芦別物語

ポークシチューという考え方

かつて狂牛病が最高潮だった頃、我が家では大好物の
ビーフシチューを諦めた。で、代わりを考案する羽目になった。
その時に浮上してきたのがポークシチューというアイテム。

元々は、ポークのトマトソース煮という名前で料理本にのってた。
それをシチューと同じ味付けでアレンジ。以下まいります。

材料:豚肩ロースかたまりか厚めの切り身500g、メークイン2、にんじん1、エリンギ等のきのこ1パック、たまねぎ2、マギーブイヨン等3個、赤ワイン150cc、ホールトマト1缶、にんにくしょうが各1、水600cc

1:ま~ず、たまねぎを5mm厚に大まかにスライス、殆ど溶けるので気にしない。
2:肉は食べやすい大きさに、出来るだけ塊で、4cm角程度以上に切る。

3:たまねぎをサラダ油で色づくまで炒める。ただしカレーの時ほど茶色にする必要はなし。出来たら鍋に移し水600ccを入れて火をつける。

4:肉は塩コショーして小麦粉を大さじ3位振り、まんべんなくまぶす。
フライパンにサラダ油を引き、にんにくしょうがのスライスを炒めて香りが出たら、肉を入れ色よく焦がす。

5:ホールトマト缶を開け、肉の上に投入。この時、飛び散らないように注意、注意。赤くなるよ。
トマトを木へらでつぶし、3の沸いた鍋に投入。

6:メークイン、にんじん、きのこ類は乱切りにして、フライパンにバター大さじ1以上いれて、炒める。バターはこく出しにもなるのでケチラズニ使おう。

7:6のニンジンだけ3の鍋に投入。これで役者が揃う。
マギーブイヨン等を入れ、赤ワインも入れて出来れば月桂樹の葉も2枚入れる。さ、あとは待つだけ。焦がしちゃいかんぜよ!

8:煮込むこと、1時間半。肉によるが大きな塊ならさらに30分追加。
全体に肉が柔らかく、繊維が解けるちと手前、で止める。

9:メークイン、きのこ類をやっとこさ投入。煮込むこと30分。
新じゃがなら煮崩れるので20分程度で止める。

10:くんくんと匂いをかぎ、良さげならOK!
隠し味は、しょうゆ小匙1に香りの良いウスターソース小匙1を好みで加え、完了。

あとは家族の喜ぶ顔を待つだけ!!

出来上がるまでに大抵、料理に使ったワインで真っ赤になる私目。
それもまた、花??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付