芦別物語

ホームページビルダー

ホームページビルダーを新規購入した。バージョン20。今までのがバージョン6!ほんとの6、15年ぶりに替えた。
今まで何度も変えようとしたが評判を見てその都度思いとどまった、今回はスマホページを自動的に大量変換する必要に迫られて購入した。
結果、変換は最近の標準モードで作成したファイルだけがちゃんとスマホページに変換できた、多分1年分くらい。
残りは使い物にならへん。
新しくなっても動作が恐ろしく重く、今開いたばかりのページを閉じるだけでも10秒またされる。
更新や上書き保存などとんでもなくじかんがかかる。
仕方ないので、20でしか出来ないことだけやって、残りの大部分は古いバージョンで行うことにした。

cssで段組しフレームを止めるようにしようかと思ったけど、趣味のページは1300ページもあってこれらを効率よく表示する方法はフレームしかあらへんよ。
国会図書館のホームページでも参考にしますか。

おまけにお仕着せのテンプレートは大嫌い。
その辺に転がっている打ち上げられたトドみたいな有料パターン化されたページは皆このタイプじゃ。

かくしてようやく取った正月休み10連休はホームページビルダーテストで3日が消えた。
後は何しよう?
期待を込めた浜田省吾コンサートチケットは1枚も買えず、遠く沖縄から九州までチケット申し込み、ホテルも調べ飛行機も直ぐに買えるようにしてたけど、知らせはいつも無情、落選の文字が張り付いていた。
疲れきった体には良かったのだと無理矢理納得させようにも、休日3日で体調は戻り筋肉に力と張りが甦ってきた。
何かしたいよ!
自分の誕生日と正月の実家巡りでは面白くもない。
よく働いたと自分を誉めても、3日で甘い言葉のご褒美も尽きる。

魂は違うことを求めている、それが何か分からない。
モタモタしてると来年の仕事の渦に巻き込まれてしまう。

洗濯機の縁を歩いている蟻のようだ。
オリンピック景気に世の中は浮かれ叫び声も上げずに押し流されていく。
端っこでもがいている、時代の意味さえ知らずに。
何故ここにいるのかも分からずに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付