芦別物語

メーラー変更

この1ヶ月はメーラー(メールソフト)の変更に費やした。
ほんと無駄な時間の連続だった。
WIN XPでのoutlookexpressからの変換。

1)シルフィードなる国産フリーソフト
・outlookexpressからの乗換え変換はデータはスムーズ。
・アドレスは一部のみ変換、残りは出来なかった。
・署名も×。
・右クリックでsendtoでは手動で設定するが西ヨーロッパ言語になってしまった!
・新規作成ではテキストのみという馴れない設定。
 HTMLは使えず、垢抜けないレイアウトでメール本文が出来上がる。
・コピー貼り付けでは文字化け多く、全てを修正しきれない。
・データ保存は独自の個別方式。拡張子なし。
 ファイル自体そのままでは判別不可能。


2)Windows Live Mail
・outlookexpressからの乗換え変換はデータはさすがにスムーズ。
・アドレスは全て変換、これもスムーズ。
・署名もそのまんま。当然といえば当然。
・右クリックでsendtoでは自動で設定。言語エラーもない。
・新規作成ではHTMLも使えるので使いやすい設定。
・データ保存は理想的な個別方式。emlで自動保存。
 ファイル自体もそのままで判別可能。
・悪夢のような表示。起動時間も他のソフトの数倍かかる。
 既読件名が極めて薄く表示され見にくい事この上なし。
 おまけに表示設定、デザインはお粗末で変更は殆ど不可。
 まるでXPにはサンプル使用のみ許可。
 別のWindowsバージョンに強制的に移行させようとしてるみたい。

3)thunder bird、フリーソフト
・outlookexpressからの乗換え変換はデータはスムーズ。
・アドレスは全て変換されるがフォルダを作って分類は手動。
 これは面倒くさい。
・署名はそのままだと1種類だけ。複数署名はアドオンで可能。
・右クリックでsendtoでは自動設定。

・新規作成ではHTMLも使用でき美しいレイアウト。
 可変性も高い。
・コピー貼り付けでは文字化けなし。
・スキン表示設定が2000種類以上から簡単に選べる。
 私は落ちる滝の水の涼しげなアニメを選択。
ファイル 211-1.gif

・一つずつ捜しながら便利になるよう設定していく。
 時間と努力が必要だが、とても洗練されたソフト。
・データ保存は独自の一塊方式。拡張子はある。これは不便だ。
 ファイル自体そのままでは判別不可能。
 ただemlなど他の拡張子は直接読み込める。

という訳で、ThunderBird使用続行中。
他の2つは削除。レジストリからも消した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付