芦別物語

二坑橋を渡る家族1956

鉱山>■二坑橋を渡る家族 1956年(S31)年7月 by MS

二坑坑口を出て恐ろしい二坑橋の上をこわごわと渡る家族。下記地図の下から上方向を見ている。
Aiによる着色後、実際の色調とは異なります。クリック拡大します。

写真の右奥の建物について、 「圧搾室ですね。坑内及び近隣の施設で使用する圧縮エアーを送る施設で間違いないです。 上部にアンコ場と明記してあるのは採炭時使用するドリルで穿孔した穴に 火薬を詰め込んだ後に詰め込む充填物を作る作業場です。」 (T.T氏コメント face bookより)
ネガ撮影提供 MS氏無断転載、複写を禁じます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付