芦別物語

暑い!

暑い!と書いてみる。ここのところ現地調査がいくつか連続してる。
しっかり見ておかなきゃ設計は出来ない。
昨日はすごかった、暑さが。

アスファルトの照り返し、国道沿いの騒音、人気の絶えた街は
とてもそこが世田谷とは思えなかった。
じりじりじり。焦げていく。赤い登山帽をかぶり、まるで太陽風のような熱風の中を歩き廻る。
こりゃ、地上ではなく別の惑星調査隊みたいじゃ。
生態反応が極めて少ない。

まだ夏休みなのに、子供の姿は勿論全く見えぬ。
ポケモンラリーでは山手線を走り回る子供たちも
自分の家のまらりでは、暑すぎて遊ばないみたいだ。

沢山の計画案がある。あふれそうにある。
でも実現するのは僅かだ。いつもそうだが、
最近はあまりに多様化、未体験ゾーン、複雑化と
数えればきりがない。

ぐわんばらなくちゃ、の元気人間だけど、
毎日新しい知識を必死で脳にインプットしていく。
朝起きると、同じくらいの量が流れ出ている。

代わりに入ってるのは過去の亡霊たち。
雑念と妄想の産物たち。一体私の脳はどうなってるんじゃ??
周りに聞いても、こんなに雑念の塊のような人間はあまりいない。
流れ出た妄想エネルギーで周囲の世界を形作っているのだから・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付