芦別物語

故郷芦別の詩

現実の色が薄れ、日々の消え去る速度に戸惑う頃、
浅いまどろみのなかで魂が北へと旅たつ夢を見る
深い渓谷の轟きから離れ草原を蛍のように照らす。
僅かな灯火のなか探すのは消えた古い思い出の家。
ファイル 271-1.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付