芦別物語

1956.12准看護婦養成所戴帽式

■三井芦別鉱業所病院准看護婦養成所第1回戴帽式 1956年(S31年)10.12 by ashibetsu
1) 三井芦別鉱業所労働組合が写した画像。式典の場所は不明です。 旧三井芦別鉱業所総合病院の中には看護婦養成所があったらしい、その第1回の戴帽式。養成所の存在はBBSにて聞いていましたが実際の写真は初お目見えです。
2)戴帽式

3)全体の式典の様子。前2列の看護婦帽を被っていない人が対象なのでしょう。

4)上記白黒原画にAIによる着色画像。クリックで拡大します。
「病棟の玄関から第5と第3の奥にみえるところはわたり廊下になっていて、 途中、観音開きの戸があり(両側に)かんぬきが掛かっていました。そこを開けると、 看護学校に行けたはずです。平面図で見ると手術室準備室の辺り。」(当BBS 2013/07/08(Mon)よりクラブのローン氏コメント)
第2病棟の奥に看護学校があったようです。>旧一坑病院平面図式典の会場は多分、三井芦別幼稚園ではないでしょうか? 窓とステージに見覚えがあります・・。(BBSより じゅん氏コメント)
芦別市星の降る里百年記念館所蔵 (掲載許諾済)撮影:三井芦別鉱業所労働組合 無断転載、複写を禁じます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付