芦別物語

BBS01

   最後へ> BBS:01 >次へ 

■ 更新停止のお知らせ 投稿者:tama  引用する
PC表記の当サイトは2018年1月20日をもって更新停止とします。
皆様本当に長い間有難うございました。感謝してもしきれません。
数え切れないほどの更新を行ってその都度時代に即応してきましたが、今後はレスポンシブデザインのwordpressへ移行します。
下記にてどうぞ。
http://tama.bona.jp/
2018/01/20(Sat) 16:20:57 [ No.5951 ]
□ Re: 更新停止のお知らせ 投稿者:西芦っ子  引用する
ここ数年の観覧未熟者でありましたが、このサイトを見つけた時は本当に心が震え、涙した時がありました。
ここを通じて懐かしい人達にも会えました。
更新無くしても!又!懐かしいお話を聞いて頂きたいと思います。
tamaさん、又お会い出来る事を楽しみしていますね。
今後は…フェイスブック?
と、…
2018/01/20(Sat) 22:55:15 [ No.5952 ]
□ Re: 更新停止のお知らせ 投稿者:tama  引用する
wordpress見えてますか?
私にも分からない事だらけです。
何せ年末にその存在を知り、正月休みには無理やりインストールしてました。
おかげで体を壊したし、もう思っている自分と現実の自分がかけ離れてきてます。
ダメですね~つくづく思います。
wordpress側で新規の更新も行いますよ。ネタがあればの話ですが。
wordpressって管理者がメンテナンス中は他の人は見られないのかも?
通常のホームページと異なり全てWEB上でメンテ出来るんです。
スマホからも更新できます。
そのせいでしょうか、うまく見られないのかも。
私は今日は1日中いじってましたよ。すいません。
2018/01/20(Sat) 23:08:17 [ No.5953 ]
□ Re: 更新停止のお知らせ 投稿者:西芦っ子  引用する
すみません。何かが違うようで。上芦別はちゃんとみれるのですが、
この後、何処で観覧したらいいのか?
リンク先?って言うのか…
更新されないだけで観覧出来るのですか?
超初心者なのですが。
2018/01/20(Sat) 23:22:52 [ No.5954 ]
□ Re: 更新停止のお知らせ 投稿者:tama  引用する
上芦別しかまだ更新追加してません。
1ページ追加するのにやたらと時間かかりますんで。
2018/01/20(Sat) 23:33:26 [ No.5955 ]
□ Re: 更新停止のお知らせ 投稿者:塊炭飴吉  引用する
tamaさん皆様、 今年もどうぞよろしくお願い致します。
定期通院の身ですが、普通に暮らして仕事してます。

wordpressに移行するんですね、頑張ってください。楽しみに待ってます。
Microsoft Edge,Google Chrome,Mozilla Firefox,Opera 全て見えてますよ。

2018/01/29(Mon) 20:38:32 [ No.5956 ]
□ Re: 更新停止のお知らせ 投稿者:tama  引用する
飴吉さん、お久しぶりです、お体を大切に。wordpressは試行錯誤の連続ですようやく1割移行したと思ったら思わぬ問題が、、、
またお会いしましょう!故郷で。
2018/01/29(Mon) 21:25:09 [ No.5957 ]
■ 自己紹介板に 投稿者:tama  引用する
初めての方です。投稿有難うございます。
喜んでいただければ本望です。

—————————-
「懐かしさで胸がいっぱいで…」投稿者:弓山
http://aatama.saloon.jp/yybbs/yybbs.cgi

2018/01/07(Sun) 15:11:30 [ No.5949 ]
□ Re: 自己紹介板に 投稿者:tama  引用する
お父様を炭坑事故で亡くされているようです。
大変でしたね。下に慰霊碑があります。
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/other/ashibetu-ireihiphoto.html
2018/01/07(Sun) 15:14:29 [ No.5950 ]
■ 新年のご挨拶 投稿者:tama  引用する
■ 新年のご挨拶正月はずっとwordpressを試してました。
何が出来るのか、何に向いているのか、そして芦別物語を古いままで終わらせるのか、移植するのか、新しいものだけ新しい方法で語り継ぐのか。
結論が出ないままに三半規管をやられてしまいました。
気がつくと1日に数十のテーマを試し失敗し、結局本屋さんに走り教本を見て、またWEBに戻っての繰り返し。
喪に服しているので正月のお祝いは最小限となり殆ど家に閉じこもっていました。
10連休ももうすぐ終わりです。皆さんはどう過ごされましたか。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
芦別物語、管理人建築猫tama
2018/01/07(Sun) 00:19:49 [ No.5948 ]
■ 緑泉郵便局前広場1965 投稿者:tama  引用する
■ 緑泉郵便局前広場1965Yayoi氏提供の婦人会による運動会風景。1965年6月。
緑泉郵便局前の広場で行われた。
後ろに見えているのが当の郵便局。
「婦人会だけの運動会だなんて当時は会社も活気があったのでしょうね。かけっこするのにスカート姿というのもなかなか面白いと思いました。」yayoi氏コメント

http://aatama.saloon.jp/ashibetu/rokusen/rokusenyubinkyoku-fujinkai1965-yayoi.html

2017/12/30(Sat) 17:24:31 [ No.5947 ]
■ 旧頼城中学校内部 投稿者:tama  引用する
■ 旧頼城中学校内部星嵯高校(旧頼城中)内部
取り壊しが決った星嵯高校(旧頼城中学校)校舎内部。
2010年10月当時の画像、故suzu103氏撮影提供です。
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/rokusen/raichu-naibu2000-suzu103.html
2017/12/26(Tue) 17:47:59 [ No.5946 ]
■ 老人クラブ 投稿者:tama  引用する
■ 老人クラブ老人クラブの室内の様子。場所は不明です。
1975年頃でしょうか。
後列中央で背広を着ているのは中の丘町1番地出身の道議会議員、山家勇氏。
白黒原画にAIによる推定着色をしています。
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/other/rojinclub1975.html

欽ちゃんの思い出の後にで西芦の老人ホームについて書かれています。必見。
http://www.katoshoten.jp/kinchan/omoide/index.php/view/75

2017/12/09(Sat) 17:47:16 [ No.5939 ]
□ Re: 老人クラブ 投稿者:tama  引用する
facebook ルイさんのコメントにより、
一番後ろの右端にルイさんの祖母がいてこの場所は西区3丁目と判明しました。
感謝!!
2017/12/09(Sat) 22:24:50 [ No.5940 ]
□ Re: 老人クラブ 投稿者:るい  引用する
芦別物語には祖母も母も父も叔父も写真あります。
偶然ですが驚きました。どんな形でも会えて幸せです。
思い出をつなげます、ありがとうございます。
2017/12/11(Mon) 00:48:04 [ No.5941 ]
□ Re: 老人クラブ 投稿者:tama  引用する
すごいですね数少ない人物写真にそんなに写っているとは、ご縁でしょうか。
2017/12/15(Fri) 21:17:55 [ No.5942 ]
□ Re: 老人クラブ 投稿者:miki  引用する
「欽ちゃん」のブログにも書いてあるように、
老人ホームがあったのは第3浴場の向かいです。
住所でいえば西区3丁目の1号ですね。
玄関先までしか行ったことがなかったので、内部は見たことはないのですが、お隣のおばあちゃんが時々通っていて
「西区3丁目1号の1舎から4舎まで使っているんだよ」
と聞いたことがあります。
2017/12/18(Mon) 22:22:10 [ No.5944 ]
□ Re: 老人クラブ 投稿者:tama  引用する
mikiさん、ご無沙汰です。
気づくのが遅れました・・・。
西区3丁目の1号で丸ごと一棟ですね。有難うございます!
2017/12/23(Sat) 09:35:34 [ No.5945 ]
■ メーデー1949 投稿者:tama  引用する
■ メーデー1949西芦別小学校前での三井芦別300人もの集合写真。
メーデー昭和24年、1949年。
顔ぶれを見ると当時の職員組合の様子。中央上段に緑町AP1号棟にいたNさん、
よーく探してみると左端上段でふて腐れて一人タバコ吸ってるのが私の親父。
我が家にも無い初めて見る写真です。
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/other/mayday-syokuin1949.html
2017/12/16(Sat) 17:01:34 [ No.5943 ]
■ 緑泉郵便局広場? 投稿者:tama  引用する
戴きました!yayoiさんからです。
1960年代の現役の郵便局が写った初の写真です。
年末のビッグなお楽しみです。感謝します。
2017/12/08(Fri) 09:09:32 [ No.5938 ]
■ 黄金坑アゲイン 投稿者:tama  引用する
黄金坑 索道 1957年(S32年)頃
選炭機側から見る。手前の二又沢を渡り右側に浴場、
西芦商事を見て元町の住宅街の頭の上を抜け遥か芦別まで続く索道。
この画像をどれだけ待ち望んだ事でしょう。
よ~く見ると、ゴンドラの中には人が乗っています。
これってどうやら日常茶飯事だったような・・・。
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/kogane/kogane-sakudo1957-ashi.htm
2017/12/03(Sun) 12:09:23 [ No.5937 ]
■ 芦別駅前あけぼの通り 1957年(S32) 投稿者:tama  引用する
■ 芦別駅前あけぼの通り 1957年(S32)1)第28回メーデーデモ行進(芦別駅前あけぼの通入口) s32
手前からミッキー靴店、おやきの?、マルゼン、マルシン、銀座街東衣料店と続きます。
2)左側 交番、ヤング理容室
右側 辰巳旅館、マルゼンと見えます。

http://aatama.saloon.jp/ashibetu/hontyo/mayday1957-akebonotoori01.html

2017/11/25(Sat) 15:48:58 [ No.5936 ]

■ 芦別駅前通り 投稿者:tama  引用する

■ 芦別駅前通り芦別駅前通り1953-1957(S28-32)
1)三井芦別労働組合デモ行進(芦別駅前通) 1953年(s28)頃
芦別駅前通り交差点、駅に向かって左側手前から、ラーメン庄助、パチンコ、北海道銀行、
右側手前から、松尾洋品店、大阪屋、スズキ、眼鏡?、スズキ旅館、フタバ薬局の看板も

2)第28回メーデージグザグデモ行進(芦別駅前通)1957年( s32)
芦別駅前通り交差点、駅に向かって左側手前から、北海道銀行、はきもの松井商店
右側手前から、ルビー美容室、マルト商店、待合食堂、ポーラ化粧品、傘旅館

3)白黒原画にAiによる着色画像です。

http://aatama.saloon.jp/ashibetu/hontyo/mayday1957-honchoekimae01.html

2017/11/18(Sat) 18:00:32 [ No.5935 ]
■ メーデー1960年 投稿者:tama  引用する
■ メーデー1960年三井芦別炭坑労働組合が撮影した1960年当時の貴重な本町画像です。
メーデーの行進の様子を撮影したのでしょうが当然当時の街並みが写っています。
今回はその中から38号線沿いの3枚を一挙公開します!
1)豊月、藤川自転車、浦商店前
2)大心寺・才川商店前
3)高島屋前
下記にて画像クリックすると詳細な街並み画像が見えます。

http://aatama.saloon.jp/ashibetu/hontyo/mayday1960-honcho01.html

2017/11/11(Sat) 11:07:46 [ No.5934 ]
■ 炭労自転車キャラバン隊2-1953年 投稿者:tama  引用する
■ 炭労自転車キャラバン隊2-1953年■芦別市内炭労自転車キャラバン隊2
あけぼの通りから駅方向 1953年(S28)頃
左手前に松本衣装店、〇〇ミシンの看板、十字路向こうの左側に靴鞄の新富商店、
右手前はひかり会館?十字路向こうに武田商店、割烹い津美の看板が
上には「東京大相撲」ののぼりが。
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/hontyo/caraban-akebonodori-ashi1953.html
2017/11/04(Sat) 11:13:53 [ No.5932 ]
□ 芦別市内大相撲巡業場所1953年 投稿者:tama  引用する
□ 芦別市内大相撲巡業場所1953年■市制施行開基60周年記念 大相撲芦別場所
昭和28年6月23日の市制施行開基60周年記念大相撲芦別場所の様子何という人の数!場所不明です。
カラー版で見ると右下の花道に振り返る相撲取りが立っているのが見える。
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/hontyo/oozumou-honcho-ashi1953.html
2017/11/04(Sat) 11:16:20 [ No.5933 ]
■ 私的メモリー緑町APリメイク 投稿者:tama  引用する
■ 私的メモリー緑町APリメイク緑泉緑町アパート6号棟、私が小学生の頃住んでいた大好きな建物。
1960年(昭和35年)
1)1,2階メゾネット水洗トイレのアパート当時はきっと文化的だったんだ。
父が作った丸太のブランコ、母が干した漬物用の大根の束。
氷のような水で洗った。左には鳥小屋。鶏を飼う家は多かった。
庭は殆ど野菜達、とうもろこし、とまと、大根、ひまわり・・・。
2)勝手口から若い頃!の母がのぞく。
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/rokusen/ashibetu-rokusenap2.html
2017/10/07(Sat) 11:25:01 [ No.5917 ]
□ 芦別のいま 投稿者:札幌のММ  引用する
□ 芦別のいま重機が入り、メガソーラー工事が進んでいます。子供たちの遊ぶ姿のなくなった故郷の景色は変わってゆきます。思い出に加えて、いまのふるさとに生きる提言が必要かと。(写真四枚添付)
2017/10/30(Mon) 09:54:16 [ No.5922 ]
□ 芦別のいま(2) 投稿者:札幌のММ  引用する
□ 芦別のいま(2)添付写真二枚目
2017/10/30(Mon) 14:38:13 [ No.5923 ]
□ 芦別のいま(3) 投稿者:札幌のММ  引用する
□ 芦別のいま(3)添付写真三枚目
2017/10/30(Mon) 14:40:24 [ No.5924 ]
□ 芦別のいま(4) 投稿者:札幌のММ  引用する
□ 芦別のいま(4)添付写真四枚目
2017/10/30(Mon) 14:43:01 [ No.5925 ]
□ Re: 芦別のいま(4) 投稿者:tama  引用する
札幌のММさんお元気でしょうか?
元気が全て!猪木みたい。
画像有難うございます。
2017/10/30(Mon) 22:51:07 [ No.5926 ]
□ 芦別のいま 投稿者:札幌のММ  引用する
□ 芦別のいま北海道の大地で元気に生きていますよ!芦別のメガソーラ工事に少し違和感があります。東町から旧頼城小学校近くまで「整備」が進んでいますが、町のエネルギー未来像が描けているのかなと。tamaさんお薦めの二紀展で佐久間さんの絵をじっくりとみて来ました、芸術の秋を堪能。
2017/10/31(Tue) 10:05:54 [ No.5927 ]
□ Re: 芦別のいま 投稿者:tama  引用する
確かに佐久間さんの絵です。リバー流れとタイトルにありました。
脱帽、東京まで来られたのですか?
2017/10/31(Tue) 20:25:09 [ No.5928 ]
□ 二紀展 投稿者:札幌のММ  引用する
台風の雨の中、美術館を訪ねました。印象に残る作品(どこかに希望を感じる作品)は主催者の了解を得て撮影して来ました。tamaさんの貴重な情報で、久しぶりに芸術作品に触れられた心地良い一日となりました。今月19日にも上京しますが、多少時間があります。お薦めの美術館をぜひご紹介下さい。
2017/11/01(Wed) 11:45:38 [ No.5929 ]
□ Re: 二紀展 投稿者:tama  引用する
□ Re: 二紀展私は主催者の了解も得ずに撮影してました。右半分しか展示されていなかった火炎樹の絵が好きです。
当日は安藤忠雄展もやっていたので展示会をはしごしました。
さすがに疲れて食事もせずに奥様と帰りました。

19日は休日なので私は千葉の自宅に引っ込んでおります。
お勧めは上野駅の上野公園!
世界遺産になった西洋美術館はコルビジュエの作品ですが狭くて暗い・・・
前川國男の東京都美術館の方が広くて明るくて見やすくてリラックス出来ます。
3階のレストランで飲むコーヒーはたっぷりしてて美味しいです。

2017/11/01(Wed) 13:42:49 [ No.5930 ]
□ 二紀展 投稿者:札幌のММ  引用する
芸術作品ひとつひとつと向き合いながら鑑賞していると、確かにクタクタになりますね。私は二紀展だけでギブアップでした。東京都美術館東京都美術館ですね、貴重な情報を有難う御座います。いままで訪ねた中で、私の大好きな美術館は倉敷の大原美術館そして岩内の木田金次郎美術館です。
2017/11/01(Wed) 14:59:42 [ No.5931 ]
■ 芦別市内炭労自転車キャラバン隊 投稿者:tama  引用する
■ 芦別市内炭労自転車キャラバン隊■芦別市内炭労自転車キャラバン隊の記録写真から
三井芦別鉱山労働組合撮影、百年記念館所蔵より

1)芦別市内炭労自転車キャラバン隊(芦別大通(国道38号線) s28年頃
2)芦別市内炭労自転車キャラバン隊(みやもと通交差点) s28年頃
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/hontyo/caraban-oodori-ashi1953.html
本町商店街地図1955年、まちの記憶写真展から
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/hontyo/honcho-shop1955map.html

2017/10/28(Sat) 16:36:09 [ No.5921 ]
■ リメイク山の手町の押切 投稿者:tama  引用する
■ リメイク山の手町の押切リメイク版、西芦山の手町の理容「押切」1994年(H5年)7月
押切の前は「すずき理容院」だった。
Aiによる参考着色済みです。

http://aatama.saloon.jp/ashibetu/yamanote/yamonote-osikiri1995.html

2017/10/21(Sat) 13:23:06 [ No.5920 ]
■ 二紀展 投稿者:tama  引用する
■ 二紀展今年もやって来ました、恒例の二紀展です。
芦別出身の画家佐久間公憲さん1950年緑泉生まれ、の力作が見られます。
六本木の国立新美術館にて今日から2週間。18日から30日まで開催中です。
昨年は行けなかったけど今年は行きます!
皆さんも芸術の秋を楽しみましょう。
http://www.nact.jp/exhibition_public/
2017/10/17(Tue) 02:14:00 [ No.5919 ]
■ リメイク幸橋 投稿者:tama  引用する
■ リメイク幸橋1972年幸橋の白黒画像をAiによる着色リメイクしました。
幸町、幸橋、と何やら嬉しくなってくる名前です。
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/rokusen/rokuseneki-saiwaibashi1972.html
2017/10/14(Sat) 20:04:18 [ No.5918 ]
■ 緑泉幸町17号リメイク 投稿者:tama  引用する
■ 緑泉幸町17号リメイク緑泉幸町17号 1958年(S33)頃
1)幸町17号住宅の北側玄関前。小学3年生頃のsuzu103さんと弟。
2)幸町17号住宅の西側道路。左に芦別川の絶壁。

「当時は、隣組の組織はしっかりしていましたよねえ。お風呂は個別にはありませんでしたので、100メートルばかり先のたしか、高橋さんが管理していた共同のお風呂屋さんに行っていた。個別にお風呂が配備されたのはもう少し後になってからとおもいます。」(suzu103氏コメント)
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/rokusen/saiwaicho17-1956.html

2017/09/30(Sat) 20:04:08 [ No.5916 ]
■ 緑泉のブランコ 投稿者:tama  引用する
■ 緑泉のブランコお約束どおり厚床氏の「緑泉のブランコ」広告のない保存版を2ページ作成し芦別物語内で保存しました。
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/rokusen/atsutoko-rokusen3.htm
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/rokusen/atsutoko-rokusen2.htm
2017/09/24(Sun) 19:02:57 [ No.5908 ]
□ Re: 緑泉のブランコ 投稿者:oku-rappa  引用する
写真左側に写っているタイプの教員住宅ここに5棟あるのですが、来月に工事の入札が行われ今年の暮れまでには全て解体されるようです・・・。
2017/09/28(Thu) 18:46:47 [ No.5909 ]
□ Re: 緑泉のブランコ 投稿者:tama  引用する
するとこのブランコも消えるのですね、もしかして既に跡形もないのかも。
2017/09/28(Thu) 20:30:39 [ No.5910 ]
□ Re: 緑泉のブランコ 投稿者:欣ちゃん  引用する
教員住宅には父の弟が住んで居ましたので何度か行ったり、中学時代担任の家で試験の採点を手伝いましたね、(今こんなことしたらきっと大問題なのでしょうね、あの頃はのんびりしていました)奥様に食事を御馳走して頂いたり思い出多き住宅です。ブランコにも乗ったかも知れないなー
2017/09/30(Sat) 10:16:46 [ No.5911 ]
□ Re: 緑泉のブランコ 投稿者:tama  引用する
厚床さんがこのコメントを見たら喜ぶでしょうね。
2017/09/30(Sat) 10:46:05 [ No.5912 ]
□ Re: 緑泉のブランコ 投稿者:oku-rappa  引用する
□ Re: 緑泉のブランコFBにも貼りましたが、午前中に現状を撮影してきました。
遊具も探してみたものの既に撤去されておりました。
せめてブランコでも残っていれば・・・残念です。
2017/09/30(Sat) 15:11:52 [ No.5914 ]
□ Re: 緑泉のブランコ 投稿者:tama  引用する
今日だったんですか、すごい。
なんせ上の写真は30年以上前ですから..
2017/09/30(Sat) 17:21:05 [ No.5915 ]

■ 緑泉大橋1957年リメイク 投稿者:tama  引用する
■ 緑泉大橋1957年リメイク中の丘側から見た工事中の緑泉大橋。
工事中に付き通行禁ずの看板。
手前が幸町、奥が緑町。道路が右に曲がる手前に郵便局があるはず?。
遠く緑町アパートの白い姿が見えている。
橋を渡って右側、芦別川に降りる途中にも住宅がある。
S32年頃
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/rokusen/rokusen-ohashi-1957-ashi.htm
2017/09/30(Sat) 10:48:42 [ No.5913 ]
■ 緑泉のブランコ 投稿者:tama  引用する
■ 緑泉のブランコ「緑泉のブランコ」は
3年前に亡くなられた故厚床氏のHPタイトルです。
その後、ブランコの写真を厚床氏のお兄様から戴きました。
私は勘違いしていました。この写真はとっくに厚床氏が自身でHPに掲載済みだと思っていたのです。
でも、そうでは無かったようです。このタイトルにある想い出深い写真は無かったのです。

ここに慎んで掲載させて戴きます。
併せて氏のHPの保存も兼ねて「緑泉」ページのみ当芦別物語で自主掲載させて戴きます。
天国の厚床さんに捧げます。

http://aatama.saloon.jp/ashibetu/rokusen/rokusen-blanco-atsutoko1954.html

2017/09/16(Sat) 13:11:53 [ No.5902 ]
□ Re: 緑泉のブランコ 投稿者:緑泉のブランコ  引用する
私は5歳の頃より中3の途中まで旭町2丁目で過ごしました。
なので、芦別の中でも一番思い出が詰まっています。
その旭町のことを詳細に記録として残してくれた
厚床さんに、ただ、ただ感謝の思いです。
機会があれば厚床さんの名前の由来となった
花咲線の厚床駅を訪れたいと思っています。
2017/09/18(Mon) 11:10:57 [ No.5903 ]
□ Re: 緑泉のブランコ 投稿者:緑泉小僧  引用する
すみません、上の投稿、名前間違いました
正しくは緑泉小僧です
2017/09/18(Mon) 11:15:19 [ No.5904 ]
□ Re: 緑泉のブランコ 投稿者:tama  引用する
緑泉小僧さん投稿有難うございました。
旭町の資料少ないですよね~。厚床さんに感謝です。
2017/09/18(Mon) 12:09:22 [ No.5905 ]
□ Re: 緑泉のブランコ 投稿者:厚床妻  引用する
緑泉のページの保存のためにこのように掲載していただきありがとうございます。
緑泉のブランコは現在管理パスワードが行方不明でそのままになっています。

ですが、皆さまの御心に少しでも残るものがあれば、思い出を共有していただけるのであれば、本人も喜んでいることと思います。ありがとうございました。

大阪より感謝をこめて。

2017/09/23(Sat) 22:08:32 [ No.5906 ]
□ Re: 緑泉のブランコ 投稿者:tama  引用する
初めまして、管理人のtamaです。
奥様からも連絡がいただけるとは正直予測しておりませんでした。
有難うございます。
厚床さんのお兄様からも連絡いただき資料も戴き、
幼馴染の画家の方とも厚床さんに代わりに何度かお会いし展示会にも行って来ました。
お父様に教わったという方たちも何人もおります。
そして今日は奥様とも。
資料提供者の方と実際にお会いする事はまれですが、厚床さんとお会いしたあとはああすれば良かった、こうしておけばと悔やむ事しきりです。
パスワードが無いのでしたら今回のように丸ごと保存して別のフォーマットで作り直すしかなさそうです。
あと1ページくらいやってみます。

この度は有難うございました。投稿感謝いたします。

2017/09/24(Sun) 11:14:56 [ No.5907 ]
■ 頼城 薫風寮 投稿者:tama  引用する
■ 頼城 薫風寮頼城薫風寮は長いこと幻でした。古過ぎて写真が全く無かったのです。
それが三井芦別労働組合が撮影した写真が見つかり初の資料となりました。そしてnishimoto氏によるこの写真が2枚目です。
完成直後の1950年頃でしょうか、薫風寮の玄関軒先に箱が取りつけられ造花が張り出しています。
山神祭の飾りでしょうか。
貴重な資料を提供された90歳のnishimoto氏に感謝いたします。

http://aatama.saloon.jp/ashibetu/raijyo/kunpuryou%201950.html

2017/09/02(Sat) 09:37:03 [ No.5899 ]
□ Re: 頼城 薫風寮 投稿者:tama  引用する
nishimoto氏より写真の内容について詳細なメールが届きましたので本文に掲載しております。
滅多に無い貴重な写真です。
有難うございました。
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/raijyo/kunpuryou%201950.html
2017/09/09(Sat) 09:43:11 [ No.5900 ]
□ Re: 頼城 薫風寮着色リメイク 投稿者:tama  引用する
□ Re: 頼城 薫風寮着色リメイク薫風寮の着色画像です。Aiによります。
今週は手抜きだ(笑)。
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/raijyo/raijo-kunpuryo-1955.htm
2017/09/09(Sat) 10:04:42 [ No.5901 ]
■ 西町アパート屋上から 投稿者:tama  引用する
■ 西町アパート屋上からnishimoto氏より送られてきた貴重な画像。
完成直後の1955年に入居した西町アパート屋上からの写真。
目の前に威容を見せつけているのは何と二坑分院!
こういう風に見えたんだ、と感慨ひとしお。
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/raijyo/nishimachi-ap1goto1955.html

nishimoto氏とはここ1ヶ月くらい何度もメールやりとりし、郵送で写真を送って戴きました。
氏は御年90歳でPCでインターネットを閲覧しメール作成もこなされます。
昭和22年から昭和34年まで二坑に勤務されていた方です。
街並み写真は多くはありませんがあと1枚皆さんに公開できると思います。
こうして貴重な写真の公開が出来た事、本当に感謝いたします。

2017/08/27(Sun) 13:08:23 [ No.5898 ]
■ web拍手がありました 投稿者:tama  引用する
S37年卒園の工藤です。あまりの懐かしさに感動です。
——————–
項目:保育園-白樺分室 1957年
日時:2017/8/25(金) 23:04
——————–
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/yamanote/hoikuen-shirakaba02.html
2017/08/25(Fri) 23:14:35 [ No.5897 ]
■ リメイク三井芦別鉄道 投稿者:tama  引用する
1967年7月24日 夏休みのある1日、芦別ホームにて
旧型貨車保存図鑑 編集部様提供 Aiによる参考着色です。
http://www.FreightCar.jp

拡大画像はこちらで。
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/tetudo/ashibetu-eki.html

2017/08/19(Sat) 14:17:39 [ No.5896 ]
■ 独り言 投稿者:西芦っ子  引用する
tamaさん、全てエラーです。
気にせず続けて下さいね。
こっそり読ませて頂きます。
2017/08/18(Fri) 20:30:47 [ No.5894 ]
□ Re: 独り言 投稿者:tama  引用する
思い出した!
余りにもしつこく中国投稿が来るのでシステムから
コメント投稿システムそのものを削除しました、
結構前の事です。
ごめんなさい忘れてました。
2017/08/18(Fri) 22:27:30 [ No.5895 ]
■ 中の丘小学校校歌 投稿者:tama  引用する
というのがありました。
表紙は芦別物語からの無断掲載です。
何故分かるかって?わたしがクロウシテ合成した画像だから。

https://m.youtube.com/watch?v=sA1SPx85btQ#
視聴限定してるようなので興味あるかたは作者に連絡してみよう。

2017/08/14(Mon) 09:49:36 [ No.5893 ]
■ 自己紹介板に 投稿者:tama  引用する
頼城ボーイさんから応援メッセージです。
いつも応援有難うございます。
http://aatama.saloon.jp/yybbs/yybbs.cgi
2017/08/13(Sun) 10:17:34 [ No.5892 ]
■ 二坑ホッパー、選炭機 投稿者:tama  引用する
■ 二坑ホッパー、選炭機1962年9月の二坑ホッパーの画像です。
玉川へと向かう三井芦別鉄道が走っている珍しい構図。
例によってAiによる着色をしています。
白黒原画は下記からどうぞ。
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/raijyo/ashibetu-raijyo-sentanki.html
2017/08/11(Fri) 19:21:37 [ No.5889 ]
□ Re: 二坑ホッパー、選炭機 投稿者:masaki  引用する
tamaさんお久しぶりです。本日からお盆休みです。
走行中の客車は頼城構内を2番線を玉川駅に向けて走行している所じゃないでしょうか?ちなみに積み込みポケットが6~

7番線でした。

2017/08/11(Fri) 19:51:55 [ No.5890 ]
□ Re: 二坑ホッパー、選炭機 投稿者:tama  引用する
有難うございます。masakiさん。
夏ばて気味の私。エアコン病でしょうか。
2017/08/11(Fri) 21:48:42 [ No.5891 ]

   最後へ> BBS:01 >次へ  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付