芦別物語

啓南商店街

■幻の商店街 啓南地区2004年秋 by ganpunmaki

↑写真、啓南分岐停留所側から啓南橋方面を見る。 左側手前は畠山商店。

←交差点にある啓南自転車商会。

1985年当時の啓南商店街(ゼンリン住宅地図より)
昭和33年6月三井石炭最盛期の中で、啓南大橋が開通した。社有地区での遊戯施設を禁止していたが、大橋の開通で待っていたように2店のパチンコ店を始め2軒のホルモン店、飲食店、質屋など八店舗が開業し結構な有楽街だったが35年パチンコ店の火災以降、パチンコ店は本町に移転し、最後まで残っていた自転車店も閉店した。
「解散記念誌 耀風」より 岩粉撒き氏撮影、資料提供

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付