芦別物語

ずる休み

昨日決めた。
3連休ずる休みだ。風邪でもない、台風でもない、もっとも今晩から大雨の予報だけど。
何ていい気分だろう。仕事も忘れ、PCからも離れ、頭を完全にアナログに戻すことにした。

手始めに朝から壊れた食器洗浄器の修理にとりかかる。
4日前に壊れネットで調べて自分で治すことにし部品を注文した。
大阪から昨日部品は届いていた。
ネットのブログによると簡単そうだった。それが自己修理の理由だった。
蓋を開けて後悔した。
このまま放り出して奥様に笑われて、TOTOの修理センターに来て貰った方がずっと楽そうだった。

心の中で半べそをかきながら、裏板、右側板、左と開いていって
最後に底板にたどり着く。
外したネジの数だけでも皿の上が一杯。

嘘だろう。ブログを書いた奴は暇だけ余ってる元プロの技術者なのだ。
そう思っても後の祭り。
手を切り、指を荒らしながら格闘すること1時間半。
でようやく終了。瞼の痙攣と汗が止まらなくなっていた。

これが自由になることかね・・。そうぼやいてシャワーを浴びる。

奥様が良くやったねポチ、という顔をして小遣いをくれる。
これが自由になるってことかい、もう一度つぶやく。

外は雨。また土砂が流されるのだろうか。
崩れ、地形が変わるのを見てみたい、などとカンレキの不良おじさんはつぶやく。
ねばならない、ねば、こんな義務感で固められた納豆みたいな人生、時にはおさらばしたい。
いつも逃げられるわけじゃないから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付