芦別物語

書籍等資料

■三井芦別 思い出資料、書籍

1993年(平成5年)に開基100年市制施行40周年を迎えた芦別市の 歴史と文化の資料などを図鑑にしてまとめあげた100年誌。 ¥1500-  芦別市役所 商工振興課観光係

■「石炭の技術史」~摘録(上下2巻、揃5,000円) 著者:児玉 清臣(元三井石炭鉱業㈱取締役技術部長) この本は、石炭の発見から当時の用途・評価、産業総説の経緯、石炭産業の近代化、技術の発達、主要炭田毎の石炭地質及び操業状況などを扱った上下2巻600頁を越す大著で、読破するには石炭に関する相当の知識を備えている必要であるが、鉱業(石炭に限らず)に関係する技術者にとっては一読に値する文献である。上記文は(World Coal, November2000より)
ささやななえ自選集2 KCデラックス 1977年
800 SASAYAさん 西芦別出身の少女漫画家。西芦別を舞台にしたシリーズ。 クラブのローン、事務所、浴場、小学校のグラウンド、炭住、芦別から西芦に向かう片側断崖の国道、そして炭鉱の生活が描かれている。 詳しい内容は下記を見てください。

■「チロルの挽歌」NHKドラマ、DVD、VHS 山田太一脚本の数少ない高倉健主演のTVドラマ。1992年4月、前・後編で放映された芦別が舞台のドラマ。テーマパーク「チロリアン・ワールド」の現場責任者として芦別に赴任した高倉健。 三井芦別の炭住街は最初と最後にちょこっと映る程度。タワークレーンを使用して見応えはある。

■「GTO」劇場版、DVD,VHS主演、反町隆史の劇場版。TVシリーズはフジテレビ系でOA。 一部、芦別市、頼城小学校が舞台になっている。2000年7月発売

北国の汽笛1』 星良助著 ないねん出版(2000出版) ¥4600- 三井芦別鉄道についての記述あり。


『立入厳禁』~炭山への道  立入厳禁編集委員会 ¥2476- 「炭山への道」の章で寺本孝広氏が三井芦別炭鉱と三井芦別鉄道の記録を書いている。(情報、岩粉撒き氏より)

「運転屋が見てきた三井芦別鉄道」 安平鉄雄 H15年発行実際の運転手だった著者が懐かしの機関車について貴重な写真と共に 三井芦別鉄道について語っています。(情報、岩粉撒き氏より)

『炭鉱(やま)の生活』 水田忠信著  北海道新聞社 (1990-07-17出版)¥2650-「ヤマの祭り」 水田忠信著 北海道新聞社 1988/06出版 ¥2520-

■「解散記念誌 耀風」 解散記念誌編纂委員会編 三井芦別労働組合1993労働組合がまとめた、最後の三井芦別の歴史。
全学校、病院、街の暮らしが詳細な歴史レポートになっている。 芦別の歴史を知る上で、秀逸な著作。

■「三井芦別専用鉄道」「空知の鉄道と開拓」安井幸雄 空知地方史研究協議会
2001 その他文献資料
■「芦別駅開駅50周年記念誌」小関誠二 芦別駅 1963
■「芦別市史」 岸本秋月、竹林利彦 芦別市 1974
■「三井芦別鉄道の歩み」 三井芦別鉄道株式会社 1989
■「男達の世紀 三井鉱山の百年」 三井鉱山株式会社 1990
■「新芦別市史」 第一法規出版株式会社札幌支社 1994
1950年(S25年)頃の三井芦別地図あり(全3枚)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付