芦別物語

西町10炭住

■頼城西町10丁目の炭住平面図1941年頃建設

西町10丁目の1部と西町8丁目の一部であまり 多くは建っていなかった住宅のようです。 この家の玄関部分の写真がありましたのでこれも添付いたします。   私がこの家に越した時(1965)は平屋でしたが、引越し直後に2階部分を 増築しました。適時増築していたようですので家によっては 2階がなかったり、6帖程度の部屋を作ったりとまちまちだったようです。 増築といっても屋根裏部屋で、部屋の端は天井が斜めに なっていました。最初から2階増築が可能なように 屋根を高く作っていたのだと思います。(SUGO氏談)
図面作成 及びこのページ情報全てSUGO氏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付