芦別物語

1953石炭を担ぐ婦人

歴史生活>石炭を担ぐ婦人1953年(S28)頃 by ashibetsu

人生そのもののように重い石炭を背中に背負う2人の婦人 左後ろに見えるのは向陽荘、その右横には迫り来る機関車。 三井芦別駅機関庫付近の情景。

AIによる推定着色済み、クリックで拡大します。
幼少の頃に、線路伝いに石炭輸送の貨物列車から落ちたと 見られる石炭を拾い集めている写真のような姿の婦人を 良く見ましたね。ダブリュー氏コメント(掲示板より)
三井芦別労働組合撮影
芦別市星の降る里百年記念館所蔵 (掲載許諾済) 無断転載、複写を禁じます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付