芦別物語

ザ・プリンス箱根、恨み節

12月24日クリスマスイブの日に、母と姉を連れて箱根に行く。
2度目のプリンス箱根。村野さんに会いに来たという感じ。

元々は今年の私の誕生会をどこでしようかと話していたとき、ふいに箱根に行きたくなった、ならば誕生日が殆ど同じ母を連れて、今までの母の旅行は全部お任せだった姉の慰労を含めて、行こう!と言う事に成った。

50日くらい前の早割り特典を使い、4人で富士山ビューと芦ノ湖ビューの一番良い部屋を隣り合って2部屋予約できた。
こんなこともう2度とないかもしれない。
ファイル 290-2.jpg
疲れた体はぴくりとも笑おうとしない。
何をモチベーションにしよう、私は喜んでいるのだろうか?
母の事は不安だらけだったけれど、喜ばせるのが好きな私は皆を連れてチンドン旅行に旅立った。

認知症を患う母の世話は大変に疲れる、本人は全く気づいていないのだが。
今まで姉一人におっかぶせていた事を痛感する。
初日のお昼ご飯は、近くの小田急山のホテル、最近リニューアルしたこの古いホテルは食事と景色は抜群だ。
部屋は狭いので一度も泊まった事がない。
ファイル 290-1.jpg
同じところに何度も行っていると過去を反芻している自分が見える。まるで牛みたいに想い出を咀嚼している。
年をとるってこういう事なんだ、じんわり沁みて来る。
新しい世界と風景に自分を投げ出すなんてこと、もう出来ない。
殻に引きこもり自分だけの小さな窓から外を眺めている。
そのくせ年だけは経ているので大事にされたくて偉そうにしている。

本当は始めて見る部分もあるのに、分類し振り分けることで安心している、お爺さんみたいだ。
ファイル 290-5.jpg

母と旅行するのは物心ついてからない。
母はすっかりふけた自分の子供との旅行が始めてである事にすら気づかない。
勿論最初で最後である事にも。

子供の頃どこへも連れて行ってもらえなかった、長い長い夏休みを恨めしく思っていた。
小学校の夏休み帳は私の旅の創作で埋め尽くされた。
大人になったら思い切り旅をしてやる、そう思ってたのかもしれない。
ファイル 290-4.jpg
我儘を振りまき、それでも喜ぶ老いた母の姿を見て、
奥様の父上との旅行を果たせずに終わった事が悔やまれる。
じっくりじっくり話をしてみたかった。
ファイル 290-3.jpg
芦ノ湖の風の中で、恐ろしく晴れ上がった青空の下で、思い出と悔恨がびゅーびゅーと吹き飛んでいく。
疲れた顔に無理やり笑顔を浮かべて時の流れが染み込んで行く体を思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付