芦別物語

壊れた

良くある事だがPCが壊れた。
電源ONでも液晶画面が真っ白。
PC本体はHDが何やら動いている。う~~む。

物を持つ事は悩みを持つ事だ。PCの台数分だけ心配と悩みを背負う。
今回はsharp mebius1999年製。win98である。
よく持ったというべきか、まだまだと言うべきか。

幸い、さすがに仕事用は引退して、今やウィルスに対して安全なwin98の
特性を活用してインターネット専用機だった。
仮にウィルスにやられても実害は殆どない。
勿論ホームページもこれで作成していた。

それも仕事のHPは別のPCで作る。
趣味のHPだけの被害だ。バックアップはしばらく取っていない。

ネットで検索すると、ハードの問題だけらしい。
別の液晶を繋げようとしたら、コネクタの形状が異なる。
どうやら他メーカーの機種は繋げないらしい。

電源ONでうんうんうなっているので、もしや正常にwindowsは立ち上がっている?
という仮定で、別の機種からアクセスしてみたら
あ~ら不思議。ちゃんとネットワークがつながるぜ。
OK,OK。これでバックアップがとれる。

後は、見積もり次第で液晶部分の修理か、新品交換か、が決る。
7年という使用期間は長いのだろうか。
家電製品なら決して長くは無い。

またまた悩みが増えた・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付