芦別物語

大震災9

フクシマで胃痛が止まらない。

先週1週間胃の痛みが止まらなかった。
確か深夜のフクシマ原発のライブカメラを見てから。
もうもうと噴きあがる白煙、何じゃこれ。

マスコミの発表は皆無。心配は募り、ついにダウン寸前。
仕方なく周囲に押されて近所のJ医科大学へ胃の診察を頼む。
胃カメラも12年ぶりに飲み、結果何事もなし。
線上の表層胃炎の痕跡のみ。

これですっかりうれしくなった単純猫の私。

今朝方フクシマの汚染水の夢を見た。
地表に並ぶ深いプールがふたつ。

一方は高濃度汚染水、他方は皆が飲む水道飲料水、
どちらも透明で区別が付かない。
2つの距離はわずか1m、水面はどちらも地表ぎりぎり。
あと一雨で2つは混ざり合う、と思ってみてたら
猛烈な胃痛で目が醒める。

治ってたわけじゃないんだ・・。

一人夜が空け始めた部屋でPCを開き、ネットで明るい話題を探す。
ニュースは見ていられない。

YUTUBEで昔のアニメを見て気を紛らわす。
何とか落ち着いたので寝室へ行き再度眠ろうとする。

きっとコンナ生活してる人は私だけではない。
フクシマの不安は今や巨大な黒雲となって人々の上を覆っているのだろう。

のんびり菅は知らんぷりのようにも見える。
こいつにだけは即時撤退を求めたい。

痛みを知らぬものは、主導者でもなく人間ですらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付