芦別物語

1945.09三井芦別騒乱事件

■三井芦別騒乱事件 1945年(S20年)9月22日 北海道新聞 1979.10.08  by mondo

三井芦別鉱業所には終戦当時二千三百余名の朝鮮人と四百五十名あまりの華人労務者がいた。
(中略)終戦後かねて差別待遇に不満をいだいていた華人労務者の中の高官に属する者が、 部下二、三人と東頼城にある特飲店(慰安所と呼ぱれていた)に行ったところ、 朝鮮人たちに「お前たちの来る所ではない」と靴をか<されたうえ追い出された。 これが原因となって、昭和二十年九月二十二日の夜、 芦別川をはさんで朝鮮人労務者と華人労務者が総出動の月夜の合戦となり、 石や棒などを持ち二時間あまりにわたり乱闘を続け、 両方とも死者一名、負傷者数十名を出すという紛争があつた。
(四十九年刊行芦別市史)
新聞記事提供 mondo氏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付