芦別物語

中の丘保育園 遠足

■中の丘保育園 遠足1955


1)これは幻の炭山川を渡る橋です。何度か流出し位置も後年、南側に移動したようです。
参考までに坑外一般図1955に解説を加えておきました。

 AIによる着色済。
2)中の丘の鉱業高校の横を通り保育園に帰る園児。

「小学4,5年の頃年下の数人と炭鉱のトロッコに乗って山葡萄を取りに行った。炭鉱の人は僕らを見ても危ないよとか何も言わなかった。終点でトロッコから降りて山に入っていった。葡萄の近くの木に新しい熊の爪痕が残されていた。熊も葡萄を食べた形跡があった。それでも怖い思いを忘れて葡萄取りに夢中になったのを覚えている。」
西芦生氏 提供 コメント
昭和30年の三井芦別保育園の保育記念帳より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付