芦別物語

大震災7

仮住まいの輪が広がっている。
有名なのはなんといっても赤坂プリンスだ。
丹下健三が最も好きだったと言われる建築だ。

若かった私も大好きな建築の一つだ。
見ていて何よりも力をもらえる。

その最後のご奉公じゃね。

今は安心してプライバシーが守られる住まいだ。
段ボールで区画して、体育館の避難者のプライバシーを守ろうという動きもある。
当初は有効だが、いつまでもそれに頼るわけにはいかない。

本格的な住まいが必要だ。それも出来るだけ長期の。
以下が建築家が協力するサイトです。

http://www.karizumai.jp/

一部屋でもいいみたい。
我が家も実家が余っているかな・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付