芦別物語

悪夢の終わり

毎日夢を見る。いくつも見るけれど、覚えていられるのは一つか二つ。
ようやく長かった風邪も治まり、その後遺症で痛めた肺も治った。
狂ったような、自分のものでないような夢も終わりを迎え、
今は普通の穏やかな夢に浸っている。
一時は自分のHPそのものから逃避し、お気に入りも消して何も考えないようにしていた。

時々ある。
HPを運営していると、資料提供者の奥にある無意識に触れてしまうのだ。
それもまた意外な発見であり、楽しみでもあるのだけれど。
写真はただのデータではない。
それを所有し提供してくれた人の感情が乗せられている。
ゆめゆめ、ただの画像だなどと思ってはいけない。
そんなバカな事が・・そう思える人は幸せである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付