芦別物語

夏ばてた

今朝、出かけるために靴下をはこうとした。どうしても履きたくない。
そのまま放り出し、奥様に今日は休みだ宣言。
熱を測ると結構ある。
体内にマグマを抱え、それが出て行かないような気分。

再度寝る準備をしてバタン。
そのまま2時間。昼ごろ電話で起こされ、仕事の話をする。
3時間くらいすったもんだし、終了後再度バタン。
気付くともう夕方の6時。

昼間だけで殆ど1日分の睡眠をとる。
それでもまだ足りない。

昨日の午後暇になったので、
10年分の汚れですっかり色が変わった事務所の塩ビシート床を強力クリーナーで落とした。
外に頼むと何万かかかる。自分でやるべ。

短パンとTシャツに着替えて床に這い蹲り、
水浸しにして水面を滑るように気分良く大汗をかいて
メガネに水溜りをつくり終了した。

その後、微熱発生。
全身がだるくなり、今年の夏のツケを一気に支払うはめに。

ファイル 189-1.jpg

他の人はどうしてるのかな、年々過ごしずらくなる関東の夏の日。
亜熱帯は住みずらいね。

この星はやがて住めなくなるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付