設
1953

4/1市制施行「芦別市」となる,人口70091人
中央バス野花南線新設

頼城小学校初代校舎全焼
10月 一坑会館,東黄金小学校開校 
1954

芦別森林鉄道小滝沢線開通。 芦別大橋開通台風15号(室蘭台風)接近
8/18天皇皇后両陛下芦別奉迎

頼城小学校新築レンガ造,頼城保育園, 西芦別中学校新築,市立芦別病院落成,中の丘スキー場完成,頼城薫風寮 
1955 人口68091人、炭山川橋 三井芦別鉱業学校,中の丘に移転, 芦山荘開設,頼城西町AP完成
1956 黄金坑選炭機全焼10月 中の丘分校開校、水明荘全焼
1957 西ドイツに技術者派遣59名、11/30緑泉大橋開通、 西芦別保健館、芦別啓南高等学校開校
1958 ディーゼルカー導入。6停留所新設。 啓南大橋開通、一坑立抗、坑口浴場 
7/2皇太子殿下芦別通過
緑泉郵便局、中の丘新生町AP、旭湖畔健保組合ボートハウス、中の丘小体育館、
1959   西芦別中学校新築第1期
1960 鉄道部門分離。三井芦別鉄道㈱設立  
1961 森林鉄道全線廃止、頼城橋開通、 中の丘スキー場にロープトウ完成
1962 第1次石炭政策
ガス爆発事故死亡14名
西芦別中学校新築第3期完成
桂月荘全焼
1963 中央バス芦別ターミナル開設  
1964 二坑立坑完成11月 10月西芦商店街大火
学校給食センター開始
1965 油谷炭鉱閉山、人口56671人二坑に統一、一坑選炭施設廃止 国設スキー場完成,川岸小学校閉校
1966

豪雨被害記事
黄金坑索道消えトラック輸送に

炭住増築工事
NHK西芦別(中の丘)中継局
1967 頼城橋建替
高根鉱業所閉山、ガス爆発事故死亡3名
西芦配給所建替
頼城中学校初代校舎火事
西芦別プール、西芦別郵便局
1968   一坑新病院
芦別商業高等学校開校、頼城中学校鉄筋造完成
1969 一坑人車運転廃止、バス通勤 新芦山荘建替
旧三井病院跡に北日本精機工場完成
1970 6/11ガス爆発事故死亡5名重傷7名 二坑会館解体
10月同地に青少年会館
1971  三井芦別鉄道さよならSL 4月27日薫風寮全焼
1972  三井芦別鉄道ヂーゼル廃止お別れ列車
三井黄金坑閉山 
西芦別小学校新校舎に建替え
1973 三井鉱山石炭部門を分離、三井石炭鉱業㈱芦別鉱業所となる 東黄金小学校閉校
1974   三井芦別高等鉱業学校閉校
頼城町改良住宅(市営)52戸建設
1975   黄金中学校閉校。
西芦別改良住宅(市営)48戸建設
1976    
1977 5/12三井芦別鉱ガス爆発事故死亡25名  
1978    三井少年野球BLACKSNAKE 準優勝
1979   中の丘小学校閉校
中の丘スキー場ロープトウ運転休止
1980   頼城、西芦別両保育園閉園
1981 10月1日頼城に芦別斜坑完成、一坑二坑が統合されて芦別坑となる。 市立ひまわり幼稚園開園
1982     
1983  人口31964人  
1984  中央バス高速ふらの号開通  
1985  -1986  
1987 三井芦別鉱業所頼城二坑に移転。 第8次石炭政策による大合理化  
1988    
1989
三井芦別鉄道が全線廃止,緑泉の芦別川鉄橋を爆破解体 西芦別浴場建替え2箇所
11月三井芦別倶楽部閉鎖
1990
カナディアンオープン、第9次石炭政策  
1991    
1992 三井芦別鉱閉山 旭公園旧旭橋  
1993   百年記念館開館
1994   炭住他炭鉱関連施設の解体が続く
1995    
1996 二坑選炭工場、立坑解体 頼城中学閉校
1997 カナディアン閉園 一坑旧坑夫の像解体
1998  -2001  
2002 星の降る里大橋完成・旭橋通行止 頼城小学校閉校
2003 三井鉄道本紹介  
2004 啓南大橋通行止、新炭山川橋完成炭鉱慰霊碑建立 市立ひまわり幼稚園閉園
2005 炭山川橋解体 西芦中学閉校
2006    
2007   旧頼城小有形文化財に指定
2008 旭橋解体  
参考文献:下記の皆様有難うございました。
「芦別市市勢要覧」芦別市発行、
三井芦別労働組合解散記念誌「耀風」
立ち入り厳禁「炭山への道」寺本孝広著、
「運転屋が見てきた三井芦別鉄道」安平鉄雄著
旧「上芦別発地球行き」ごっち氏のサイト、
「三井地区の地図年代を絞り込む為の建築物完成年メモ」百年記念館館長作

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付