芦別物語

父親世代2

■父親の世代2、三井鉱山 一坑1949年(S24)by makoto

二人は昭和24年三井鉱山入社の同期。 一方が私の父、もう一人が提供者の父上。 友人の少なかった父が珍しく、相方の名を「○○ちゃん」と 呼んでいるのを聞き、少なからず驚いたのはつい最近の事。  この場所が何処なのか、一坑か二坑かも分からない。 背後に写る建物が何なのかも分からない。 ただ、父のちょっとうれしそうな表情の理由が 何処にあるのか、何となく推量出来るだけ。 父は職業軍人だった。この服装はまるで旧日本陸軍の 歩兵みたいだ、と言ったらまた、怒られるかしらん・・・。 tama
○写真撮影、提供 makoto氏 禁無断転載複写

2 thoughts on “父親世代2

  1. tama 管理人

    この写真にコメントがつくとは驚きです。なんせ私のオヤジですから。何か資料が有ればどうぞよろしくお願いいたします。

  2. 牧野伸一

    お寺さんが芦別市なので,年に4~5回程芦別へ行きます。昭和28年生まれ(田川市)で保育園から中学迄は西芦別、頼城、上芦別の学校に通いました。本サイトにより当時の思いや記憶を振り返る事が出来、大変嬉しく思います。父が残してくれた写真でこれは,というものがあれば送りたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付