芦別物語

三井芦別駅1958

■三井芦別鉄道ディーゼルカー、三井芦別駅1958年(S33)

1)三井芦別駅、1958年新しく導入されたばかりのディーゼル車に乗り込む人たち。
この年に6か所の停留所が新設された。

2)ご存じキハ103。冬に向かう列車。

芦別市星の降る里百年記念館所蔵(掲載許諾済)
三井芦別労働組合撮影 無断転載、複写を禁じます。


AIによる着色済み

2 thoughts on “三井芦別駅1958

  1. 中原健一

    昨年70歳を迎え生まれ故郷の西芦別に18切符を利用して行ってきました。
    面影は一部のみでした。
    山の手町の我が家はなく原野にもっどていて残念でした。
    75歳に再度訪ねてみる予定です。
    24年生まれの同級生は今どうしているのかな?
    織田君、倉重君、幼稚園の先生の小西先生、川崎先生等。
    頑張れ西芦別。

    +2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付