芦別物語

大震災

ファイル 146-1.jpg

3月11日、父の命日からぴったり1ヵ月後にそれは起こった。
あまりに苛烈を極め、詳細を書くことも出来ない。

今一番心配なのは原発による2次災害だ。
放射能汚染を恐れて東京を離れる人たちを駅で見かける。
逃げるのは自由だ。
でも何とかなるはず、という希望を捨ててはならない。決して。
もうダメだからと皆が諦めたら、その通りになる。
諦めなければ、最悪でも最小の被害で済む。

この事は経験上いやというほど知っている。

必ず何とかなる、そうしなければならない。
昨日は奥さんと二人で近所の両大師に行き、原発の真上に滝が出現し、轟々と水を注ぐイメージを固定し続けた。

イメージは現実ではないけれど、現実への手前だ。
これらなくしては何も達成できない。

水よ降れ、原発を冷やすのだ。どんなことがあっても諦めてはならない。
皆で祈ろう。何時かそれは現実化するのだから。

画像は「天然水太郎の天然日記」から戴きました。すいません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付