芦別物語

youtube ってやつは

三井芦別の動画をyoutubeにアップしたら以下のようなコメントが表示された。

「あなたの動画には、次のような著作権で保護されているコンテンツが含まれている可能性があります:
ユーザーから異議のあった申し立て
"Spring Sonata", 楽曲 管理者:cccccc 」

こんなのが全32動画中3件も表示された。
管理者:cccccc は全て英語表記、ヨーロッパ系である。
放っておくと楽曲管理者の広告が動画の横に表示されるらしい。

アップと同時に表示されるのでどうやら埋め込まれたBGMのファイル名にだけ反応するようだ。
こちらも連休中で暇なのだ。
外は大雨で買い物にも行けやしない。

異議申し立てじゃ。こちとら著作権にはうるさい。

youtubeのガイドに従い異議申し立てをする。下記にチェックを入れる。

>この著作権侵害の申し立ては有効でないと考えています。
>私のコンテンツ利用は、該当する著作権法に基づくフェアユースまたはフェア ディーリングに関する法的要件を満たしています。
>簡単にご説明ください
そこで下記のようなコメントを送信する。

**********************************************************
このBGMは下記のサイトの素材を使用しています。
http://www.ne.jp/aaaaa/music/mmmm/
この中の
http://www.ne.jp/aaaaa/music/mmmm/tama.htm
内にあるspring sonata.midです
上記のページに以下の著作権の説明があります。
「☆当サイトの曲は、オリジナル曲以外は作曲者が死後50年以上
 経っている曲(著作権の切れている曲)を掲載しておりますのですべてご自由にお使いいただけます」
以上。
以前にも同様のことがあり大変迷惑している。
***********************************************************

と送信したら10分後に1通の返信が来た。
"Spring Sonata", 楽曲 管理者ccccは申し立てを取りやめました

ファイル 179-1.jpg

つまりは個別に音楽を聴いて判断しているわけでなく
単純にファイル名等が同一だと著作権コンテンツ云々のコメントを自動表示するシステムらしい。
そして異議申し立てがあると、これまた自動で「参りました取り下げます」コメントを発信するようじゃ。

全てはロボット検索システムによって行われている。
しかし反応するのは人間だ。

著作権法に違反しているかもしれない、などと軽々しく言って欲しくはない。
普通の人は驚いてしまう。心臓によくない。
もっともそれほどまでに著作権違反の動画がYOUTUBEには氾濫しているのだ。
タダで巨大動画を無期限で掲載させて貰う。
その代わり心臓を打ち抜かれるかもしれませんぜ・・。

追伸、最後の3番めの参りましたメールが異議申し立てから14時間後に届いた。
その間も心の平安は乱されていた。この未熟者が・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付