芦別物語

黄金坑選炭機その2-1957

黄金>選炭機とパケット積込み 1957年(S32年)頃 by ashibetsu
クリックで拡大します
1)黄金坑、選炭機に吸い込まれていく索道。中央部分が骨組みだけになっている。 右側に詰所、右奥山の上には教員住宅。選炭機の前面の広場は野球場でしょうか。

2)黄金坑選炭機、索道パケットに石炭を積み込んでいるところ。 右上の口から石炭が滑り落ちてパケットにたまっていく様子。 手前にあるボンベ状のものは何でしょう?
芦別市星の降る里百年記念館所蔵 (掲載許諾済)
三井芦別労働組合撮影 無断転載、複写を禁じます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付