芦別物語

夢)研究所の中

夢)
有名ではないが商業的には成功した建築家が自費で建てた研究所。
何でもありのデザイン研究所。そこに自費参加している。
教室では研究生が到底採算のあいそうもないデザインに没頭し
3Dプリンターで石膏型を削りだしている。
でも本人も何をやりたいのか良く分かっていないみたいだ。

息苦しくなって外のコンビニで何か買おうと出て見る。
盆地のように囲まれた狭い地所に工場のような建物が建っているだけ。
道の先は細くなり進めない。後ろに戻るだけだ。
戻るのはいやだった。
建物の中に入り、違う廊下、出口を探す。
ここなら別の場所に出られると思ったら、そこは外壁に穿たれた穴。
落ちたら命は無い。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夢が醒めて)
疲労してると神経が高ぶりハイになる。
自己保存本能ばかり強くなり死ぬ前に何かを残そうともがく。
昨日はそんな感じだった。
今日はやけに落ち着いてアサリを使ったクリームシチュー作りに専念。
馴れてるはずなのに見事に失敗。
ワインと牛乳が分離して白いチーズの泡のようになってしもうた。
奥様に謝り夕食は生協で購入した冷凍時鮭にしてもらうことにした。
あ~あ。力が抜けていくよ。
1時間半も掛けたのに。アサリの砂抜きもうまくいったのにね~。

これでいいのだ、きっと。これで。
人生は無駄になることも多いってことかな。
余分な力を抜きなさいって誰かが言ってるんだ。

追記)シチューの分離についてはWEBの答えはどれもでたらめ。
自分で検証もせずに回答している輩が多い。
正解が一つも無い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付